Novel
ファンタジー

三度の飯より妹が好き!
残酷な表現含む

Force
作者
Force

<最初の方のネタバレを少し含んでいるので嫌な方はいきなり本編を読んでもらった方がいいと思います> 主人公天沢弘旨は極度のシスコン。しかし学校の帰り道、妹のことをストーカーしているとトラックが突っ込んできて、咄嗟に妹をかばうが天沢弘旨は轢かれてしまったのである。 目を覚ますとそこは学校の中庭。教室に戻り友達に話しかけるが誰からも反応はない。そして”死んでしまった”ということを友達から聞かされる。 すると帰りの靴箱で手紙が入っており、書かれた場所へ行くことに。そこに待っていたのは「死後活動部」という謎の部活。そして地下へ連れていかれ、主人公は世界の真実を知るのであった。 (アルファポリス、カクヨム、ノベルアップ+、小説家になろうにも同じものを投稿しています!)

龍雲、はるかに 第二章 火竜

神倉万利子
作者
神倉万利子

     雅楽の龍笛奏者、橘音弥は二十歳の誕生日を迎え、橘流四代目継承者として初の単独公演の舞台に 立っていた。客席から満場の拍手をもらった音弥は終了後、思いがけない人物と再会する。その人物は 一年前の夏、故郷の余呉湖で、音弥が現実とは思えない衝撃的な体験をした事実を知っている、神社神主 轟宗次郎であった。彼は翌日、都内の長浜関連スポットに案内し、その後二人は酒を酌み交わして語り合う。数日後、音弥は父親から橘家の家宝の、年代物の龍笛を見せられる。それは初代が愛用していた特別な逸品 で、吹く者を選ぶと言われる名笛であった。以降、その笛と格闘の日々を送ることになった音弥は ある日、神社にて一風変わった少女と出会う。巫女見習いと言う彼女は音弥に好印象を残す。 そんなある夜、音弥の携帯が突然けたたましく鳴り響く・・・  長浜ものがたり大賞奨励賞を受賞した、龍雲、はるかにの続編となる作品。

反逆のアクエリアス
残酷な表現含む+

苺屋ぽんず
作者
苺屋ぽんず

家では虐待、学校では虐められている少年『天宮 空我』は魔法少女になることを夢見ていた。しかし残酷な出来事によって強制的に退校され、さらに戸籍を剥奪れ、空我は全てを失った。 しかしウサギのような天使のピカルに導かれ、水瓶座のスターアンジュ・スターレイに変身した。 スターレイになってからは自分の存在を隠すように他のヒーローの力を手に入れることになった。

箱の中の世界で
残酷な表現含む

夜行性の人
作者
夜行性の人

魔法が科学技術として発展した未来、魔法を専攻する秀才を集めたエリート学園にやってきた逆神党夜は、魔導器――デバイスさえ使うことの出来ないノービスだった。 彼が学園へとやってきた目的とは…

異世界転生ポイント

風上らむね
作者
風上らむね

死んで幽霊になった主人公が、異世界転生できることに。 しかしそのために必要な転生ポイントが足りなかったので転生ポイント習得のためにはミッションをクリアしなければもらえない。 いわゆるチート無双系の能力等、異世界で有利になるにはたくさんのポイントを集めなければならない。 そのために幽霊の主人公があの手この手を使って何とかして頑張ってポイントを貯め、異世界転生するまでの話。

牙を揮うは誰が為に
残酷な表現含む

夜行性の人
作者
夜行性の人

全てを奪われたからこそ、全てを奪うと決めた――。 銃火による戦争の絶えなかった時代、異形種の出現が世界を変えた。 本能のままに人類を脅かす異形種は壊滅的な被害をもたらし、新たな戦争が幕開ける。 静かな村で育ったレインを変えたのは失う恐怖だった。 レインの故郷は異形種によって壊滅し、最愛の家族をも失った。 復讐を誓い、やがて遊撃士となったレインはとある少女と出会ってしまう。 妹の面影を持った少女、クルーシェとの出会いによってレインの運命は大きな変遷を迎えていく――

石田三子の打首(仮)

中川瞬希
作者
中川瞬希

※『石田三子の謀反』の続編(作成中)。

天命のまにまに。
残酷な表現含む

カナタソウ。ゆゆいち
作者
カナタソウ。ゆゆいち

 親が離婚し、父方のお母さん、祖母の家でお世話になっていた白花紗紀(しらはなさき)。  父親は再婚をし、紗紀を置いて新しい家族のもとへと行ってしまった。就職を決めて高校を卒業し春から一人暮らしを始めた紗紀の元に政府を名乗る一通の手紙が届いた。  その手紙に習い呼び出されたビルへと向かうととある神社の狛犬とタッグを組んで封印を解こうとする妖達を退治することになり……?  紗紀と狛犬と彼女が使役する妖達とのドタバタラブコメディー!  バトルやシリアス、死ネタも有ります。要注意。微裏表現も有ります!!

れあでんぶじー

山口 海人
作者
山口 海人

 滋賀県長浜市に住む女子高生羽賀愛菜はイケメンの先輩にフラれて、琵琶湖に飛び込んでしまう。そこで助けてくれたのは琵琶湖の妖精と語る自分にそっくりな少女だった。主人公、愛菜と妖精、そして長浜市を巡る壮大な現代ファンタジーが今、始まる。

リリエが行く!長浜ふしぎトリップ

羽矢 りりい
作者
羽矢 りりい

いつでも興味深々、食欲旺盛な変わり者の柳リリエは一人で長浜市へとやってきた。それは父親の出身地であることと、たまに目撃される不思議な現象が噂となっているからだった。パンのいい香りに誘われてまず向かったのは「黒壁商店街」。市民と観光客で賑わうこの街で、彼女は気になる情報を入手する。そう、一度は亡くなっている「歴史人」が今もここで生活しているというのだ。その中にはとんでもない有名人もいると聞いて、リリエはじっとしていられない。すると商店街で同い年の妊婦、アリサと出会う。アリサに頼み事をされた彼女の旅は、思いがけず歴史人との出会いに繋がることになる。更には父の存在も少しずつ明らかになってゆき・・・。美しい琵琶湖も舞台となっている、ちょっぴり感動なファンタジー。

薄明

いなほかえる
作者
いなほかえる

椎名マリエは旅に出た。 受け入れがたい現実と向き合うために、あてのない旅をしていた。 そんなとき、旅路で出会った写真家から一枚の風景写真をもらった。 その写真に写る景色は美しく、マリエはその場所を旅の終着地にすることに決めた。 ―滋賀県長浜市。 そこに写真の場所はあるという。 マリエはバイクを走らせ、一路長浜を目指す。 全てを終わらせるために・・・。

龍雲、はるかに

神倉万利子
作者
神倉万利子

  雅楽の龍笛奏者である橘音弥は、長浜市の最北端に位置する、余呉の町に向かっていた。   そこは他界した母の故郷であり、余呉湖のほとりには、優しい祖父母が暮らしている。  ある朝湖に散歩に出た音弥は、湖畔に注連縄で囲まれた、奇妙な石があるのを発見する。  石碑に刻まれた文から、その場所が湖に昔から伝わる、菊石姫伝説の悲しい物語の舞台である事を知る。 その切ない物語に胸を打たれた音弥は、彼女を偲んで即興で龍笛を演奏する。  その後毎日のようにその場所に足を運び、笛を吹く様になった音弥は、帰京が迫ったある美しい満月の夜、 驚くべき体験をするのだった・・・  美しく幻想的な余呉湖を舞台に、伝説の物語をもとにした心温まる高次元ファンタジー。

掃滅の亡霊と氷の姫君
残酷な表現含む+

夜行性の人
作者
夜行性の人

――貴女は何も世間を分かってはいない。 謎の男から告げられていくセシルの罪と国の変容。 災厄の魔女と恐れられるセシルと、歴史の裏に潜む影が織りなす、革命の序章である。 これは、幸福を求める者の物語だ。

チームIKAの活動を報告します!

ひらめ志津
作者
ひらめ志津

長浜にはたくさんの観音様がいらっしゃってあまりにも有名です。 たくさんのガイドブックもあって、それぞれの地域でみんなの祈りを受けておられますが、 あまり知られていない観音様が小さな在所に大きなお姿で立っています。 観音様の見つめる方角は南東です。貴女の見つめる先は何処ですか? 本当の貴女は今どこにおられるのですか・・・・ を書こうとしている「チームIKA」貴子の話。 (チームYOGOの活動を報告します! 続編) http://45hirame.blog77.fc2.com/blog-entry-564.html

石田三子の謀反

中川瞬希
作者
中川瞬希

 石田みつなり子(仮)というのは、長浜市の宣伝事業である長浜ものがたり大賞のキャンペーンガールで、おそらく石田三成を参考にして造られた架空のキャラクターで、髭と冠が特徴的な女学生だという、誰にでもわかるようなことしかわたしは知らない。  わたしが世間と比べて優位に知っていることがあるとすれば、それは石田みつなり子(仮)がわたしであり、おじさんの造った石田みつなり子(仮)のフィギュアがわたしの身体であるということくらいだ。

転生したら三献茶直前の佐吉だった件

古楽
作者
古楽

定年して史跡巡りを楽しむ最初として、故郷の長浜を訪れた俺。 観音寺山門で意識を失い、気が付いたら秀吉に茶を出す直前の佐吉(石田三成)に転生していた。 長浜駅前で見た出会いの像のように三杯の茶を出そうとするが失敗して市松(福島正則)に殺されてしまう。 しかし、また転生し… 俺の知ってる三献茶はなんだったの?

異世界だと思ったら見覚えのある街だった件

薄氷雪
作者
薄氷雪

流行に乗って異世界に来た主人公は、以前住んでいた街――長浜市と非常によく似ていることに気づく。 そこでは、魚たちが空を飛び、人間を襲っていた! このままでは観光客が激減し、ナーガ・ハーマの活気がなくなってしまう。 彼はこの街を救うことができるのだろうか!? これは、ナーガ・ハーマのサーガ――サガハマ――の物語である。

青春モノクロワールド奇譚

ふぇんりるふぃーあ
作者
ふぇんりるふぃーあ

人が消え、異界化した長浜の街。 血染めの琵琶湖。死んだはずの留が現れ……。 留と兄弟のように育った美は驚愕し、 妹分だった天女はそんな世界の異変よりも、 好意を抱きつつ半年間遠ざかっていた同性の幼なじみ、 羽衣との再会に心を痛める。 この地に伝わる伝承の狭間で4人は異界化した原因を探り、 その中で自らと向き合っていく。

イケメン・長野さんと小人になった石田三成との長浜お祓い旅

美愛
作者
美愛

佐野真由美は長浜駅で彼氏と待ち合わせをしていたが遅刻をした事で振られてしまう。 その時、偶然知りあった長野さんに声をかけられた。 長野さんの肩に乗っている小人に興味を持った真由美は、彼氏と行くはずだった黒壁スクエアに長野さんと行くことになる。 長野さんの肩に乗っているのは石田三成の霊で、長野さんと真由美にしか見えないらしい。 長野さんとみっちゃん(石田三成の霊)は長浜を守るために悪霊を祓っていると聞いて、真由美は長野さんとみっちゃんを癒したいと思うようになった。 長野さんとみっちゃんと仲良くなった真由美は、みっちゃんの長浜をもっと知りたいという願いを叶えるために、長野さんとみっちゃんと一緒に長浜巡りをするようになる。

異世界の魔王が地元萌えの長浜女子に萌え語りをされたようです

井之上みこと
作者
井之上みこと

「俺を呼び出したのは貴様か。望みはなんだ」「私の萌えを! 受け止めてください!!」 念願だった異世界からの召喚を果たした魔王。これでようやく友人たちから未経験者としてあざけりの的にならずにすむと喜んだ魔王だったが、召喚者・観音寺たけおの願いは、彼女の地元である「長浜萌え」を思う存分ぶつけることだった。萌えがなにかも分からないままたけおの話に耳を傾けた魔王は、次第に長浜、そしてたけおの魅力に惹かれていく。

春の願いはあとから叶う

大入冷蔵庫
作者
大入冷蔵庫

神の舞い降りた竹生島には古くから願いを叶える「かわらけ投げ」という不思議な願掛けが伝わっていました。何百年ぶりに鳥居をくぐらせた家族が現れたようです。しかし龍神様は真相がわからず願いを叶えていいのか迷います。願い事は何だったのでしょうか。果たして叶ったのでしょうか。短編です。

清水港の鮪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 動画の閲覧数等をもっと増やしたいと言う七海波音に先輩が行うアドバイスは。

観光客達に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 葵桜玖耶は最近静岡市に多く来る様になった外国からの観光客の人達にも応対していて。

古本屋にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲荷葛葉がアルバイトをしている古本屋ではどんな本もあるがそれはどうしてかというと。

水幽霊の仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生泉樹は幽霊になったが幽霊の世界では知力を頼まれて色々と働いていて。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

善政を敷く領主

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。そして、物語のキーポイントとなる伝説の石が石作玉作神社には祀られています。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。今回、最後は希望の光が見えるようなお話に仕上げることを目標にしています。 そして、皆様に木之本町千田のことを知って頂きたい。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽しさと、そういうものを考えて頂けるような冒険物語に仕上げたいと思います。