Novel
ファンタジー

諦めないことがNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 村と国の惨状に諦めていたソライ、だがそこである男と出会って彼の考えは変わっていき。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

忠臣への報い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 主に忠実に仕え続けるアイン=ソフ。主がそのアインに与える忠義と働きへのお礼とは。

スクィッドの残り香

熊井 かなた
作者
熊井 かなた

電車の誤乗により長浜駅に降り立った琴美は、烏賊と名乗る不思議な力を持つ男性に出会う。 彼はかの有名な天女伝説に登場する天女を探しているのだという。 そんな彼を手伝ううちに、琴美は長浜にまつわる記憶を思い出しはじめる……。

モンデクール

いなほかえる
作者
いなほかえる

お母さんのお使いで北の大地から長浜にやって来たコロポックルのウパシ。 知らない空をカイツブリで飛び。はじめての街をネズミと駆ける。 故郷とは雰囲気も文化も全く違う土地で、彼女はなにを感じ、なにを思ったのか。 小さなウパシが長浜の街を巡る。のんびり、ほっこりな旅物語。

水の妖精

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自身の国を滅ぼしてから旅を続けるセシル、その彼女が闘技場で出会った少女は何者かというと。

キョンシーの正体

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 LOST=GFに中華街からキョンシー退治の依頼が来た、だが彼がキョンシーの話を聞いて不思議に思ったことは。

魔法を学んで

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 魔法の存在を信じて魔法を学び続けるハルト=ベイカー。その彼女が徹底して気をつけていることは何かというと。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。

昼寝三昧

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は恐ろしい妖力を持っている五徳ねこ。その恐るべき彼の暮らしはどういったものなのか。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

エンジェルオブニート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 普段は人間の家でニート生活の天使アルフェリア。その彼女が働く時はというと。

魔界の試験

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フィリア=クロは召喚されて不機嫌全開だった、彼女がどうして不機嫌で口が悪いのかというと。

ピンクの戦車

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 軍の高官達が王女であるピクトリア=パレットに兵器のことで新しい兵器を出してくれる様お願いした。その声に応えてピクトリアが出した兵器はというと。

滅びることのない絆

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヘインを見た若い薔女達は彼女を恐れた、だが彼女達が戦場で窮地に陥った時にヘインが取った行動はというと。

憑く相手

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 興味が持った相手に繁栄を、飽きた相手に破滅をもたらす電々犬。その電々犬に女神が言うことはというと。

謎の古文書

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 種羅は親友である人間のカップルから神代文字の古文書を受け取った、その古文書を解読してわかったことはというと。

石田三成かくれ里 ふるさと古橋ものがたり
残酷な表現含む

古橋 童子
作者
古橋 童子

慶長五年九月十五日、石田三成は挙兵し、豊臣家安泰の為に徳川家康との合戦に臨みました。「関ヶ原の戦い」です。結果は惨敗。関ヶ原の戦いについての著書は多くありますが、敗戦後から処刑までの間にあったことを詳しく語ったものはありません。 石田三成は、現在の木之本町古橋へ逃れ、潜伏していました。たった数日の潜伏でしたが、そこには恩と温があるひとときがあったのです。法華寺三珠院、老院善説、オトチの洞穴、竜泉寺

人間になった理由

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実はカタツムリである大学生ハナ。誰が彼女を何の目的で人間にしたのか。

どこまで大きいのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は巨人であるクラテリスが実家に帰った時にかつて地球にいた恐竜や巨人達の話を聞いたところ。ダイダラボッチについても書かせてもらいました。

倒したくなくても倒す方法

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 妹と共に仕事の依頼であるモンスター退治の場所に赴いた龍燕ライヤ。だがそのモンスターは彼が大嫌いなムカデの化けもので。

星屑を集めて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 男の子が悲しくて泣いていました、ですが男の子の目の前に宇宙からアルネブがやって来て。宇宙人のファンタジーものです。

ブルーベリーへのお礼

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神々はホムンクルスになり外見が変わっても清らかな心のままでいる瞳ねぇさんを観て彼女を救おうとした、そうして彼女のところに赴いたが。

遊牧民のもてなし

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅人が草原でシクと会った。遊牧民である彼の旅人のもてなし方は一体どういったものかというと。モンゴルのお客さんのおもてなしを参考にして書かせてもらいました。

脇差の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 決戦が終わりことも果たした主人公がアズマに別れる時に彼の武器である脇差のことを聞くと何とその脇差は。

犬を引き取って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫樹は犬嫌いだがついついある犬を引き取ってしまった、彼は犬の世話を一切しなかったのだが。

何でもある店

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるパーティーがないものはないという店に入った、その話は本当かとパーティーの各自が超レアアイテムを出してくれと言ったが。

哲学者は静かに思索する

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 テメガノの種族が人間に見付かる前に何処に移住するかと悩んでいた、テメガノがその光景を見て思うことは何か。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。