Novel
学生/学園

忙しい中でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 学業にサークルにアルバイトにと多忙な日々を送る雛森加奈。その加奈が忙しい中でも楽しむものは。

猛虎の歴史

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は部活で阪神の歴史を研究して発表することにした、そこで美帆が知った愛する阪神の歴史はというと。

大阪にもいる

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 幽霊が苦手な緑橋莉乃にあるクラスメイトが幽霊なんていないと笑って言った、莉乃がそのクラスメイトを連れて行った場所はというと。

駄目な後輩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 深江橋みなみは服装が無茶苦茶な後輩に毎朝風紀部員として注意している、みなみがその後輩に注意し続ける理由はというと。

ドイツの味か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀が大好きなジャガイモのパイ、クラスメイト達は由紀と一緒にそのパイを作って食べてみるとその味は。

寝ると何でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 寝ることが大好きなねむきが夏バテになっている母に対して行うアドバイスはというと。今年の猛暑を思い書かせてもらった作品です。

苦しみと救い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 スクールカーストの頂点にいる伊崎みなみ。その彼女が対立している理事長に正面から言われることはというと。

巨乳撲滅運動

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アドラジオンこと芦原麻友は巨乳撲滅の為に胸の脂肪を吸引する機械を開発しようとした、麻友の恐ろしい計画は実るのか。

ある少年の疑問

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 読書をこよなく愛する少年アレクシスが抱いた疑問とは何か。ある作家のミステリーを題材とした作品です。

謎の素顔

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南朱雀は表の世界では目立たない大学生に過ぎない、だが裏の世界での彼はというと。

男の娘は姉達と

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 美少女と見間違うばかりの男の娘黒鷹琉華。何故彼いや彼女が男の娘になったかというと姉達が関係していて。

助っ人は多忙

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山本凛子は部活だけでなく生徒会の助っ人も頼まれる、だがその彼女がどの部活にも委員会にも正式に参加しないのは何故か。

学生小説家の名推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 的野智章は馴染みの喫茶店の客とある歴史上の事件について話していた、智章のその事件についての推理はというと。

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

忍者ガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本人よりも日本人らしいアデリナ=パームガルト。その彼女が烏賊や蛸を食べられないのはどうしてなのか。

プロレス同好会

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤地縁は通っている高校のプロレス同好会の部長に入部を誘われそれに従った、そこから彼に起こった変化はというと。

クリムゾンスノウ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 栗村六花のサイト真紅の雪、その名前の由来はというと。このサイト名のタイトルは日本語でも英語でも最高です。

友達が欲しい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柚木小太郎はいつも友達が欲しいと思っている、その彼が至った考えはというと。

一人での墓参り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 善界銀はとにかく金儲けが好きで人情がないと思われていた、その彼が毎月行く場所は。

触らない蜘蛛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 田丸模糊華は蜘蛛でも何でも触る、だがその彼女が触らない蜘蛛はというと。作中の蜘蛛は本当に毒を持っています。

マッドサイエンティストと子供

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 真性マッドサイエンティスト真戸栽炎斗が子供達に化学を教えることになった。多くの者が彼の普段の行いから不安がるが。

小夜の友達

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小夜はいつも自分に声をかけてきて傍にいる彼女が嫌いだ。けれどその彼女に言われたことは。

連絡は取らない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 綾瀬芹香が父と連絡を取らないのは何故か。それを彼女自身が語る相手はというと。

双子の推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 三上つくよのクラスで盗難事件と思われる出来事が起こった、ここで幽霊であるつくよの双子の姉が出した推理はというと。

交流して

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルカード=リュベル=ヴァロワはある東の端の国から来た士官学校の候補生達と交流した、そこで彼が見たものはというと。

訓練の時の服

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 近江舞子は仲間達と共に自分達の訓練の時に相応しい服を考えたが。

画伯

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 弓田さとみは絵が下手だ、だが男子の漫画研究会部長が彼女に言うことはというと。

一番の天敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 五来珠樹は頭の悪い奴や卵が大嫌いである、しかしその卵よりも嫌いというか苦手なものは何かというと。

高校生になっても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 井伊奈菜は高校では部活に入っていなかった、しかし同級生達にある部活の創設の際部員になってくれる様に頼まれて。

賞金の使い方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大山明日香はフードファイトで得た百万円を何に使うのか。社会問題も扱っている作品です。