Novel
美少女

組織の正体と黒幕New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サイボーグになった北村リズは自分の家族を殺した組織とその関係者達と戦い倒していく、その中で彼女が知った組織の正体と黒幕は。

誰もホラー映画を観てくれないので、殺人鬼を幼女化して解説する

因幡雄介
作者
因幡雄介

 ほとんどの人が拒絶反応を見せるホラー映画。  やはり話題作には勝てないのか。  そこで映画を観なくても、萌え小説化してわかりやすく解説してみることにした。 *個性的でコメディな内容になっています。(だいたいこんなものだとわかっていただける内容) *舞台、名前、世界観は変えています。 *ネタバレになることもあります。 *評価は作者の独断と偏見です。 *1作品4話で解説し、完結します。

祭りに出れば

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 お祭りに出て好きなものを食べる九条ひかり。だがあまりにも食べ過ぎてしまって。夏なのでお祭りを意識して書かせてもらいました。

駄目な後輩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 深江橋みなみは服装が無茶苦茶な後輩に毎朝風紀部員として注意している、みなみがその後輩に注意し続ける理由はというと。

ドイツの味か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀が大好きなジャガイモのパイ、クラスメイト達は由紀と一緒にそのパイを作って食べてみるとその味は。

優しい用心棒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 心優しい用心棒璃雨。同じ主に仕えている執事は彼の前の仕事を幼稚園の先生か動物園の飼育員と考えていたが。

理解可能

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パソコンの中にいる少女通称ノイズ、持ち主と彼女の交流は続けられるが果たしてそれは可能なのか。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。

助っ人は多忙

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山本凛子は部活だけでなく生徒会の助っ人も頼まれる、だがその彼女がどの部活にも委員会にも正式に参加しないのは何故か。

忍者ガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本人よりも日本人らしいアデリナ=パームガルト。その彼女が烏賊や蛸を食べられないのはどうしてなのか。

クリムゾンスノウ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 栗村六花のサイト真紅の雪、その名前の由来はというと。このサイト名のタイトルは日本語でも英語でも最高です。

潮騒の娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 湊潮音が一人海を見ていることが多い、その彼女が誘われていく場所は。

面白い番組

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲積つぼねは最近テレビが面白くないという、ではテレビをこよなく愛する番組はというと。

小夜の友達

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小夜はいつも自分に声をかけてきて傍にいる彼女が嫌いだ。けれどその彼女に言われたことは。

高校生になっても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 井伊奈菜は高校では部活に入っていなかった、しかし同級生達にある部活の創設の際部員になってくれる様に頼まれて。

賞金の使い方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大山明日香はフードファイトで得た百万円を何に使うのか。社会問題も扱っている作品です。

ばいんばいん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 若月青葉は彼氏募集中、けれどある一言のせいで。今回は今はなくなった種類の体操服が出てきます。

隠した心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表情を全く顔に出さない鬼堂院まなみ。だが見る人達は見ていて。

イタコの好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 伊織杏子はこの日義理の親である住職と晩御飯のことを話していた、その食事は何かというと。キャラクターの好物から書かせてもらいました。

電気少女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 電気の力で戦う前園みゅうに対して敵の組織は怪人達の耐電コーティングを施したうえで倒しにかかった、この難局にみゅうはどう対するか。

首はなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

自分の首を探すデュラハンの少女フェーミネス=ケリー。仲間の妖精達がその彼女について気付いたことは何か。

銀髪の薬売り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 クレアミア=フレールが何故天才薬売りにして薬剤師になったのか。そのことを知った役人と神父が彼女にすることは。

イステ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 時空の女神イステに仕える若き神官ミストは何故イステへの人々の信仰が薄いのかを考えていた、その彼が分かったことは。

一騎当千の災害殺し
残酷な表現含む+

紅十字
作者
紅十字

災害を引き起こす化け物、災害因子(カラミティア)。その存在が明らかにされ、早十年。それを殺す職業、魔法師が生まれたことで人類は生き延びてきた。 日本に十二と存在する最高峰の魔法師。その序列第十位として、史上最年少で十二神将となった少年、如月千風(きさらぎ ちかぜ)。彼は国内でもエリートしか入ることの許されない学園へと極秘任務で潜入することになる。 神、悪魔。天使に人間。様々な種族の数多の思惑が

塩対応

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長田敦子は気分屋でその時によって人への対応が違う。しかしある人物への対応はいつも塩対応であるのは何故か。

奇麗な爪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新深江友美はある日奇麗に爪を伸ばして色も塗っている女性を見た。爪は伸ばさない彼女だが思うことは。

犬の心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今宮有紗は犬の心がわかる。そこから彼女がわかっていくことは。身近の犬を思い出しながら書かせてもらいました。

低音

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は低い音の歌はそのままでは歌えない、それは正しいのかと悩んでいたが。この作品のテーマは歌の音域です。

美術館の絵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野恵は美術館の絵を観るのが好きだ、その絵の好みはというと。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

客の止め方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 駒川かすみは自分の家で経営しているカラオケショップの暴れている客や学校での喧嘩を止めるのが得意だ。その止め方はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。