Novel
新着小説作品

塩対応New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長田敦子は気分屋でその時によって人への対応が違う。しかしある人物への対応はいつも塩対応であるのは何故か。

般若湯New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 阿波座陽奈は高校時代に数学が苦手であること以外に欠点はないと思われていた。だがその彼女の思わぬ欠点はというと。ミラクリエのカシキャラの成人してからのお話です。

牛丼愛New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南巽れいこは牛丼をこよなく愛している。彼女が牛丼をそこまで愛している理由は何か。

大阪心霊巡りNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小路陽菜は心霊スポットに行くことが趣味だ、それでは幽霊を本当に見たいのかというと。

ヤクザ映画を観て

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西長堀美紀は映画鑑賞が好きだ。それで何と今度は有名なヤクザ映画のシリーズを観て。女の子でこうしたジャンルの映画を観る人もいるみたいです。

奇麗な爪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新深江友美はある日奇麗に爪を伸ばして色も塗っている女性を見た。爪は伸ばさない彼女だが思うことは。

犬の心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今宮有紗は犬の心がわかる。そこから彼女がわかっていくことは。身近の犬を思い出しながら書かせてもらいました。

高校生と金魚

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は金魚を飼うことが好きだ。その彼女の飼い方はどういったものか。金魚を飼うというのも素敵な趣味だと思います。

信じてはいけない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北巽伊代は読んだり聞いたりしたことを鵜呑みにしてしまう。それで人類が滅亡するという予言を聞いて。この作品に出て来るブルガリアの予言者は実在します。

駄目なアクセサリー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いいと思ったアクセサリーには偏見のない桜川美優。だがその彼女でも買わないアクセサリーはというと。

大阪ラーメン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 鶴橋すずは大阪はラーメンも福岡や札幌に負けていない本場だと言う、それは本当か。実際に大阪はラーメンも負けていないです。

低音

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は低い音の歌はそのままでは歌えない、それは正しいのかと悩んでいたが。この作品のテーマは歌の音域です。

派手な水着は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾彩は友人達に誘われて水着を買いに行った。そこで彩が買った水着は。まだ寒いですが水着ものを書かせてもらいました。

地毛の金髪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 瓜割友美の金髪は地毛だ、その彼女の髪の毛に対するこだわりは。今回は恋愛ものを書かせてもらいました。

紅茶と和菓子

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長原知美は紅茶が好きで和菓子も一緒に楽しむ。その組み合わせはどうなのか。自分のカシキャラで書かせてもらった作品です。

兄への紹介

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 出戸まりかは彼氏を家族に紹介しようとしていたがその最大の障壁は。自分のカシキャラを使って書いた作品です。

近代日本経済学

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本の経済学界では今もマルクス主義が強い影響を持っている、野田陽子がそのマルクス主義経済に対して行うことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

ヘビメタ書道

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 玉川早百合は書道でスランプに悩んでいた、その彼女のスランプ脱出のきっかけは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

美術館の絵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野恵は美術館の絵を観るのが好きだ、その絵の好みはというと。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

客の止め方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 駒川かすみは自分の家で経営しているカラオケショップの暴れている客や学校での喧嘩を止めるのが得意だ。その止め方はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

スウィートトラップ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 文ノ里麻里子は甘い酒が大好きだ、だがいつも運動しているから太らないと思っていても。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

刺激的な出しもの

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 田辺紀香が大学のサークルで出そうと思っている隠し芸は何か。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

召喚軍師の絶対方程式(ウォーゲーム)
残酷な表現含む

夜行性の人
作者
夜行性の人

思考しろ――理不尽を、己の手で覆すために。 ストラテジーゲームを趣味としていた秋森蓮は、ある日、ウォーゲームへの招待権を手に入れる。 だがその招待権は、異世界へと召喚されることとなる代物だった……。

背番号十

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 四天王寺奈央は部活での自分の背番号十を気に入っていた、しかしその奈央が十番を使わない場所がある。そこは何処かというと。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

寝起き

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 阿倍野未亜の寝起きは最近かなり悪い、それは何故かと母が聞いてみると。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

打って切って茹でて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天王寺のりは麺を打つことが得意だ、上手に麺を打つそのコツは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

白い雨

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 裏の仕事をしている学生三崎亮。彼が仕事の後で行く場所は。シリアスな作品にしてみました。

青汁

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小野くんは青汁が大好きだ、何故皆がまずいというこの飲みものを好きなのか。キャラの好物に注目した作品です。

終わった後で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦いを終えたアルフレド=アーチャー。何もすることがなくなり酒浸りとなっていた彼が見付けたもう一つの道は。あえてキャラのその後を書かせてもらいました。

鬼妹

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 鹿倉武がどうして妹にだけは頭が上がらないのか。このキャラの妹さんも魅力的なキャラだと思います。