Novel
新着小説作品

湯呑茶碗

かんほくと
作者
かんほくと

時間の感じ方について、こんな考えどうかしらという作品。 過去の短編。

塩壺
R-18残酷な表現含む

かんほくと
作者
かんほくと

ちょっこしホラーに挑戦。 グロ注意かも。昔書いた短編。

寿司

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

寿司について☆

甘いケーキと、苦い涙。
残酷な表現含む

詩田万葉
作者
詩田万葉

ちょっと変わった女の子と、 ちょっと変わったお母さんの話。

ゾンビエース

あまね/
作者
あまね/

気弱なエースが禁断の方法で心を強くしようという話。

クリスマスが嫌い

まるだまる
作者
まるだまる

 クリスマスにこんな恋愛小説はいかがですか?

静かな波

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

何気ない日常を過ごしている普通の専業主婦みさが、とあるきっかけが元となり、心に葛藤が生まれます。

二つの月

ウミツバメ
作者
ウミツバメ

世界は闇に閉ざされて、空には満月が登っている。湖のほとりで僕は一人の女性に出会った。

血戦・巌流島
残酷な表現含む

ちくわヌンチャク
作者
ちくわヌンチャク

慶長17年、宮本武蔵は舟島で佐々木小次郎と対決し、勝利を収めた……はずだったが、倒れている小次郎の様子がおかしい。そして現れた小次郎の正体に、武蔵は驚愕するのであった!

ジャックマン【灰身の朝】(けしんのあさ)
残酷な表現含む+

竹橋 夢仁
作者
竹橋 夢仁

  ある地方都市で、凄惨な殺人事件が起きた。 逮捕されたのは、17歳の少年H。 殺人の厳罰化が進んだ日本で、彼には死刑判決が下った。 3年後、20年の短さでその道化芝居は幕を下ろす。 ただひとり、切り裂きジャックという役者を舞台に残して。 ※現代日本を舞台にした能力バトル物の要素を含みます  

Убийца и дураки
R-18残酷な表現含む+

サニ。
作者
サニ。

題名の日本語訳は『殺人鬼と愚者』。 これは、2人の殺人鬼を殺す殺人鬼と、それを取り巻く人間達が織り成す、歯車を『元に戻す』ための物語である。 (※移植&リメイク作品です)

ロシアンタコ焼き

ちくわヌンチャク
作者
ちくわヌンチャク

タコ焼き好きの青年・和也には、酒癖の悪い姉・春香がいる。退屈な時間を過ごしていたある晩、酔っ払った姉が急にやってきたのだが……。

褒められたから

阪マキホ
作者
阪マキホ

魔王の子ストラと、その従者になるべく出向いたアインの 出会いの物語。

辛抱たまらん

ちくわヌンチャク
作者
ちくわヌンチャク

通勤中の電車内で、必死で放屁の衝動を堪える「俺」。 果たして彼は、人生に汚点を残す事なく、無事に 電車を降りることができるか?

狂気の王と永遠の愛(接吻)を
残酷な表現含む+

逢生ありす
作者
逢生ありす

―――すべての女性に捧げる乙女ゲームのような恋物語――― ヤンデレ・ツンデレ・俺様・束縛 激情に胸を焦がし狂気と化すのはだれ? 『狂気の王と永遠の愛(接吻)を』 五大国から成る 異世界の王とたった一人の少女の織り成す 恋愛ファンタジー ――この世界は強大な五大国と、 各国に君臨する絶対的な『王』が存在している。 彼らにはそれぞれを象徴する<力>と<神具>が授けられており、 その生命

不老不死な私の人生

相羽 桂
作者
相羽 桂

願わずして不老不死となった私の軌跡

murmur

鳴向
作者
鳴向

私の家の庭に住む、不思議な生き物「ムーちゃん」と私の話。やや不思議/シュール系。 昔所属サークルの部誌に掲載した作品です。

錆付いた鎖の先に

OSAMU
作者
OSAMU

急速に発展している「進化系サービス」の終極を暗示した結末です。

その魂、僕の糧となれ
残酷な表現含む+

相羽 桂
作者
相羽 桂

宇宙の彼方より飛来した種が、地球という世界の常識を変えた。 ファンタジックに、フリーダムに、そして……ネイチャーに。世界は遥か太古の、生き残る力だけが物を言う、弱肉強食の時代へと逆戻り。 突如として湧いてきたゴーストやゾンビ、そして人間までもが敵となる新たな時代が始まった。 ゴーストが人間を襲い、それに捕まった者は死を迎える。だがその死体たちはすぐに立ち上がると、生きる者に襲いかかり始めるのだ。

白紙の中に

太刀河ユイ
作者
太刀河ユイ

榎本啓一は記憶をなくし、趣味の絵もやめてしまっていた。 変わり映えのない日常を過ごしてはいたが、友人と一緒にいる刺激のないこの毎日が心地よかった。 そんなある日、ローブの絵描きの噂を耳にする。 通りかかった人を手招いて、自分の絵を見せるらしい。 それを見た人は皆、口を揃えて言う。そのキャンバスは――「白紙」だったと。

会いたいと誰かが呼ぶ

あまね/
作者
あまね/

清水は見知った場所に知らずにたっていた。 小さい頃遊んでいた場所だったが、家に帰ろうとすると迷子になりかけ、そこで腐れ縁の矢沢に会う。

「運命論者の入室を禁ず」

OSAMU
作者
OSAMU

詩その2

天国と地獄

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

長きに渡る天使と悪魔のバトルだったが、天使の姿はいつの間にか悪魔へと変貌していた。日に日に天使の数は減るばかりで天界門が支配されそうになった頃一人の救世主が現れた。悪魔が天国に立ちいるのを防いだ救世主である、千利休大和は地獄を天使達と共に悪魔達を次々と滅ぼしてゆく。

砂時計

大和時雨
作者
大和時雨

愛を叫べ――。Twitterに投稿した140字縛りの詩です。

Tragedie 1 -映ったモノ‐
残酷な表現含む+

七ヶ瀬駿河
作者
七ヶ瀬駿河

その日、少年は一枚の手鏡を拾った。 一人の少年が偶然拾ってしまった一枚の手鏡が、次第に少年とその周囲を悲劇へと誘っていく。 決して逃げられない、理解不能な恐怖。少年を苛む後悔と自責。 __これから始まる一つの悲劇を、どうかお楽しみください。

「神との密会」

OSAMU
作者
OSAMU

詩の掲載も開始します。

真夜中の散歩
残酷な表現含む

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

少年Aは愛犬のココを連れ、真夜中の散歩へと出かけた。 愛犬のココは歩くことが出来ずに引きずるように、少年Aは歩いた。 そうでもしないと少年Aの心は落ち着かないのだ。 少年Aの精神は病んでおり、歩いている最中、どうすれば自分が 注目されるのかを考えていた。 少年Aは何を思い、どのような行動をするのかが見物だ。

コスモス

かんほくと
作者
かんほくと

生きるということの美しさを考えてみたんだとおもう 昔書いた短編です

船乗りと真空管

かんほくと
作者
かんほくと

昔書いた短編小説 男と女ってやっぱ違うと思うんです でもだから惹かれるのかも と思って書いたのかも

独言

かんほくと
作者
かんほくと

一つの愛の形じゃないかな