ながはまトポロジー

長浜市出身の主人公・久保遙は、同級生の松木眸、宮本彩香とドラゴン事業所に就職した。伸び悩みが指摘される長浜観光の活性化を期し、65歳のドラゴン・横田龍一を代表とするのがドラゴン事業所である。風変わりな入社式の中で、ドラゴンはユニークなデザインと味付けを施したお好み焼・【ながはま焼】を商品開発し、行列が出来るほどの大人気作になったが、隣接他県の魅力ゆえに、長浜への来訪者が伸びなくなった。危機感を抱いたドラゴン事業所は、敦賀と西濃エリアに視察に行く。遙は西濃エリアに行き、そこで観光地をスポットどうしの平面的なつなぎ合わせではなく、立体的な構図の中で活かされていることに目を見張った。遙とドラゴンの思いが一致した事業所は、「聖(せい)供之地(くのち)」と呼ばれる富永荘をパワースポットとして売り出し、多くの人を引き寄せることに成功した。今後、長浜市は、益々の集客力が見込めると遙とドラゴンは確信した。

「嘘でしょ?」
長浜を訪れる人が固定化し、伸びない時代が、ほどなく来るとの民間のデータリサーチが、このほど発表された。長浜にやって来る人は、旧長浜市街の、ごく僅かのスポット(点)に限定され、マンネリ化し、西浅井から旧近江町に及ぶ長浜市全体としては発展しないというものである。
私は、情報をくまなく調べた。JR長浜駅界隈の...

続きを読む
作品更新日 :
2018-09-25
文字数 :
19,803
閲覧数 :
116

目次

門松 伸弥

門松 伸弥

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各6回まで)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

広告