桜の空と迷い猫

その女の子は、体に似つかわしくない大きな荷物を背負っていた。そればかりか、その荷物から驚くほどの勢いでピンク色の煙を吐き出していた。――小さな魔女とぼくの、ある日の記憶。 ※ノベラボ・カクヨム・comicoにも掲載しています。

作品更新日 :
2017-09-16
閲覧数 :
60
作品内容を見る

作品目次

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各8回まで)

感想アンケート この作品を報告する

作品レビュー

    作品レビューはありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

足羽川永都

足羽川永都

福井市に住むSE・プログラマーです。一人カラオケが趣味です。
作者の作品一覧 クリエイターメッセージ

広告