Novel
ファンタジー

転生したら三献茶直前の佐吉だった件

古楽
作者
古楽

定年して史跡巡りを楽しむ最初として、故郷の長浜を訪れた俺。 観音寺山門で意識を失い、気が付いたら秀吉に茶を出す直前の佐吉(石田三成)に転生していた。 長浜駅前で見た出会いの像のように三杯の茶を出そうとするが失敗して市松(福島正則)に殺されてしまう。 しかし、また転生し… 俺の知ってる三献茶はなんなったの?

異世界だと思ったら見覚えのある街だった件

薄氷雪
作者
薄氷雪

流行に乗って異世界に来た主人公は、以前住んでいた街――長浜市と非常によく似ていることに気づく。 そこでは、魚たちが空を飛び、人間を襲っていた! このままでは観光客が激減し、ナーガ・ハーマの活気がなくなってしまう。 彼はこの街を救うことができるのだろうか!? これは、ナーガ・ハーマのサーガ――サガハマ――の物語である。

青春モノクロワールド奇譚

ふぇんりるふぃーあ
作者
ふぇんりるふぃーあ

人が消え、異界化した長浜の街。 血染めの琵琶湖。死んだはずの留が現れ……。 留と兄弟のように育った美は驚愕し、 妹分だった天女はそんな世界の異変よりも、 好意を抱きつつ半年間遠ざかっていた同性の幼なじみ、 羽衣との再会に心を痛める。 この地に伝わる伝承の狭間で4人は異界化した原因を探り、 その中で自らと向き合っていく。

小人になった石田三成が長浜の事を知りたがっているので一緒に勉強してみた

美愛
作者
美愛

佐野真由美はデートに遅刻して長浜で待ち合わせをしていた彼氏に振られた時に、偶然見かけた長野智さんに声をかけられる。 長野さんの肩には小人が乗っていた。その小人に興味を持った真由美は、長野さんと一緒に彼氏と行くはずだった長浜黒壁スクエアに行くことになった。 長野さんの肩に乗っているのは石田三成の霊で、長野さんと真由美にしか見えないらしい。 長野さんとみっちゃんは長浜を守るために悪霊を祓っていると聞い

異世界の魔王が地元萌えの長浜女子に萌え語りをされたようです

井之上みこと
作者
井之上みこと

「俺を呼び出したのは貴様か。望みはなんだ」 「私の萌えを! 受け止めてください!!」 念願だった異世界からの召喚を果たした魔王。これでようやく友人たちから未経験者としてあざけりの的にならずにすむと喜んだ魔王だったが、召喚者・観音寺たけおの願いは、彼女の地元である「長浜萌え」を思う存分ぶつけることだった。 萌えがなにかも分からないままたけおの話に耳を傾けた魔王は、次第に長浜、そしてたけおの魅力に惹

春の願いはあとから叶う

大入冷蔵
作者
大入冷蔵

 神の舞い降りた竹生島には古くから願いを叶える「かわらけ投げ」という不思議な願掛けが伝わっていました。かわらけを投げて鳥居をくぐらせた者は龍神の力で願いが叶うといいます。  ある春の日、ウソかホントか何百年ぶりに鳥居をくぐらせた家族が現れたようです。居眠りをしていた龍神様は真相がわからず願いを叶えていいのか迷います。  竹生島の対岸の平方村にはその昔、怪物を退治して村を救った犬がいました。怪物すら

清水港の鮪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 動画の閲覧数等をもっと増やしたいと言う七海波音に先輩が行うアドバイスは。

観光客達に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 葵桜玖耶は最近静岡市に多く来る様になった外国からの観光客の人達にも応対していて。

古本屋にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲荷葛葉がアルバイトをしている古本屋ではどんな本もあるがそれはどうしてかというと。

水幽霊の仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生泉樹は幽霊になったが幽霊の世界では知力を頼まれて色々と働いていて。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

善政を敷く領主

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽し

実は死んでいて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星谷梨羅は一回死んですぐそこで死んでいた自分そっくりの外見の娘と身体が入れ替わってしまった、その娘とその時から交流がはじまりわかったことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

修士の後は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ルティア=カル=クロムウェルは修士となったが彼女に教える教授がさらに勧めるコースはというと。

聖母の神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表の世界では敬虔な聖職者であるエルキュール=ドナーが何故彼女が率いる裏の組織では神はあてにならないと言うのか。その理由は。

殺しはしない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蘇る為に他者から身体を一部であろうとも奪っていく失物奪。その彼が罪を犯そうとも決して犯さない罪は何なのか。

諦めないことが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 村と国の惨状に諦めていたソライ、だがそこである男と出会って彼の考えは変わっていき。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

忠臣への報い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 主に忠実に仕え続けるアイン=ソフ。主がそのアインに与える忠義と働きへのお礼とは。

スクィッドの残り香

熊井 かなた
作者
熊井 かなた

電車の誤乗により長浜駅に降り立った琴美は、烏賊と名乗る不思議な力を持つ男性に出会う。 彼はかの有名な天女伝説に登場する天女を探しているのだという。 そんな彼を手伝ううちに、琴美は長浜にまつわる記憶を思い出しはじめる……。

モンデクール

いなほかえる
作者
いなほかえる

お母さんのお使いで北の大地から長浜にやって来たコロポックルのウパシ。 知らない空をカイツブリで飛び。はじめての街をネズミと駆ける。 故郷とは雰囲気も文化も全く違う土地で、彼女はなにを感じ、なにを思ったのか。 小さなウパシが長浜の街を巡る。のんびり、ほっこりな旅物語。

水の妖精

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自身の国を滅ぼしてから旅を続けるセシル、その彼女が闘技場で出会った少女は何者かというと。

キョンシーの正体

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 LOST=GFに中華街からキョンシー退治の依頼が来た、だが彼がキョンシーの話を聞いて不思議に思ったことは。

魔法を学んで

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 魔法の存在を信じて魔法を学び続けるハルト=ベイカー。その彼女が徹底して気をつけていることは何かというと。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。