Novel
カシキャラ登場 小説作品

もっと高くNew !

作者
坂田火魯志

 心斎橋まおみは部活の高跳びでもっと高く跳ぼうとしていた、毎日やっていて遂に。自分のカシキャラを出させてもらっています。

悩みは肩凝りNew !

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

師匠に言われてもNew !

作者
坂田火魯志

 淀屋橋きいは納豆がどうしても食べられない、それは誰に言われてもそうなのか。カシキャラ作品です。

魔女から聖女へ

作者
坂田火魯志

 梅田蜜は容姿も服装も色気があり過ぎる。しかしその色気も祖母の注意で。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

落語女子

作者
坂田火魯志

 中津由美子は落語が好きだがあくまで上方落語派だと思っていたが。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

柔軟体操

作者
坂田火魯志

 西中島梓は非常に身体が柔らかい。それはバレエをしているせいか。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

だがそこがいい

作者
坂田火魯志

江坂かをりは女子力は高いがおじさん臭い。だがそれがかえって。自作キャラのカシキャラ作品です。

サイドカーで

作者
坂田火魯志

 東三国千里は頼まれて苦手なサイドカーのレースに出ることになったが乗ってみると。自作のカシキャラで書かせてもらいました。

子供には刺激が

作者
坂田火魯志

 新大阪遙はスタイル抜群の美人だが天然な性格で子供相手にもかなり無防備で周りはハラハラ。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

After Dayz

グループ
blackletter
作者
夜行性の人

いつか、私たちは本当の自由に届くことが出来るのだろうか。 これは、少年少女の成長と日常を描く、言葉の物語。

Cursed Child
残酷な表現含む

グループ
カシキャラ作品コンテスト
作者
夜行性の人

白雪姫という誰もが知る童話。 しかし白雪とは、呪われた子の名前であった――。

遠い落日

グループ
カシキャラ作品コンテスト
作者
九条寓碩

【エンジェル・エランド file #000】 女だなんて思ったことはない。あんたは俺にとって、それ以上の存在だ。

ジゴクカリンネ
残酷な表現含む

作者
八子 棗

粘着質な水音が近付いてきたら、決して足を止めてはならない。振り返っていいのは、その水音が止んだ時だけだ。忠告を無視すれば、その水音の仲間入りをするだろう。 夜の帳に包まれた、パルス共和国の王都の路地裏に、一人の男の姿があった。男の左肩から指先までが、蠢いている。よく見れば、それが意思を持った何かの寄生した痕だということが分かるだろう。 男の名前はニスタ。災厄の男として指名手配を受ける、重罪人だ

献花のアセビ

作者
因幡雄介

江戸時代――とある村で、凶悪な妖怪が封印された。 時は流れ現在。 白波一久は大学の仲間たちと、生まれた故郷である田舎に帰っていた。 満開となった桜の花見をしているときに、奇妙な和服姿の少女と出会う。 少女は自分の名をアセビと言い、白波にある頼み事をする。 そこにある壷のふたを――開けてほしいと。

褒められたから

作者
阪マキホ

魔王の子ストラと、その従者になるべく出向いたアインの 出会いの物語。

兄を探して

作者
設楽夏樹

少女マルシェは小さい頃、フランスで兄と生き別れた。唯一の肉親である兄を探すため、組織を抜け出して日本へと旅をする。

ドラゴンパピーのお父さん

作者

コレットがカジノに向かう途中に出会ったドラゴンの赤ちゃん。予知能力から悲惨な目に遭うのを見通し、気まぐれながら本来の親を探す旅に出る。

不思議の国は夢オチだから大丈夫

作者
よたか

中2の1学期。夏休み前の三者面談で不思議の国へ迷い込む弓田さとみ。第2回キャラクターコンテストに応募している『弓田さとみ』の中学時代のエピソードです。

卒業

作者
あんなか

 齢10歳、演目「軟体」。それが彼女の全てだった。何もなかった。ただ家族を救うために、少女はサーカスの門をくぐる。だが、待っていたのは苦しい現実ではなく、また別の家族だった。  数年の長旅の末、サーカスは大きな講演を前にしていた。その重大さを気付いている人は、このサーカス団にはあんまりいない。  今回もいつも通り舞台で踊るだけ。そう思っていた彼女の身に、突然の解雇命令が下る。  戸惑う気持ちと納得

かわいい子には旅をさせよう

作者
高木慎哉

とりあえず、かわいい子に旅をさせてみる。 そして、実際やってみるとどうなるかみんなで見てみるという設定です。 多分、楽しいです。 楽しくなかったら、頑張って面白くします。 みんな読んで下さい。 旅をしたいと思わせたいです!

かわいいエルフには旅させよ

作者
因幡雄介

『かわいいエルフには旅させよ』 代々受け継がれたこの言葉に従って、エルフのお姫様ニアは、女王候補となるべく『黒い大陸』を旅することとなった。誰もが成しえなかった大陸横断に、ニアは変態紳士リョウクと共に挑戦する。そこで待っていたのは、風変わりな国と人々だった――。【日曜更新】

ボロンチョ学園

作者
高木慎哉

ボロ子さんが主役の小説です。 とりあえず、ボロ子さんに活躍してもらうつもりです。 ボロ子さんには、ボロンチョ学園で、楽しい非日常的な生活を送ってもらいます。 果たして、ボロンチョ学園はどうなる? ボロ子さんは、カシキャラなので、カシキャラとして活躍してもらいます!