Novel
コメディ

異世界だと思ったら見覚えのある街だった件

薄氷雪
作者
薄氷雪

流行に乗って異世界に来た主人公は、以前住んでいた街――長浜市と非常によく似ていることに気づく。 そこでは、魚たちが空を飛び、人間を襲っていた! このままでは観光客が激減し、ナーガ・ハーマの活気がなくなってしまう。 彼はこの街を救うことができるのだろうか!? これは、ナーガ・ハーマのサーガ――サガハマ――の物語である。

射水市のご当地キャラクター

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海王いみずの市の宣伝の為の活動はどんなものかというと。

目指せハイスコア

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ジスたんの働いているお店でシューティングと格闘それぞれのゲームの大会が開かれることとなって。

ずんだ餅は最高

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東北ずん子はずんだ餅の宣伝に励んでいる、友人達がそのずん子に言う宣伝の切り札はというと。

薬屋の忍者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 忍者でもある薬屋の店員良佳の働きぶりは一体どういったものかというと。

憎まれない敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ドカユキンは各地のヒーローに戦いを挑んでいる、だが最近断られ続けているのはどうしてなのか。

サボテン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柳翠が緑が好きなのを見て彼女の友人は自分の部屋にサボテンを置いてみたが。

全教科で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 全教科追試となった嶋澪浬。このピンチを乗り越えられるのだろうか。

かえって減って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太ったのでダイエットをはじめた東雲梓、そこで彼女がわかったことは何なのか。

下着へのこだわり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 派手なファッションの怒来源菜の下着はどんなものかというと。

どういう苦手か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 すっぽんが嫌いなザン=アディ。だが何とすっぽん鍋を美味しく食べて。

偏食注意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 デブガマンは医者に偏食のせいでこのままだと死ぬと宣告された、彼は死にたくないと思って。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。

長浜むかしばなし

ケンタロー。
作者
ケンタロー。

桃から生まれたモジャ太郎、犬のイチ、ゴリラのサル、カイツブリのキジの1人と3匹の冒険活劇。 舞台は昔々の長浜。 桃太郎?金太郎?浦島太郎?いや、モジャ太郎です。 カイツブリの恩返し、ゴリラ蟹合戦、余呉湖羽衣伝説などの昔話も盛りだくさん! オコナイさん、姫塚古墳、西野水道、ヤンマー、十一面観音、木之本地蔵、余呉湖、小谷城、石田三成、長浜タワー、日本一の万華鏡、曳山祭り、長浜城、竹生島、長浜グルメの暫

実は死んでいて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星谷梨羅は一回死んですぐそこで死んでいた自分そっくりの外見の娘と身体が入れ替わってしまった、その娘とその時から交流がはじまりわかったことはというと。

和洋の折衷

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マツ=ルドリーはコーヒーが好きでしかもお餅も好きでそれで両方共楽しんでいて彼女の兄にも紹介して。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

宇宙生物の日本語

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 宙学星苺々の日本語をどうかと思った日本人の飛行士は彼が普通に思う日本語を教えていったのだが別の日本人の飛行士が教えた日本語は。

猫舌娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リリィを養女としている資産家が彼女に心から願っていることは一体何かというと。

虫歯にならない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 入れ歯くんが歯がなくなってもいつも歯磨きを欠かさないのはどうしてか。ハッピーエンド仕立てになっています。

思わぬ変化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 剣士であり軍人であろうとする王女フラム、その彼女を見た東の島国の皇子が彼女に会うにあたって言うことは。

十一月三十一日

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九月三十一日という有り得ない誕生日を持っているジャパ子が勝手に友人にしているクラスメイト達にパーティ―に誘うがその日はというと。

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

おもちゃは素敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 支倉千沙都が街に出ておもちゃ屋でアルバイトをはじめてわかったことは。そして千沙都はどういう気持ちで働いているのか。

どうして暮らしているのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 中卒引きこもりニートというどうして生きているのかわからないタケダ君、だが普通に暮らせているがその秘密は。

アラサー女の家族

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 和泉瑞樹のプライベートは謎に包まれている、彼女自身だけが知っているものだがその内容はというと。

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、「この国を見捨てる鬼畜か」「今まで育てた恩義を忘れたか」「他に行っても結局同じだ」と脅され、引き下がるしか無く、壊れかけの心の侭、三時間の睡眠を取る為への帰路途中、名馬トラック号に轢かれ致命傷を負う。その際、違う世界に生まれ変われたら――と願った瞬間、その願い

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

石頭

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大代吟次が不本意ながら騒動に巻き込まれてしまって嫌々ながらもならず者達に立ち向かっていく羽目になって。

三十三歳独身

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 獰猛な猫母、しかしその彼女が後輩達に語る言葉は意外に家庭的でその生活も。