ty_title-kchara-newer

第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

中津由美子

 スリーサイズは上から八四、五六、八六。  ちょっとウエストを気にしているが周りからは全然大丈夫だと言われている。  髪の毛はショートにしていて鼻が高め。結構ヨーロッパ系の感じがする顔立ちだけれど両親も祖父母も日本人。  外見はハーフでも中身は大阪、落語も大好き。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

西中島梓

 スリーサイズは上から八十、五三、八三。   スレンダーな身体に長めの茶髪、少しつり上がった感じの目と大きな口がトレードマーク。  今時の明るい女子高生で誰とでも付き合える。  派手な外見だが何とバレリーナでもあり無類の動物好きで得意科目は英語。結構複雑な多面性を持つ女の子。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

新大坂遥

 スリーサイズは上から八五、五七、八七。  おっとりした癒し型であるがスペックは高い。細いが豊かな髪の毛をショート気味にしていて厚めの唇が色気のポイント。  保母さんになるのが夢で子供が大好きな女子大生。けれど色気は過多。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る

第3回キャラクターコンテスト優秀作品

第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

エヴァ・エレンチコフ残酷な表現含む

 極寒の地、ロシアからやって来た、まさに「美」と言える美少女。13歳。まるでダイヤモンドダストのような、煌めく容姿が特徴。その銀糸の髪と透き通る空色の瞳、触ったらとたんに劣化してしまいそうな白い肌という異国情緒漂いまくる見目形なだけに、日本などの有色人種が比重を占める国では目立つ。  父と母(エヴァ自身はパパ、ママと呼ぶ)は、六年前に他界。原因は不明だが、遺体の状態から熊に襲われたらしいことは現地の警察により判明している。それ故に、熊に対しては猛烈な忌避感を抱いている(某黄色の熊も例外ではない)。  家族を失ったことにより心に深い傷を負っており、それを埋めてくれる相手を無意識に求めているフシが存在している。またそんな相手が現れたなら、どんな手段を使ってでも自分の手元に置いておこうとする肉体的、精神的拘束欲がある。(つまるところヤンデレ体質)  一人称は「ヤー」、他人称は「名前」か、「あなた」。前者は親しい人に、後者はそうでもない人や初対面の人に使う。  ロシアからやって来てまだそこまで日数が立っていないので日本語がたどたどしく、慣用句なども知らない。(「抱く」や「寝る」の意味を純粋なものだけに捉えている)  ちなみにロシアで猟をしたことがあるので鼻は鋭い上に、猟銃を扱うことができる。また、猟の時に雪山を駆けまわっているため、悪路を物ともしない脚力と体力が存在している。

作者おいぬ
4.3
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

東三国千里

 スリーサイズは上から八十五、五十三、八十五。  長く波がかった髪がトレードマーク、趣味はオートバイ、それに釣り。   抜群のスタイルはもう高校生の範疇を超えている、そのスタイルでバイクに乗る姿は実に様になっている。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

江坂かをり

 スリーサイズは上から八五、五四、八七。  中学から剣道をしていて二段の腕。明るくてお喋りな性格、実は結構男臭いところがある。   髪の毛は黒のショート、アーモンド型の目に先が細い顎と少し尖った形になっている口がトレードマーク。

作者坂田火魯志
レンタル数1
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

悪野巨人

 日本、そして世界をありとあらゆる悪辣な手段特に有り余る金にあかせて支配しようと目論む邪悪の権化。  権力が大好きでその周りには媚を売るジャーナリストや落語家崩れ、下品なタレント共がいつも群がっている。  自分は偉い、正しいと勘違いしていてどんな汚いことも平気で行う。特に金にあかせて人をかすめ取る様なことが好き。その心は傲慢、憤怒、怠惰、好色、嫉妬、大食、貪欲といった感情しかない。

作者坂田火魯志
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

大阪幸雄

 何と小学生にして大阪市長になった少年。  まだ子供だが大阪に対する想いは誰にも負けない。  今日も大阪各区を守る戦士達と共に大阪を脅かす悪と戦う政治と防衛、学業全てに頑張る少年。

作者坂田火魯志
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

福島藤男

 藤の化身にして居合の達人。  女形をやれる程の美麗な顔立ちとは裏腹に恐ろしいまでの居合を見せる。  学問にも強く古今東西のあらゆる文系の学問に興味がある。基本的に権門を嫌い己が道を歩む傾向が強い。

作者坂田火魯志
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

柚木 小太郎

友達が欲しくて堪らないのに顔色のせいで友達が出来ない 必死に話しかけるが空回りばかり。だが学校は休まず日々友達の作り方を考える

作者白庵-はくあん-
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

湊 潮音

普段は無口でほとんど感情を外に示さない少女。海辺の高校に通っていて成績は優秀。ただしコミュ力が壊滅的に無いのでいつも独りぼっち。休み時間や放課後に学校の屋上で海の音を聞くのが好き。まるでどこまでも広がる大海を閉じ込めたような瞳は常に海の方を向いている。 さらさらと風に靡く黒髪を携えた潮音の姿は妖艶で薄幸の美人と言われ男子生徒の目を一瞬にして奪うが、当の本人はまったく気にしていない。時々ぶつぶつと一人で何かを話している姿が目撃されていて、彼女が本当は人間じゃないのではと様々な憶測が生徒の間で飛び交っている。 彼女は生まれ持って海や湖と対話する力があり、海や湖から5km以上離れると衰弱し、10km以上離れると死ぬ。

作者観月樟葉
レンタル数 0
作品を見る
第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

此花功

 まだ高校生であるが何と世界的な企業を経営する天才経営者。  先の先を見て商売を行いかつ困っている者を見捨てて置かない義侠心も併せ持っている。  商売は人の為にするもの、そして金は商売の為に使う。真の経営者と言われ今日も自ら陣頭に立ち世界を相手に商売をしている。

作者坂田火魯志
3.6
レンタル数 0
作品を見る