Novel
ファンタジー

憑く相手New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 興味が持った相手に繁栄を、飽きた相手に破滅をもたらす電々犬。その電々犬に女神が言うことはというと。

謎の古文書New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 種羅は親友である人間のカップルから神代文字の古文書を受け取った、その古文書を解読してわかったことはというと。

人間になった理由

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実はカタツムリである大学生ハナ。誰が彼女を何の目的で人間にしたのか。

どこまで大きいのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は巨人であるクラテリスが実家に帰った時にかつて地球にいた恐竜や巨人達の話を聞いたところ。ダイダラボッチについても書かせてもらいました。

倒したくなくても倒す方法

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 妹と共に仕事の依頼であるモンスター退治の場所に赴いた龍燕ライヤ。だがそのモンスターは彼が大嫌いなムカデの化けもので。

星屑を集めて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 男の子が悲しくて泣いていました、ですが男の子の目の前に宇宙からアルネブがやって来て。宇宙人のファンタジーものです。

ブルーベリーへのお礼

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神々はホムンクルスになり外見が変わっても清らかな心のままでいる瞳ねぇさんを観て彼女を救おうとした、そうして彼女のところに赴いたが。

遊牧民のもてなし

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅人が草原でシクと会った。遊牧民である彼の旅人のもてなし方は一体どういったものかというと。モンゴルのお客さんのおもてなしを参考にして書かせてもらいました。

脇差の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 決戦が終わりことも果たした主人公がアズマに別れる時に彼の武器である脇差のことを聞くと何とその脇差は。

犬を引き取って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫樹は犬嫌いだがついついある犬を引き取ってしまった、彼は犬の世話を一切しなかったのだが。

何でもある店

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるパーティーがないものはないという店に入った、その話は本当かとパーティーの各自が超レアアイテムを出してくれと言ったが。

哲学者は静かに思索する

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 テメガノの種族が人間に見付かる前に何処に移住するかと悩んでいた、テメガノがその光景を見て思うことは何か。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

令嬢の好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サチは飴が大好きである、その理由は何故かというと。喋り方はちょっと考えてみました。

潮騒の娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 湊潮音が一人海を見ていることが多い、その彼女が誘われていく場所は。

副参謀

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アレクシス=ロードゥは魔術師だが最近の彼女の仕事はというと。

仕事の時に見るもの

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 死神タナトスは自分の仕事を愛している、それは何故か。人間を観ての作品です。

ヨタカとライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヨタカはライバルである森の鹿のボスといつも知恵比べで争っています、その鹿のボスが風邪にかかった時ヨタカがすることはというと。

薔薇騎士団

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ビクトリエ=ファラージュは王から女だけの騎士団の編成を命じられた、多くの者達が女だけの騎士団で戦えるのかと思ったが。

残る二つの力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大尾七草は大尾家当主の九つの秘伝のうち七つを使える、残り二つを使えるにはどうすればいいのか稲荷明神に聞いたが。

さすらい人二人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅を続けるガリィナは居酒屋で隻眼の旅人と出会った、その旅人に言われて行く先は。

少女となって
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蛭子はいじめで苦しんでいる少女と出会った、その少女を喰らって彼女の心をその中に持ってわかっていくことは。

悪霊退散

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 恐ろしい悪霊に憑かれた女性、神父はその女性をどうして救うのか。今回は退魔のお話です。

血の味
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パウロは吸血鬼でもないのに血を飲みたがるのは何故か、そしてその血は何の血なのか。血生臭い作品であはありません。

銀髪の薬売り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 クレアミア=フレールが何故天才薬売りにして薬剤師になったのか。そのことを知った役人と神父が彼女にすることは。

イステ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 時空の女神イステに仕える若き神官ミストは何故イステへの人々の信仰が薄いのかを考えていた、その彼が分かったことは。

料理を食う資格

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 首都の店という店で暴虐の限りを尽くす日本から来た新聞記者と陶芸家の親子とその取り巻き連中。彼等に対してレアンドラが料理人として下した鉄槌は。

一騎当千の災害殺し
残酷な表現含む+

紅十字
作者
紅十字

災害を引き起こす化け物、災害因子(カラミティア)。その存在が明らかにされ、早十年。それを殺す職業、魔法師が生まれたことで人類は生き延びてきた。 日本に十二と存在する最高峰の魔法師。その序列第十位として、史上最年少で十二神将となった少年、如月千風(きさらぎ ちかぜ)。彼は国内でもエリートしか入ることの許されない学園へと極秘任務で潜入することになる。 神、悪魔。天使に人間。様々な種族の数多の思惑が

吹き荒れよトルネード

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 港英雄は自らの力である竜巻を滅多に使わない、それは何故なのか。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。