Novel

治部と刑部と眠れる城New !

江中佑翠
作者
江中佑翠

石田治部(石田三成)と大谷刑部(大谷吉継)は休暇のため、青春の地・長浜を訪れる。だが、治部が偶然目にした盗人をきっかけに事態は思わぬ方向へと動き出す。 頭脳も腕力も冴えわたる“豊臣の獅子牡丹“子飼いバディの娯楽時代小説。

長浜むかしばなし

ケンタロー。
作者
ケンタロー。

桃から生まれたモジャ太郎、犬のイチ、ゴリラのサル、カイツブリのキジの1人と3匹の冒険活劇。 舞台は昔々の長浜。 桃太郎?金太郎?浦島太郎?いや、モジャ太郎です。 カイツブリの恩返し、ゴリラ蟹合戦、余呉湖羽衣伝説などの昔話も盛りだくさん! オコナイさん、姫塚古墳、西野水道、ヤンマー、十一面観音、木之本地蔵、余呉湖、小谷城、石田三成、長浜タワー、日本一の万華鏡、曳山祭り、長浜城、竹生島、長浜グルメの暫

モンデクール

いなほかえる
作者
いなほかえる

お母さんのお使いで北の大地から長浜にやって来たコロポックルのウパシ。 知らない空をカイツブリで飛び。はじめての街をネズミと駆ける。 故郷とは雰囲気も文化も全く違う土地で、彼女はなにを感じ、なにを思ったのか。 小さなウパシが長浜の街を巡る。のんびり、ほっこりな旅物語。

東の不思議なお土産

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーナは大陸の海の向こうにある島国に来た、そこで観光を楽しんでいる中で観たお土産は非常に風変わりなもので。

天才小説家 流雲の謎解き紀行〜滋賀県長浜市編〜

古谷新月
作者
古谷新月

天才と呼ばれているが、変わり者で「困ったちゃん」な小説家、猫村流雲とその助手、宮野優希。 取材旅行と称して、滋賀県長浜市に訪れる。 そこで流雲が「長浜」の由来をいつものようにいい加減に想像し始め… 果たして、流雲が想像(創造?)した「長浜」に込められた意味とは…

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

美食のない国

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ダルン=ダ=ルーンは王族としての務めを果たす為にイギリスに来ていた、この国には美味しいものがないと思っていたが。

さすらい人二人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅を続けるガリィナは居酒屋で隻眼の旅人と出会った、その旅人に言われて行く先は。

母と兄

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月満光は母にどうしても実家の法事に来て欲しいと言われた。光は嫌々その法事に出たのだが。

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。

小さな少女と二人の冒険者

風庭 雪衣
作者
風庭 雪衣

科学技術が進歩し、遂に人間の意識さえ動かせるようになった現代。【World creates】という世界生成ソフトを用いて、異世界を作った三人は、意識を移行させる【MTシステム】を使ってその異世界に入った──。 ログアウトを実行し、世界から出る筈だったのだが、突然システムがエラーを吐きだし、世界から出られなくなってしまった! この世界から脱出するために、システムにアクセスできるオブジェクト【魔力石】

マイソシア・クロニクル─火砕竜牙─
残酷な表現含む

星宮白兎
作者
星宮白兎

───────── Mythosial chronicle ───────── 「僕はいったい何なんだ?」  緑萌える丘に立つ少年は幾度となく考える。  自分は化け物と呼ばれていた。  だけど母親だけは化け物じゃないと言ってくれた。    見えないものを見ようとして、  触れられない者に触れようとして、  少年は世界の不思議を追い求め、旅に出る。  その先にあるものが『滅び』であると知らず

灰色の勇者たち ▲▲▲‐グレードランス‐▼▼▼
R-18残酷な表現含む

三鷹キシュン
作者
三鷹キシュン

 魔王・竜王・冥王・霊王・覇王・焔王の六王が支配した世界‐イグザリア‐。  人間たちは二千年にも及ぶ王同士の大戦に巻き込まれながら果てしない戦場を闊歩していた。しかし突如戦争は終結を迎える。 ひとりの人間が神によって選ばれ、大いなる力で六王はそれぞれ支配していた領地に封印した。 時は流れ…六王の支配からさらに二千年後。世界は人間たちが統治していた。 人間たちはギルドを築き、今でも六王が解き放った魔

第一次魔族大戦に関する古記録断章とその考察

猫大好き
作者
猫大好き

 魔族を滅ぼした5年後、かつての勇者の一行、魔法使いヒルはザス山脈を越える際、一人の生き残りの老魔族と出会う。その老魔族との会話の古記録と、それに対して、現在の魔族大戦の情勢から考察を加えた書。

吸血の病と純血の娘
残酷な表現含む

うさぎ荘
作者
うさぎ荘

二人は残された少ない時間を使って旅をした。希望に向かって。 この残酷で不公平な世界でもきっと二人なら見つける事が出来るかもしれないと信じていた。

不気味な四棒

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

歩いた場所には三人の不気味な男が立っていた。 のっぺらぼう、口裂け男、三日月男。 喉が渇いていたので、三人の男に水の場所を聞くも、中々思っていた場所にはたどり着けず、ついにはこの三人が嘘をついてるのではないかと疑ってしまう。果たして彼は水を飲む事は出来るのだろうか。

兄を探して

設楽夏樹
作者
設楽夏樹

少女マルシェは小さい頃、フランスで兄と生き別れた。唯一の肉親である兄を探すため、組織を抜け出して日本へと旅をする。

ドラゴンパピーのお父さん

創
作者

コレットがカジノに向かう途中に出会ったドラゴンの赤ちゃん。予知能力から悲惨な目に遭うのを見通し、気まぐれながら本来の親を探す旅に出る。

『広大なもの』

折莉香祐子(おりこうこ)
作者
折莉香祐子(おりこうこ)

「目の前にある広大なものは、私のすべてを奪い攫っていくのだった」 とある太平洋の海辺から、夕日が沈むのを見た時の事。そのあまりの美しさ、力強さに私はただ立ち止まって見続けるしかなかった。目を奪われ心を奪われ、時間までもが犠牲になったときの心境が詰まった短編!やっぱ海とか空とか、広大なものが人に与える影響は計り知れない気がする。本当に。 -------評価・コメントお待ちしています=ω=------

封魔烈火

藤宮ハルカ
作者
藤宮ハルカ

 見知らぬ大地に放り出された藤宮ハルカ18歳(♂)は半身に刺青を入れた女性に拾われる。  しかしどうやってこの世界に来たのか彼には思い出せなかった。  一癖も二癖もある奴らの手を借り、時には貸しながら彼は異世界を闊歩する。  とにかく元の世界に帰りたい。どうか俺を元の世界に返してくれ!  そんなありがちな物語です。 ※「小説家になろう」との同時投稿です。

不思議の国は夢オチだから大丈夫

よたか
作者
よたか

中2の1学期。夏休み前の三者面談で不思議の国へ迷い込む弓田さとみ。第2回キャラクターコンテストに応募している『弓田さとみ』の中学時代のエピソードです。

卒業

あんなか
作者
あんなか

 齢10歳、演目「軟体」。それが彼女の全てだった。何もなかった。ただ家族を救うために、少女はサーカスの門をくぐる。だが、待っていたのは苦しい現実ではなく、また別の家族だった。  数年の長旅の末、サーカスは大きな講演を前にしていた。その重大さを気付いている人は、このサーカス団にはあんまりいない。  今回もいつも通り舞台で踊るだけ。そう思っていた彼女の身に、突然の解雇命令が下る。  戸惑う気持ちと納得

其は我を残月と見る
残酷な表現含む

伽世
作者
伽世

「赤の他人の為になんて死ねるかっ!」 “人柱”として“鳥籠”と呼ばれている場所に囚われていたミカノとキーナと、その仲間たち。 ある日“鳥籠”を破壊して外の世界に飛び出し、自分たちが閉じ込められていた原因である、破壊の神を倒す旅に出た。 世界の敵である破壊神を打ち倒す。 それはとても良いことのはず……なんだけど。 ギルドも、摩導士協会も、そして国さえも彼女たちの敵?! なるべく傷つけたくない

かわいい子には旅をさせよう

高木慎哉
作者
高木慎哉

とりあえず、かわいい子に旅をさせてみる。 そして、実際やってみるとどうなるかみんなで見てみるという設定です。 多分、楽しいです。 楽しくなかったら、頑張って面白くします。 みんな読んで下さい。 旅をしたいと思わせたいです!

かわいいエルフには旅させよ

因幡雄介
作者
因幡雄介

『かわいいエルフには旅させよ』 代々受け継がれたこの言葉に従って、エルフのお姫様ニアは、女王候補となるべく『黒い大陸』を旅することとなった。誰もが成しえなかった大陸横断に、ニアは変態紳士リョウクと共に挑戦する。そこで待っていたのは、風変わりな国と人々だった――。【日曜更新】