Novel
新着小説作品

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

おもちゃは素敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 支倉千沙都が街に出ておもちゃ屋でアルバイトをはじめてわかったことは。そして千沙都はどういう気持ちで働いているのか。

どうして暮らしているのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 中卒引きこもりニートというどうして生きているのかわからないタケダ君、だが普通に暮らせているがその秘密は。

アラサー女の家族

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 和泉瑞樹のプライベートは謎に包まれている、彼女自身だけが知っているものだがその内容はというと。

浮蛍

古楽
作者
古楽

舞台の台本に書いたものですが、場面転換が多すぎて没(笑) 大量の蛍のイメージを何とか作りたかった作品です。 予定日を過ぎてもなかなか生まれない子どもが気になりながらも妻の父の進めて実家に戻った主人公は、亡き母に似ている不思議な女性と出会ったのです。 どこか子どもっぽくもありながら主人公を知っている女性は何者なのか? を書いた現代劇です。

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、「この国を見捨てる鬼畜か」「今まで育てた恩義を忘れたか」「他に行っても結局同じだ」と脅され、引き下がるしか無く、壊れかけの心の侭、三時間の睡眠を取る為への帰路途中、名馬トラック号に轢かれ致命傷を負う。その際、違う世界に生まれ変われたら――と願った瞬間、その願い

忘れな草

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

高校2年生のみつきとありさ、そして前川と牧原はそれぞれ様々な家庭の事情を抱えていた。 だが、そんなことに負けない青春の物語です。

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

諦めないことが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 村と国の惨状に諦めていたソライ、だがそこである男と出会って彼の考えは変わっていき。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

お父さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 向日ヒナタが暮らしている家、そこには同居人の老人がいる。老人がヒナタの担任に話すことはというと。

敵は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 オプノバが台風の災害救助に仲間達と赴きそこで深く学んだことは何かというと。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

駅にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 吉川郁美はかなりエロな先輩に案内されて日本屈指の大都市の駅に行った、そこで郁美が撮るものは。

石頭

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大代吟次が不本意ながら騒動に巻き込まれてしまって嫌々ながらもならず者達に立ち向かっていく羽目になって。

将来の進路

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 登瑛戸が過酷なことで知られているレンジャーに進むことを希望している理由はというと。

三十三歳独身

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 獰猛な猫母、しかしその彼女が後輩達に語る言葉は意外に家庭的でその生活も。

鎌使いの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自称宇宙一可愛い周アネモネの武器は鎌、彼女はどうして鎌を使うことを得意としているのかというと。

スイーツ鍋

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐藤ゆいこが友人達をお菓子の鍋を食べる食卓に招いた理由は何か。甘いものと笑顔とその裏にあるもののお話です。

別人と思われて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西田楓が所属するバンドがビジュアル面にも力を入れだした、それで楓も色々とメイクやファッションを変えてみたがそれによって普通にしている時に。

忠臣への報い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 主に忠実に仕え続けるアイン=ソフ。主がそのアインに与える忠義と働きへのお礼とは。

ロンドン忍者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パティのいるサーカス団がロンドンで公演することになった、パティはそのロンドンで義母と忍者を観てそれから。

消えノート

古楽
作者
古楽

この小説は、13年ほど前にラジオドラマ用として作った台本を元に小説として書きなおしたものです。 これを書いた時は知らなかったのですが、実は『デスノート』にすごく似た作品となってしまいました(たぶん、発想は同じような雰囲気だったのだと思いますが僕は人を殺すことに特定しない分逃げ道がたくさんあった気もします)。 もちろん、こちらは短編(原稿用紙57枚)であり、あちらは長い作品ですので比べるのもおかしい

太陽と雨

古楽
作者
古楽

究極の晴れ男 究極の雨女 天気に左右される全く対照的な二人の物語。 二人がどうなるのか? 読者の想像にお任せします。

スクィッドの残り香

熊井 かなた
作者
熊井 かなた

電車の誤乗により長浜駅に降り立った琴美は、烏賊と名乗る不思議な力を持つ男性に出会う。 彼はかの有名な天女伝説に登場する天女を探しているのだという。 そんな彼を手伝ううちに、琴美は長浜にまつわる記憶を思い出しはじめる……。

左近の教え

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サッカー日本チームの監督はワールドカップ前の日本チームの調整場所に長浜市を選んだ、そしてそこで選手達を徹底的に鍛える理由は何故かというと。コンテスト応募用の作品です、石田三成よりも彼の軍師島左近に重点を置いて書かせてもらいました。

幸残(ゆきなごり)

古楽
作者
古楽

珍しく架空の人物しか出てこない物語です。 未だに恋愛というものはよくわかりませんが、30代の始めの頃に甘いだけの妄想話を書きました。 幕末に近付きつつある彦根城下町。 奉公に出された少年慎は、奉公先で2歳年上の幸と出会う。 店主の娘と奉公人の二人の人生を、幕末維新という舞台で書きました。

モンデクール

いなほかえる
作者
いなほかえる

お母さんのお使いで北の大地から長浜にやって来たコロポックルのウパシ。 知らない空をカイツブリで飛び。はじめての街をネズミと駆ける。 故郷とは雰囲気も文化も全く違う土地で、彼女はなにを感じ、なにを思ったのか。 小さなウパシが長浜の街を巡る。のんびり、ほっこりな旅物語。

隠士の闇

古楽
作者
古楽

主人公は彦根藩の足軽(と思われる)畑権助という人物です。 文久三年(1863)に75歳との記録がありますので、生まれは寛政元年(1789)になります。彦根藩では10代藩主井伊直幸が亡くなった年で世界史的にはフランス革命が起こった年でもありました。 彦根藩足軽として歴史の中に名前を残すこともなかった権助がどういった経緯で僕に書かれることとなったのか? それは、権助71歳の3月に突然起こったのです。

恋鬼

古楽
作者
古楽

井伊直弼には忘れらえない兄とその想い人がいた。 幼い時、直弼を可愛がってくれた長兄は彦根藩にとっては荷物のようになっていた。 自らも世捨て人であることを自覚していた井伊直清。 しかし、そのすべてを賭ける恋に落ちる。 井伊家の御曹司であったがゆえに迎えなければならなかった悲劇とは… 幼い井伊直弼が見た物語です。