スゴイ! はセクション毎に評価できます。(この作品は各5回まで)

あらすじ

 天正3年、今浜から長浜と名を変えた地に、秀吉によって新しい城が築かれた。
 長浜城である。
 今、一人の青年武将が、長浜の城へ入って行く。
 名を田中久兵衛吉政。26才。
 後に関白秀次の筆頭家老となって、近江八幡の城と町を造った男。
 家康関東移封の後、家康先祖伝来の三河岡崎と西尾を治めた男。
 関ヶ原で戦い、古橋村で三成を捕らえた男。
 最後は、三十二万五千石の初代筑後国主となった男。
 秀吉の家臣となってまだ間もない、若き日の田中吉政の目を通して物語は進む。
 吉政は厩で、一人の中年の女性と出会う。秀吉の母なかである。
 後に大政所となる秀吉の母その人だった。
 十三才の市松(後の福島正則)や十二才の虎之助(後の加藤清正)悪童たちが放り出した、なかの畑作りを手伝うことになる。
  なかの陽だまりのような人柄に心を開き、吉政の心は満たされていく。
 二年前の姉川の戦の後、信長は比叡山焼き討ちを断行する。同じ年、秀吉は湖北の小土豪を調略する。
 中心となる宮部継潤を落とすため、秀吉は当時三歳だった冶兵衛(後の関白秀次)孫七郎を、継潤の養子として差し出していた。
 秀次の傅役に選ばれたのが、田中吉政だった。
 だが、浅井、朝倉が滅び、湖北は秀吉の所領となった。
 孫七郎を秀吉に返す日が来たのだ。
 五歳になった孫七郎を自分の馬に乗せ、吉政は長浜城へ向かって進む。

作品更新日 :
2018-11-27
文字数 :
19,807
閲覧数 :
103

目次

中村文平

中村文平

プロフィール
アンケートに答える(4項目)

みんなの感想 2件のレビュー

  • クミコ

    5.0

    まず、海に浮かんだような、長浜城が目に浮かぶようです。今では、名の知られた武将たちが、ここで芽吹いて育ち、大人になっていく様子、この先どれだけ戦国の世に揉まれていくのかと思うと切ないほどです。秀吉の母のなかと室ねねのやりとりなどは、今までにないとらえ方で、歴史の王道ながら、奥の部分で楽し...ませてくれます。題名の「颯爽の城」にすべてちりばめられている気がします。このまま、映像として物語を見たい衝動にかられます。

  • 古橋 童子

    5.0

    今までにない視点から戦国時代、秀吉公の周囲の武将や人々を、文字数を考えたうまい切り取り方で取り上げて書き上げておられると思った。
    心の動きも人柄までもが伝わる作品です。

点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

広告