Novel
恋愛

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽し

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、「この国を見捨てる鬼畜か」「今まで育てた恩義を忘れたか」「他に行っても結局同じだ」と脅され、引き下がるしか無く、壊れかけの心の侭、三時間の睡眠を取る為への帰路途中、名馬トラック号に轢かれ致命傷を負う。その際、違う世界に生まれ変われたら――と願った瞬間、その願い

忘れな草

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

高校2年生のみつきとありさ、そして前川と牧原はそれぞれ様々な家庭の事情を抱えていた。 だが、そんなことに負けない青春の物語です。

太陽と雨

古楽
作者
古楽

究極の晴れ男 究極の雨女 天気に左右される全く対照的な二人の物語。 二人がどうなるのか? 読者の想像にお任せします。

幸残(ゆきなごり)

古楽
作者
古楽

珍しく架空の人物しか出てこない物語です。 未だに恋愛というものはよくわかりませんが、30代の始めの頃に甘いだけの妄想話を書きました。 幕末に近付きつつある彦根城下町。 奉公に出された少年慎は、奉公先で2歳年上の幸と出会う。 店主の娘と奉公人の二人の人生を、幕末維新という舞台で書きました。

恋鬼

古楽
作者
古楽

井伊直弼には忘れらえない兄とその想い人がいた。 幼い時、直弼を可愛がってくれた長兄は彦根藩にとっては荷物のようになっていた。 自らも世捨て人であることを自覚していた井伊直清。 しかし、そのすべてを賭ける恋に落ちる。 井伊家の御曹司であったがゆえに迎えなければならなかった悲劇とは… 幼い井伊直弼が見た物語です。

許嫁には内緒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月ひよりは暗殺者の家の姫である。だが許嫁にはその素性を家単位で隠して付き合っていて。

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

一夜の煌光

夜行性の人
作者
夜行性の人

一年に一度の七夕の願い事――あなたは、何を願いますか?

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。

それを言っちゃあ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今回は京都で働く井伊智子。いつも働いているお店に来ている凛々しいお兄さんを好きになったけれど。

地毛の金髪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 瓜割友美の金髪は地毛だ、その彼女の髪の毛に対するこだわりは。今回は恋愛ものを書かせてもらいました。

兄への紹介

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 出戸まりかは彼氏を家族に紹介しようとしていたがその最大の障壁は。自分のカシキャラを使って書いた作品です。

はりぼての硝子
残酷な表現含む

黒猫鬼灯
作者
黒猫鬼灯

一人の青年が少女を拾うことで物語は動き出す。 全ての点が線に繋がったとき、とんでもない事実が明かされる。

悩みの告白

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 優木愛は彼氏には言えない悩みがあった、その悩みはというと。キャラの設定は一部変更しています。

蒼の英雄
残酷な表現含む

夜行性の人
作者
夜行性の人

息抜きに制作。 少女は、英雄と出会う。

告白自転車

因幡雄介
作者
因幡雄介

ショートショートです。

終わらない片思い

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

小さくて切ない片思いなのです。

テールスープ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天神橋由美が彼氏の為に時間をかけて作るお料理は。カシキャラを使っている作品です。

風紀委員長の恋愛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 生真面目な風紀委員長深江橋みなみは男女交際にも厳しい、その彼女の恋愛はというと。カシキャラ作品です。

箱の中の世界で

夜行性の人
作者
夜行性の人

本物の幸福とは何か。 心に問う――貴方は、幸福であるか。

「あの雲に、手が届きそう」

猫音 みやび
作者
猫音 みやび

今日も僕は、手を伸ばす。

時を超えて君に会いたい。

湖林 虹海
作者
湖林 虹海

レイは両親を事故で亡くし、親戚に引き取られたが親戚の家での毎日の暴力にその心と身体はボロボロだった。 学校の屋上からその身を投げ、目を覚ますと…1000年後の日本だった―――

年下キラーの指輪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 年下の子に告白されることが多くて困っている里香。その里香が考えた解決方法は。大学生を主人公にした作品です。

恋愛は難しい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 難波里奈は恋愛についてまだまだ無知なので勉強していった、だが途中で変な方向に行ったりして。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

夏祭り

夜行性の人
作者
夜行性の人

とある技法の練習に書いたショートショートです

15cmの速度

小海あづさ
作者
小海あづさ

※こちらの作品はカクヨムよりの転載です。 これは、何度失敗しても諦めない恋のお話。 告白は必ずしも成功するとは限りません 例えば、告白しても振られちゃったり もしかしたら、告白に至ることすらできなかったり でも、好きだから。 好きだから諦めない心が実を結ぶこともあると思うんです。 そんな恋のお話を書いてみました。 ※カクヨム編とは少し表現が異なる箇所があるかもしれません (こちらは改

闕けたる月

朝日奈徹
作者
朝日奈徹

月神に激しく恋した巫女と、 その恋にとまどう月神の懊悩。 短く、古典的なロマンスです。

使役者リトラ
残酷な表現含む

見習い孔子
作者
見習い孔子

 彼女は、この世において、最も道徳的といえるだろう。  それというのも、彼女の能力が特殊なために他ならない。否、どちらかといえば、本人の性質の方が大きいのかもしれない。  彼女は、物を操る。  操るだけなら、万人にとっての可能である。  彼女は、使役するのだ。  彼女自身で築き、培った、受動者との信頼によって。  人、動物、花、石。  有機物も、無機物も、皆。  彼女の手中にあるものは、自ずとそう

夕焼け色のかご

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

山間に年老いた父と二人で暮らす品子。 静かな田舎町で静かに暮らす、静かな親子の物語です。