星のパイロット

 星の王子様の作者が最後に乗っていた機体のプラモを観て想いに耽る樫之浦琉星が女の子に言われた言葉はというと。

               星のパイロット
 樫之浦琉星は童話の星の王子様が好きだ、それこそ文章を暗唱できる位読み込んできたしその素敵な場面が常に頭の中にある。
 その彼が今演劇部の部室であるプラモを観ていた、それは胴体が二つある非常に変わった形のプロペラ機だった。
 彼がプラモデルを見る姿を見て部室に入ってきた女子...

続きを読む
作品更新日 :
2018-09-28
文字数 :
2,959
閲覧数 :
55

目次

坂田火魯志

坂田火魯志

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各1回まで)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

この作品に登場するカシキャラ

第4回キャラクターコンテスト優秀作品

第 4 回キャラクターコンテスト応募作品

樫之浦 琉星

作者神崎イチホ
レンタル数1
この作品上のプロフィールを見る

広告