姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。
この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。
「玉姫物語」
木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。
日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽しさと、そういうものを考えて頂けるような冒険物語に仕上げるつもりです。

「おおおおおおおおおおおお!」
 帽子を目深に被り、マスクをした女子高生が、お腹の底から発せられる厳かな声を出して、両手を合わせた。
「おおおおおおおおおおおお!」
 二度目。
 彼女は手を合わせたまま深く頭を下げる。
「おおおおおおおおおおおお!」
三度目。
 彼女は身を起こすと、右手を高々と挙げ、何かを掴むようにし...

続きを読む
作品更新日 :
2018-10-17
文字数 :
21,508
閲覧数 :
254

目次

古橋 童子

古橋 童子

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各5回まで)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

広告