銀髪の薬売り

 クレアミア=フレールが何故天才薬売りにして薬剤師になったのか。そのことを知った役人と神父が彼女にすることは。

               銀髪の薬売り
 クレアミア=フレールという名前を知っている者はこの街には少ない。ただ銀髪で右目は赤左目は青で白い肌の小柄な薬売りと聞くと。
 誰もが知っていた、街の神父は彼女についてこう語った。
「とてもいい娘です」
「そうなのですか」
「はい、一人で旅の薬売りをしていますよね」
 神父は...

続きを読む
作品更新日 :
2018-05-21
文字数 :
3,078
閲覧数 :
146

目次

坂田火魯志

坂田火魯志

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各1回まで)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

この作品に登場するカシキャラ

第 2 回キャラクターコンテスト応募作品

クレアミア・フレール

作者設楽夏樹
レンタル数1
この作品上のプロフィールを見る

広告