Novel
新着小説作品

「運命論者の入室を禁ず」

作者
OSAMU

詩その2

天国と地獄

作者
コルフーニャ

長きに渡る天使と悪魔のバトルだったが、天使の姿はいつの間にか悪魔へと変貌していた。日に日に天使の数は減るばかりで天界門が支配されそうになった頃一人の救世主が現れた。悪魔が天国に立ちいるのを防いだ救世主である、千利休大和は地獄を天使達と共に悪魔達を次々と滅ぼしてゆく。

砂時計

作者
大和時雨

愛を叫べ――。Twitterに投稿した140字縛りの詩です。

Tragedie 1 -映ったモノ‐
残酷な表現含む+

作者
七ヶ瀬駿河

その日、少年は一枚の手鏡を拾った。 一人の少年が偶然拾ってしまった一枚の手鏡が、次第に少年とその周囲を悲劇へと誘っていく。 決して逃げられない、理解不能な恐怖。少年を苛む後悔と自責。 __これから始まる一つの悲劇を、どうかお楽しみください。

「神との密会」

作者
OSAMU

詩の掲載も開始します。

真夜中の散歩
残酷な表現含む

作者
コルフーニャ

少年Aは愛犬のココを連れ、真夜中の散歩へと出かけた。 愛犬のココは歩くことが出来ずに引きずるように、少年Aは歩いた。 そうでもしないと少年Aの心は落ち着かないのだ。 少年Aの精神は病んでおり、歩いている最中、どうすれば自分が 注目されるのかを考えていた。 少年Aは何を思い、どのような行動をするのかが見物だ。

コスモス

作者
かんほくと

生きるということの美しさを考えてみたんだとおもう 昔書いた短編です

船乗りと真空管

作者
かんほくと

昔書いた短編小説 男と女ってやっぱ違うと思うんです でもだから惹かれるのかも と思って書いたのかも

独言

作者
かんほくと

一つの愛の形じゃないかな

Digital Masquerade
残酷な表現含む

作者
OSAMU

 飛躍的発展を遂げた未来―。世界は未曾有の社会問題に直面し打開策を模索していた。その病弊とは、世間に於いて対人恐怖症、醜刑恐怖症等の精神病者達が増殖し続け、遂にはその患者数が正常者層をも超越してしまった逆転現象に起因している……。コミュニケーション不全が時代的な重要案件として取り沙汰されている中、人心の疲弊は益々深刻化を見せ、ニート・引き篭もりは増加の一途を辿っていた。その潮流は止む事無く加速し続

魔術師捜査官

作者
佐藤ナツ

――この時代には五種類の人間がいる いい人間と悪い人間、いい魔術師と悪い魔術師、 そして…人間か魔術師かすらもわからぬ者 世界は魔術という特殊能力を使える人間、『魔術師』の起こす犯罪に頭を抱えていた。 そこで…平和を守ろうと奮起する者たちは彼らを抑止するために警察にとある公安課に係を設ける。 ――特殊捜査係……それは『魔術師』による犯罪を『魔術師』が取り締まる捜査官、魔術師捜査官がいるところ

必要なの愛

作者
なかたたかこ

ふと思いついたまま書いた、短い短いお話です。

僕の居場所

作者
なかたたかこ

小学4年生の翔太が蹴ったサッカーボールで、おばあさんに怪我を負わせてしまったことから、必死に罪を償おうと奮闘することから始まるお話です。

第一次魔族大戦に関する古記録断章とその考察

作者
猫大好き

 魔族を滅ぼした5年後、かつての勇者の一行、魔法使いヒルはザス山脈を越える際、一人の生き残りの老魔族と出会う。その老魔族との会話の古記録と、それに対して、現在の魔族大戦の情勢から考察を加えた書。

鳥籠の中の少女
残酷な表現含む

作者
今井アルネ

中学の時、加奈ちゃんが学校の2階から飛び降りた。 そして突然の転校を知る あの日から加奈ちゃんはどこに行ってしまったのだろうか

青春ロスタイム

作者
あまね/

青春時代を夢見た男の話。

アナザーストーリー
残酷な表現含む+

作者
なかたたかこ

「沈み行く深海の花火」のもうひとつのエンディングです。

沈み行く深海の花火
残酷な表現含む+

作者
なかたたかこ

「親友」だと信じていた相手とのやりきれない思いから始まるお話です。

はしくれの花の蕾

作者
なかたたかこ

「はしくれの花」の続きのお話です。

はしくれの花

作者
なかたたかこ

男性とお付き合いをしたことがない40歳の波子に突然訪れた出会いから始まるお話です。

棘入りのチョコレート
残酷な表現含む+

作者
なかたたかこ

フリーマーケットでたまたま隣り合わせた女性に対する、一方的などす黒い感情から始まるお話です。

さくらとチェリー

作者
なかたたかこ

「指導員」として作業所に勤める女性とその飼い猫チェリーのお話です。

夜明けの月を追いかけながら

作者
なかたたかこ

次から次へと災難が降りかかるも、腐ることなくめげずに頑張る女の子のお話です。

つぐみの詩

作者
なかたたかこ

ひょんな形でタイプの違うハンサムと同時期に知り合ってしまったことから、色々と苦悩してしまう普通の女の子のお話です。

鉄男さんとあたし、玉子ちゃんと俺

作者
なかたたかこ

真っ白い新雪の中、ひょんな形で出会った男女のちょっぴりおかしなお話です

回転木馬で会いましょう
残酷な表現含む

作者
なかたたかこ

高校2年生の女の子が遭遇する、ちょっぴり不思議なお話です。

作者
なかたたかこ

自意識過剰で傲慢な女子高生に降りかかる、自業自得のお話です。

君がいるから

作者
なかたたかこ

来年受験を控えた中学3年生のアキラと、彼に思いを寄せるカオルの交流のお話です。

坂の向こうに

作者
なかたたかこ

暑い夏の午後、ひょんな形で知り合った青年と老婦人の交流から始まるささやかなお話です。

きみつる

作者
なかたたかこ

小学5年生の夏休み、市内全域の小学校高学年対象の水泳講習会で出会った公とみつるの小さな恋のお話です。