ty_title-kchara-newer

第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

サチ

帝国の田舎貴族のご令嬢。 前世の記憶があり、精神年齢は40歳を超えている。 若干ツンデレ。怒ると怖い。学級委員長タイプ。 ロングストレートの黒髪。

作者群青
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

園前静香

 スリーサイズは上から八六、五六、八八。  お気楽で笑い上戸、いつも皆を穏やかで和やかにさせてくれるムードメーカー。  猫が大好きで他の動物も好きである。  家ではいつも猫やぬいぐるみに囲まれていて楽しく過ごしている。  ただ部活は合気道をしていてしっかりとしているところはしっかりとしている。  少しふっくらとした感じで黒髪は短め、結構ロリな顔立ちをしている。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

大国ゆきえ

 スリーサイズは上から八六、五五、八八。  腰までの黒髪とたれ目に微笑んだ口が印象的。   大学では日本文学を専攻していて夏目漱石マニアでもある。  性格はおっとりとしているけれど見ているものは見ている。極めて温厚で誰も怒ったところを見たことがない。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

難波里奈

 スリーサイズは上から七五、五〇、七七。  中学生にしてお好み焼きのチャンピオンと言われる天才料理人。  髪の毛はいつも左右をちょんまげにしていて大きな黒い目がチャームポイント。歯は真っ白。  とても素直な娘でしかも純情、夢は日本一の料理人。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

心斎橋まおみ

 スリーサイズは上から八二、五五、八九。  脚線美を誇り大人の色気を漂わす高校生。  はっきりとした目と長い波打つ髪が特にポイントが高い。  陸上部では高跳びの選手で運動神経はかなりのもの、得意料理はハヤシライスで洋食好き。性格は結構女らしかったりする。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

本町麗子

 スリーサイズは上から九三、五七、九〇。  髪の毛は長くウェーブがかかっていて大抵後ろで束ねている、顔ははっきりとした顔立ちで目鼻立ちもよし。  驚く位の巨乳だが本人はそれ故の肩凝りにいつも悩んでいてストレッチとヨガを欠かしていない。  大学では図書館職員の資格を取る為に頑張っている、胸は大きいが着ている服は普段は露出が少ない。けれど水着になると目立ってしまう。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

淀屋橋きい

 スリーサイズは上から七八、五一、八〇。  小柄ではっきりとした黒い目を持っていて髪の毛は黒のショートヘア。  明るく元気のいい性格でかなりの奇麗好き。  小柄だが運動神経は抜群で子供の頃は男の相手の喧嘩にも勝っていた。今は空手部で三段の腕。かなり強い。  尚脚線美でお尻の形がいいのでよくスカウトも受けているが断っている。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

梅田蜜

 スリーサイズは上から八八、五六、九〇。  大学院では優秀な駆け出しの医学博士だがあまりにも色気があり過ぎる人。  黒髪は長く奇麗で泣き黒子のある切れ長の目は恐ろしいまでに妖艶。  白衣にタイトミニのスカート、ストッキングの姿で出ると男も女も言い寄らずにはいられない。  魔性の美貌だが実はストイックで友達思い。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

中津由美子

 スリーサイズは上から八四、五六、八六。  ちょっとウエストを気にしているが周りからは全然大丈夫だと言われている。  髪の毛はショートにしていて鼻が高め。結構ヨーロッパ系の感じがする顔立ちだけれど両親も祖父母も日本人。  外見はハーフでも中身は大阪、落語も大好き。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

西中島梓

 スリーサイズは上から八十、五三、八三。   スレンダーな身体に長めの茶髪、少しつり上がった感じの目と大きな口がトレードマーク。  今時の明るい女子高生で誰とでも付き合える。  派手な外見だが何とバレリーナでもあり無類の動物好きで得意科目は英語。結構複雑な多面性を持つ女の子。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

新大坂遥

 スリーサイズは上から八五、五七、八七。  おっとりした癒し型であるがスペックは高い。細いが豊かな髪の毛をショート気味にしていて厚めの唇が色気のポイント。  保母さんになるのが夢で子供が大好きな女子大生。けれど色気は過多。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る

第3回キャラクターコンテスト優秀作品

第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

エヴァ・エレンチコフ残酷な表現含む

 極寒の地、ロシアからやって来た、まさに「美」と言える美少女。13歳。まるでダイヤモンドダストのような、煌めく容姿が特徴。その銀糸の髪と透き通る空色の瞳、触ったらとたんに劣化してしまいそうな白い肌という異国情緒漂いまくる見目形なだけに、日本などの有色人種が比重を占める国では目立つ。  父と母(エヴァ自身はパパ、ママと呼ぶ)は、六年前に他界。原因は不明だが、遺体の状態から熊に襲われたらしいことは現地の警察により判明している。それ故に、熊に対しては猛烈な忌避感を抱いている(某黄色の熊も例外ではない)。  家族を失ったことにより心に深い傷を負っており、それを埋めてくれる相手を無意識に求めているフシが存在している。またそんな相手が現れたなら、どんな手段を使ってでも自分の手元に置いておこうとする肉体的、精神的拘束欲がある。(つまるところヤンデレ体質)  一人称は「ヤー」、他人称は「名前」か、「あなた」。前者は親しい人に、後者はそうでもない人や初対面の人に使う。  ロシアからやって来てまだそこまで日数が立っていないので日本語がたどたどしく、慣用句なども知らない。(「抱く」や「寝る」の意味を純粋なものだけに捉えている)  ちなみにロシアで猟をしたことがあるので鼻は鋭い上に、猟銃を扱うことができる。また、猟の時に雪山を駆けまわっているため、悪路を物ともしない脚力と体力が存在している。

作者おいぬ
レンタル数 0
作品を見る