Novel
新着小説作品

出来の悪い弟

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生綾人は自分が双子の兄と比べて出来が悪いと思っている、だがその実は。

かえって減って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太ったのでダイエットをはじめた東雲梓、そこで彼女がわかったことは何なのか。

ブルードラゴンの恋

安江俊明
作者
安江俊明

ドイツ人女性のエヴァが観光で長浜を訪れ、フィギュアのミュージアムに立ち寄り、地元の陽介と知り合う。陽介は自慢のフィギュア、セイリュウという名前のブルードラゴンと一緒にエヴァを案内する。陽介はセイリュウをエヴァに預けたのを忘れてしまう。 エヴァの目の前でセイリュウはイケメンの男子に変身する。エヴァには彼氏ルディがいた。遅れて長浜にやって来たルディは、婚約指輪をエヴァにプレゼントするが、陽介はその現場

オーストラリアの思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐伯涼が妹に学生時代に行ったオーストラリアのことを聞かれて話すことはというと。

副業

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーズはモデルになった、どんな服でも嫌な顔一つ見せず着て仕事をする彼女だが。

下着へのこだわり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 派手なファッションの怒来源菜の下着はどんなものかというと。

山奥の家

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

治部と刑部と眠れる城

江中佑翠
作者
江中佑翠

石田治部(石田三成)と大谷刑部(大谷吉継)は休暇のため、青春の地・長浜を訪れる。だが、治部が偶然目にした盗人をきっかけに事態は思わぬ方向へと動き出す。 頭脳も腕力も冴えわたる“豊臣の獅子牡丹“子飼いバディの娯楽時代小説。

善政を敷く領主

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

純情ロボットガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 花渚ロボが通っている学校の部活に誘われてそこから経験することは。

充分な幸せ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 兄と共に日本に帰ることが出来たマルシェ。その彼女が大変な状況の中でもいつも笑顔でいられる理由は。

謎のロイヤル=ネービ―士官

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 観艦式で年配の人達が若い頃に見た人がいるという謎の海軍士官、その正体はというと。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

どういう苦手か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 すっぽんが嫌いなザン=アディ。だが何とすっぽん鍋を美味しく食べて。

偏食注意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 デブガマンは医者に偏食のせいでこのままだと死ぬと宣告された、彼は死にたくないと思って。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。

大正長濱探偵譚-慶雲館の首切りガラス-

水伴エイ
作者
水伴エイ

時は大正、季節は桜。 将来、外国に旅立つ夢が勉学の為に、東京から、機関車に乗って長浜駅に降り立った少年、小林祥は、待ち合わせ場所の豊公園桜並木にて、警官に追われた暴漢に捕まり、人質にされる。男の腕が自分の首にねじこんだが、突如現れた青い外套と帽子を被った長身が現れ、暴漢を一蹴、助けられた喜びより状況への動転で慌てる祥に、 「Q! この俺は何者か!」 ――煙草代わりに噛み砕くのは、陸軍用達堅ボーロ。

抜擢

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 坂下祐貴がその役に抜擢されたのはどうしてか。今回はミュージカルを書かせてもらいました。

長浜むかしばなし

ケンタロー。
作者
ケンタロー。

桃から生まれたモジャ太郎、犬のイチ、ゴリラのサル、カイツブリのキジの1人と3匹の冒険活劇。 舞台は昔々の長浜。 桃太郎?金太郎?浦島太郎?いや、モジャ太郎です。 カイツブリの恩返し、ゴリラ蟹合戦、余呉湖羽衣伝説などの昔話も盛りだくさん! オコナイさん、姫塚古墳、西野水道、ヤンマー、十一面観音、木之本地蔵、余呉湖、小谷城、石田三成、長浜タワー、日本一の万華鏡、曳山祭り、長浜城、竹生島、長浜グルメの暫

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽し

お初様に学ぶ真ん中という生き方

近江屋草助
作者
近江屋草助

藤嶋宏美は美人の姉と可愛いい妹の真ん中、地味で目立たない二女。 姉と妹は宏美の自慢だったが、コンプレックスの源でもあった。 小さい時から姉妹と比べられ、自分自身を見失しないそうになった時、 浅井三姉妹のことを知り、自分と同じ二女 お初の生き方に共鳴。 それから、 お初と宏美の二人三脚の人生がスタートすることになる。 さて、宏美はどんな人生を送るのか、お初の人生と重ねて見てください。 

星のパイロット

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星の王子様の作者が最後に乗っていた機体のプラモを観て想いに耽る樫之浦琉星が女の子に言われた言葉はというと。

別の形で復帰

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 風張光人は今は音楽活動から離れている、だがその彼にゲーム部の部長が声をかけてきて。

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

実は死んでいて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星谷梨羅は一回死んですぐそこで死んでいた自分そっくりの外見の娘と身体が入れ替わってしまった、その娘とその時から交流がはじまりわかったことはというと。

和洋の折衷

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マツ=ルドリーはコーヒーが好きでしかもお餅も好きでそれで両方共楽しんでいて彼女の兄にも紹介して。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。