Novel
学生/学園

山奥の家New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

抜擢

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 坂下祐貴がその役に抜擢されたのはどうしてか。今回はミュージカルを書かせてもらいました。

星のパイロット

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星の王子様の作者が最後に乗っていた機体のプラモを観て想いに耽る樫之浦琉星が女の子に言われた言葉はというと。

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

修士の後は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ルティア=カル=クロムウェルは修士となったが彼女に教える教授がさらに勧めるコースはというと。

上官の勧め

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 乱原るうが上官に士官学校へ行くことを勧められた、るうの下す決断や如何に。

忘れな草

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

高校2年生のみつきとありさ、そして前川と牧原はそれぞれ様々な家庭の事情を抱えていた。 だが、そんなことに負けない青春の物語です。

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

お父さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 向日ヒナタが暮らしている家、そこには同居人の老人がいる。老人がヒナタの担任に話すことはというと。

駅にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 吉川郁美はかなりエロな先輩に案内されて日本屈指の大都市の駅に行った、そこで郁美が撮るものは。

将来の進路

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 登瑛戸が過酷なことで知られているレンジャーに進むことを希望している理由はというと。

鎌使いの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自称宇宙一可愛い周アネモネの武器は鎌、彼女はどうして鎌を使うことを得意としているのかというと。

スイーツ鍋

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐藤ゆいこが友人達をお菓子の鍋を食べる食卓に招いた理由は何か。甘いものと笑顔とその裏にあるもののお話です。

別人と思われて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西田楓が所属するバンドがビジュアル面にも力を入れだした、それで楓も色々とメイクやファッションを変えてみたがそれによって普通にしている時に。

ブルーリーダー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月詠星司はユニット加入が最後でもリーダーに選ばれた、その彼が見せるリーダーぶりはというと。

お礼の林檎

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白雪がこちらの世界で自分を優しく育ててくれている学園の理事長夫妻に贈るお礼は何かというと。

麺打ちの極意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 畑中麦のクラスは文化祭でラーメン屋をすることになった、麺の達人ということで皆に頼られた麦が言い行うことはというと。

性格美人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 持田千香子は友人達に勧められて効果的なダイエットに励んだ、その結果スタイルがよくなった彼女だったが。

スポーツ推薦の為には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柴田宙丸は学業の悪さから大学にはスポーツ推薦で進学することになった、その時宙丸が担任の先生に言われることは。

マジピンチな時には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 困っている人をいつも茶化す今井つつじ。だがその人が本当に困っている時に彼が取る行動はというと。

練習あるのみ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 相楽ユキはピアノの練習のし過ぎを言われていた、その彼女がアドバイスされた演奏以外の練習はというと。

虫でも好き

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 倉田陽菜子は虫が苦手である、だがそれと共に変なものを集めることが好きなので。

身体を怪我しても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いつも身体の何処かを怪我しているボロ子さん。けれどその身体の怪我を大したことがないという理由は。

一五〇位何だ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自分が小柄なことを気にしているマサミ。そのマサミに彼女の姉が言う言葉はというと。

ヘアアレンジ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 シオリはクラスで趣味のヘアアレンジを何かと楽しんでいた、だがとんでもない髪型にしてみたところでいきなり。

スナイパーになった訳

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦乱の続く雪国でスナイパーとして戦う女子高生美河由紀。彼女がスナイパーになった理由は。

忙しい中でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 学業にサークルにアルバイトにと多忙な日々を送る雛森加奈。その加奈が忙しい中でも楽しむものは。

猛虎の歴史

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は部活で阪神の歴史を研究して発表することにした、そこで美帆が知った愛する阪神の歴史はというと。