Novel
美少女

奇麗な爪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新深江友美はある日奇麗に爪を伸ばして色も塗っている女性を見た。爪は伸ばさない彼女だが思うことは。

犬の心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今宮有紗は犬の心がわかる。そこから彼女がわかっていくことは。身近の犬を思い出しながら書かせてもらいました。

低音

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は低い音の歌はそのままでは歌えない、それは正しいのかと悩んでいたが。この作品のテーマは歌の音域です。

美術館の絵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野恵は美術館の絵を観るのが好きだ、その絵の好みはというと。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

客の止め方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 駒川かすみは自分の家で経営しているカラオケショップの暴れている客や学校での喧嘩を止めるのが得意だ。その止め方はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

追試

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天満橋江梨子は数学が苦手で赤点ばかりです、だがそれにもめげずに江梨子は。自分のカシキャラを使った作品です。

舞台で注意すること

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東梅田七瀬がとにかくズボンを穿きたがって学校でも常にスカートの下が半ズボンである理由は。自身ノカシキャラを扱って書いた作品です。

大激怒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 女子サッカーの試合において相手チームの度重なるラフプレイに怒った玲子、その彼女が取った行動は。自分のカシキャラを扱った作品です。

マフラーとマスク

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 都島満里奈が喉を大事にする為に冬の間しているマフラーとマスクが学校中に流行して。カシキャラ作品です。

天然のあざとさ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 野江麻友はよくあざといと言われる、そのあざとさはというと。自分のカシキャラを使った作品です。

雪なぞ降るのも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太子橋純子は大雪が嫌いだ、その大雪の日に彼女が思うことは。カシキャラ作品です。

黒髪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九条ひかりは自分の奇麗な黒髪が自慢である、しかし通っている中学校の頭髪の色は黒髪だけということについて先生に尋ねて。この前聞いたニュースから書かせてもらった作品です。

助っ人として

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大日美奈代は同僚と一緒にバイト先に急遽助っ人として出勤した、その仕事は大忙しだったけれど。カシキャラ作品です。

実はくノ一

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 守口唯は実は忍者であるがそれは言わない様に家で決まっている、それは何故かというと。カシキャラ作品です。

新しいスパイク

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 緑橋莉乃は新しいスパイクを買って女子サッカーの試合に出た、するとすこぶる調子がよくて。カシキャラ作品です。

追い込み

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 住之江百合は部活の同人誌の執筆に必死になっていた、その命賭けの執筆の様子はというと。カシキャラ登場作品です。

激怒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北加賀理央は怒らないことで知られているが自分で言うには怒ると凄いらしい。誰もがそれを信じられないと思っていたが。カシキャラ作品です。

ガード

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀は友人達から露出に無防備だと言われて今度はやり過ぎになってまた言われた。その彼女が行き着いた先は。カシキャラが出ています。

突き指

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長田敦子は部活の練習中突き指をしてしまった、そのせいで思わぬ苦労をしてしまい。カシキャラ作品です。

大阪オリーブ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 岸里瑠璃子はとにかくオリーブオイルが好きで料理にもよく使う。そんな彼女に家族も友人達も呆れていたが。カシキャラ作品です。

黄金の扇子

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南巽れいこは推薦入試の合格を心から願っていた、それで友人に言われて豊國神社に祈願に行くと。あの歴史上の人物も登場します。

七人兄妹の二番目

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 四橋早苗は七人兄妹の中で一番最初の女の子なので兄妹のまとめ役をしている、このことは大変だけれど。カシキャラ作品です。

メタモルフォーゼ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小路陽菜は地味そのものの外見だ、だが友人達と母親のアドバイスに従って服装や髪型を変えてメイクをしてみると。カシキャラ作品です。

路上ライブ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 歌手としてデビューが決まった肥後橋一恵が大阪での活動にこだわる理由は。カシキャラを主人公にした作品です。

ギャル巫女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ギャルな外見の新深江友美が何と巫女のアルバイトをはじめた、その友美の評判と彼女の内面は。カシキャラを出しています。

雨の日も

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 中学時代の今里有紗は雨が嫌いだった、けれど奇麗で大きいえんじ色の傘を買ってからは。

女寿司職人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新金岡珠緒は寿司屋の娘で文化祭の寿司の出店でもその腕を期待されていた。そして珠緒はその期待に添えるが他のものも見せるのだった。拙作のカシキャラを書かせてもらいました。

焦らない焦らない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 なかもず理恵子はとにかく焦らずのんびりしている、それで何でもスローモーションだが。カシキャラ作品です。

迷路巡り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 鶴橋すずは迷路が大好きだ、その彼女に兄が勧めて大阪市のあちこちを巡ると何と大阪市自体が。カシキャラ作品です。

ラッキーカラー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 桜川美優は自分のラッキーカラーは赤だと考えいつも赤いものを身に着けている、しかし友達がその彼女を見ると。カシキャラ作品です。