哲学者は静かに思索する

 テメガノの種族が人間に見付かる前に何処に移住するかと悩んでいた、テメガノがその光景を見て思うことは何か。

               哲学者は静かに思索する
 テメガノは人間ではない、多くの触手と顔にある単眼が目立つラグクラフト的な種族の者の一人である。
 この種族は人間達からの迫害を逃れる為に今は山奥にひっそりと隠れて暮らしている、人間が誰も入らない様な世界に。
 だが最近人間達の文明の進歩を見てだ、こんなことを話して...

続きを読む
作品更新日 :
2018-07-20
文字数 :
2,404
閲覧数 :
135

目次

坂田火魯志

坂田火魯志

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各1回まで)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

この作品に登場するカシキャラ

第 3 回キャラクターコンテスト応募作品

テメガノ

作者mCharity
レンタル数1
この作品上のプロフィールを見る

広告