はりぼての硝子

一人の青年が少女を拾うことで物語は動き出す。
全ての点が線に繋がったとき、とんでもない事実が明かされる。

 『出会い』というものは常に唐突で、不思議なものだ。ほんの小さな出会いが人生を大きく変えてしまうことさえある。
―――――――― 俺のときもそうだった



         1

 雨は昔から嫌いじゃない。見ていると落ち着くからだ。
俺は車を走らせながら、フロントガラスの脇を滝のように雨が流れていくのを視界の端に捉え...

続きを読む
残酷な表現含む
作品更新日 :
2018-02-08
閲覧数 :
319

目次

黒猫鬼灯

黒猫鬼灯

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各5回まで)

アンケートで感想を伝える(9項目)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

広告