Novel
新着小説作品

アイドル好き

作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は女性アイドルが大好きであるがそれはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

時を超えて君に会いたい。

作者
湖林 虹海

レイは両親を事故で亡くし、親戚に引き取られたが親戚の家での毎日の暴力にその心と身体はボロボロだった。 学校の屋上からその身を投げ、目を覚ますと…1000年後の日本だった―――

小話集

作者
如月厄人

別サイトに載せている小話集です。 お好きにお使いください むしろ何か書いて欲しいものがあったらコメントして欲しいくらいですので、お気軽にどーぞ

少女天国
残酷な表現含む

作者
因幡雄介

 二十人の少女をさらって監禁する男。  彼は特に何もせず、少女たちが遊ぶ姿を見つめて満足していた。  ある日事件が起き、理想郷が破壊されていく……。

桜の空と迷い猫

作者
足羽川永都

その女の子は、体に似つかわしくない大きな荷物を背負っていた。そればかりか、その荷物から驚くほどの勢いでピンク色の煙を吐き出していた。――小さな魔女とぼくの、ある日の記憶。

ボーリング・ボーリング

作者
なかたたかこ

中学2年生の蓮と康夫と大吾は、部活も塾もお休みのこの日、3人で遊ぶことになったのだが…

女子の学級委員

作者
坂田火魯志

 北花田美紀は自分で先に動いてきつい仕事からしていく学級委員だ、これは学級委員特有と思っていたら。女の人を書いたカシキャラ作品です。

武闘派ガール

作者
坂田火魯志

 マーシャルアーツをしている武闘派少女西長堀美紀が後輩がいじめられていると聞いて取った行動は。いじめは犯罪です、皆さん見掛けたら証拠を取って警察に通報しましょう。

生ものには注意

作者
坂田火魯志

 長居史奈が食べものの新鮮さを見極められる理由は。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

ダンスダンスダンス

作者
坂田火魯志

 ダンスをしている西田辺優子にダンススクールの先生が勧めるアドバイスは。自分のカシキャラを書いた作品です。

お金はいつも

作者
坂田火魯志

 あびこ曜子はお金が入るといつも使ってしまう。ただそれでも守っていることはというと。拙作のカシキャラを自分で書いてみました。

半ズボンの裾が

作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は体育や部活の時に半ズボンが短くて裾がめくれると下着が見えそうになるのを気にしていた。それで先生にこのことを言うと。

プロポーションの秘密

作者
坂田火魯志

 阿波座陽奈はとにかくプロポーションがいい、友人達がそのスタイルの秘密を探る為に彼女の家に一泊を申し出ると。カシキャラ作品です。

動物園の過去

作者
坂田火魯志

 動物園好きな美沙子はよく天王寺動物園に行く、そして動物園で絶対に行く場所は。大阪の歴史の中での悲劇を書かせてもらいました。

年下キラーの指輪

作者
坂田火魯志

 年下の子に告白されることが多くて困っている里香。その里香が考えた解決方法は。大学生を主人公にした作品です。

猛虎万歳

作者
坂田火魯志

 野田聖子は阪神タイガースの黄金時代到来を心から願っている、だがそれは可能なのか。阪神タイガースを扱った作品です。

部員勧誘に

作者
坂田火魯志

 新入部員の獲得について意見を言い合う歌留多部の面々。その中で玉川早百合が考えだした名案はというと。

小さな少女と二人の冒険者

作者
風庭 雪衣

科学技術が進歩し、遂に人間の意識さえ動かせるようになった現代。【World creates】という世界生成ソフトを用いて、異世界を作った三人は、意識を移行させる【MTシステム】を使ってその異世界に入った──。 ログアウトを実行し、世界から出る筈だったのだが、突然システムがエラーを吐きだし、世界から出られなくなってしまった! この世界から脱出するために、システムにアクセスできるオブジェクト【魔力石】

彼岸の野に

作者
朝日奈徹

遠く広がる彼岸花の風景…… それが意味するものとは? ホラーSS。

夜のパトロール

作者
坂田火魯志

 園前静香は不審者退治の為にクラスの皆と夜のパトロールに出たが。カシキャラのキャラを自分でも書かせてもらいました。

漱石より三島由紀夫

作者
坂田火魯志

 大国ゆきえは姉妹達と夏目漱石について話していた、作家としてはともかく人間としての漱石は。カシキャラを自分で書いてみました。

名キャッチャー

作者
坂田火魯志

 八尾彩がダイエットをしない理由は何故か、それは彼女の部活でのポジションに理由があった。

ドールハウスが好きで

作者
坂田火魯志

 長原知美はドールハウスを買う為にアルバイトをはじめようと決意した、採用の時点から苦労したが。

恋愛は難しい

作者
坂田火魯志

 難波里奈は恋愛についてまだまだ無知なので勉強していった、だが途中で変な方向に行ったりして。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

生ものでも

作者
坂田火魯志

 日中ハーフで中華レストランの娘出戸まりかは中華料理に刺身はあるかと聞かれた、それに応えてまりかが作るものは。

もっと高く

作者
坂田火魯志

 心斎橋まおみは部活の高跳びでもっと高く跳ぼうとしていた、毎日やっていて遂に。自分のカシキャラを出させてもらっています。

水着が似合う色

作者
坂田火魯志

 瓜割友美はハーフで水着によく似合う肌の色の持ち主だ、その結果プールで声をかけられて。

悩みは肩凝り

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

気になっていて

作者
坂田火魯志

 平野恵は自分の太めの脚と身体を気にしていた、それで食事も変えて運動量も増やしてダイエットをすると。カシキャラの作品です。

師匠に言われても

作者
坂田火魯志

 淀屋橋きいは納豆がどうしても食べられない、それは誰に言われてもそうなのか。カシキャラ作品です。