Novel
カシキャラ登場 小説作品

体重の秘密New !

作者
坂田火魯志

 高殿若菜は自分の体重が気になっていた、その彼女が気付いた自分の体重の秘密とは。

コスプレ衣装New !

作者
坂田火魯志

 千林佳奈は友人達とコミケに着て行く服を選んでいた。どうしても決まらなくて佳奈が決める為に取った最後の手段は。

天然のあざとさNew !

作者
坂田火魯志

 野江麻友はよくあざといと言われる、そのあざとさはというと。自分のカシキャラを使った作品です。

雪なぞ降るのも

作者
坂田火魯志

 太子橋純子は大雪が嫌いだ、その大雪の日に彼女が思うことは。カシキャラ作品です。

助っ人として

作者
坂田火魯志

 大日美奈代は同僚と一緒にバイト先に急遽助っ人として出勤した、その仕事は大忙しだったけれど。カシキャラ作品です。

実はくノ一

作者
坂田火魯志

 守口唯は実は忍者であるがそれは言わない様に家で決まっている、それは何故かというと。カシキャラ作品です。

追い込み

作者
坂田火魯志

 住之江百合は部活の同人誌の執筆に必死になっていた、その命賭けの執筆の様子はというと。カシキャラ登場作品です。

激怒

作者
坂田火魯志

 北加賀理央は怒らないことで知られているが自分で言うには怒ると凄いらしい。誰もがそれを信じられないと思っていたが。カシキャラ作品です。

黒下着故に

作者
坂田火魯志

 玉出恵理香は服装や外見からは想像出来ない色気がある、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

大阪オリーブ

作者
坂田火魯志

 岸里瑠璃子はとにかくオリーブオイルが好きで料理にもよく使う。そんな彼女に家族も友人達も呆れていたが。カシキャラ作品です。

お化け屋敷だけは

作者
坂田火魯志

 花園郁恵は文化祭のクラスでの出しものに大嫌いなお化け屋敷をすることになって大反対だった、それで作業には参加したが。カシキャラ作品です。

七人兄妹の二番目

作者
坂田火魯志

 四橋早苗は七人兄妹の中で一番最初の女の子なので兄妹のまとめ役をしている、このことは大変だけれど。カシキャラ作品です。

路上ライブ

作者
坂田火魯志

 歌手としてデビューが決まった肥後橋一恵が大阪での活動にこだわる理由は。カシキャラを主人公にした作品です。

目標でありライバル

作者
坂田火魯志

 西梅田沙綾は祖父を尊敬していると共に大嫌いであった、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

女寿司職人

作者
坂田火魯志

 新金岡珠緒は寿司屋の娘で文化祭の寿司の出店でもその腕を期待されていた。そして珠緒はその期待に添えるが他のものも見せるのだった。拙作のカシキャラを書かせてもらいました。

焦らない焦らない

作者
坂田火魯志

 なかもず理恵子はとにかく焦らずのんびりしている、それで何でもスローモーションだが。カシキャラ作品です。

女子の学級委員

作者
坂田火魯志

 北花田美紀は自分で先に動いてきつい仕事からしていく学級委員だ、これは学級委員特有と思っていたら。女の人を書いたカシキャラ作品です。

生ものには注意

作者
坂田火魯志

 長居史奈が食べものの新鮮さを見極められる理由は。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

ダンスダンスダンス

作者
坂田火魯志

 ダンスをしている西田辺優子にダンススクールの先生が勧めるアドバイスは。自分のカシキャラを書いた作品です。

お金はいつも

作者
坂田火魯志

 あびこ曜子はお金が入るといつも使ってしまう。ただそれでも守っていることはというと。拙作のカシキャラを自分で書いてみました。

動物園の過去

作者
坂田火魯志

 動物園好きな美沙子はよく天王寺動物園に行く、そして動物園で絶対に行く場所は。大阪の歴史の中での悲劇を書かせてもらいました。

年下キラーの指輪

作者
坂田火魯志

 年下の子に告白されることが多くて困っている里香。その里香が考えた解決方法は。大学生を主人公にした作品です。

夜のパトロール

作者
坂田火魯志

 園前静香は不審者退治の為にクラスの皆と夜のパトロールに出たが。カシキャラのキャラを自分でも書かせてもらいました。

漱石より三島由紀夫

作者
坂田火魯志

 大国ゆきえは姉妹達と夏目漱石について話していた、作家としてはともかく人間としての漱石は。カシキャラを自分で書いてみました。

恋愛は難しい

作者
坂田火魯志

 難波里奈は恋愛についてまだまだ無知なので勉強していった、だが途中で変な方向に行ったりして。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

もっと高く

作者
坂田火魯志

 心斎橋まおみは部活の高跳びでもっと高く跳ぼうとしていた、毎日やっていて遂に。自分のカシキャラを出させてもらっています。

悩みは肩凝り

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

師匠に言われても

作者
坂田火魯志

 淀屋橋きいは納豆がどうしても食べられない、それは誰に言われてもそうなのか。カシキャラ作品です。

魔女から聖女へ

作者
坂田火魯志

 梅田蜜は容姿も服装も色気があり過ぎる。しかしその色気も祖母の注意で。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

落語女子

作者
坂田火魯志

 中津由美子は落語が好きだがあくまで上方落語派だと思っていたが。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

12