Novel
学生/学園

海無県J(じょし)と、アリウミケンジ

  服部 勇
作者
服部 勇

桜は奈良県在住の、ゲームキャラのコスプレが好きな女子高生。 夏休みが終わる頃、母親に脅されて、長浜市に酒蒸しようかんを買いに行くことになった桜は、とある場所で、行き倒れている小学生・健司を助けることに。 ひと夏のプチ冒険のはじまりはじまり。

れあでんぶじー

山口 海人
作者
山口 海人

 滋賀県長浜市に住む女子高生羽賀愛菜はイケメンの先輩にフラれて、琵琶湖に飛び込んでしまう。そこで助けてくれたのは琵琶湖の妖精と語る自分にそっくりな少女だった。主人公、愛菜と妖精、そして長浜市を巡る壮大な現代ファンタジーが今、始まる。

されど空の深さを知る

在原正太朗
作者
在原正太朗

 これは藍色の日々の話。高校三年生の鹿西燕はまだ暑さの残る九月のある日、日本家屋の離れの欄干に座る国友樹を見つける。初めは危ないと思い使用人である伊部五郎に文句を言う。しかし、樹が長浜から出られないため、「井の中の蛙」と呼ばれているのを知り、興味を持つ。それから、燕は樹に元に通うようになり、樹から星のことについて教えてもらうようになると、二人は次第に恋に落ちる。しかし、高校三年生の燕は進学を控えて

アイドル・ひでよしのマネージャーのみつなりです

かしわぎ
作者
かしわぎ

 滋賀県長浜市に住む大石文。彼女は、男子よりも高い身長。鋭い目つき、低い声を幼い頃からからかわれいつも一人ぼっちだった。そんなある日。有名なアイドル・ひでよし(椎名葵)を鳥の群れから助ける事になる。それが縁で彼女に友達になろうと言われ、みつなりとあだ名を付けられてしまう。そして、葵は文の事を慕いどんな時でも一緒に行動を共にするようになっていく。しかし、文は葵に嫌われるのを恐れ一定の距離を維持してい

森本商店 通称シマヤ

枕豆
作者
枕豆

高月駅東口をでて住宅街をしばらくいったところに一軒の駄菓子屋がある。森本商店、通称シマヤ。その駄菓子屋の通路の奥にある扉を開けるとそこは現実とは少し違う、不思議な「シマ」と呼ばれる空間が広がっていた。滋賀県立虎姫高校に通う男子高校生リュウは、未知の広い世界に踏み込んで人生を進めていく動機を見いだせずにいたのだが、「シマ」という場所で、県外からやってきてシマの店番をす大学生のカスミと交流しながらその

ある夏休みの休日

仲川祐樹
作者
仲川祐樹

「私」は長浜の琵琶湖のほとりにある大学に今年から通い始めた。充実した毎日を過ごしているが、感じるのは変化に対する不安と焦燥感。夏休みのある日友人に誘われて赴いた黒壁スクエアで幼き頃何度もこの地に通っていたことを思い出す。変わるもの変わらないもの。人と街。私は「変わる」ということについて考えていく。

シャミセン☆ロック

狗狛瑞嶺/いぬぶくろ
作者
狗狛瑞嶺/いぬぶくろ

「三味線は座布団に座り、雅にペンペンと鳴らすものだ」  そう考えていた睦月は、商店街の福引きで三味線弦のハツネ糸を当てたことで、その考えを大きく変える。  三味線の講師をお願いした隣のクラスの吉川浩介と一緒に、文化祭に出演することになったが、そこで演奏するのが今まで聞いたことの無い激しい三味線音楽――ロック三味線だった。

長浜戦国まつり 〜冴えない女子高生が火縄銃で賞金30万円を狙ってみた〜

やのゆい
作者
やのゆい

友山アカネは長浜市に住む女子高生だ。 顔面偏差値はギリギリ50。知力体力は平凡。どこにでもいる冴えない女子高生である。 そんなアカネが祖父に勧められ「長浜戦国祭り」で行われる「姫武将コンテスト」に出場することになる。 目指せ、優勝賞金30万円! しかし、美少女コンテストの類だと思っていた「姫武将コンテスト」は、技と力を競う戦国バトルだった。 戸惑うアカネだが、ビーム火縄銃を手に彼女は戦う。 アイド

青春モノクロワールド奇譚

ふぇんりるふぃーあ
作者
ふぇんりるふぃーあ

人が消え、異界化した長浜の街。 血染めの琵琶湖。死んだはずの留が現れ……。 留と兄弟のように育った美は驚愕し、 妹分だった天女はそんな世界の異変よりも、 好意を抱きつつ半年間遠ざかっていた同性の幼なじみ、 羽衣との再会に心を痛める。 この地に伝わる伝承の狭間で4人は異界化した原因を探り、 その中で自らと向き合っていく。

目標とする人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 まだまだ未熟な忍者伊賀乃才蔵、だが目標とする人はあまりにも偉大な人で。

全教科で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 全教科追試となった嶋澪浬。このピンチを乗り越えられるのだろうか。

人間はチョコレート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天井モモカはチョコレートが大好きだ、そしてそんなモモカの周りでも。

出来の悪い弟

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生綾人は自分が双子の兄と比べて出来が悪いと思っている、だがその実は。

かえって減って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太ったのでダイエットをはじめた東雲梓、そこで彼女がわかったことは何なのか。

下着へのこだわり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 派手なファッションの怒来源菜の下着はどんなものかというと。

山奥の家

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

抜擢

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 坂下祐貴がその役に抜擢されたのはどうしてか。今回はミュージカルを書かせてもらいました。

星のパイロット

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星の王子様の作者が最後に乗っていた機体のプラモを観て想いに耽る樫之浦琉星が女の子に言われた言葉はというと。

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

修士の後は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ルティア=カル=クロムウェルは修士となったが彼女に教える教授がさらに勧めるコースはというと。

上官の勧め

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 乱原るうが上官に士官学校へ行くことを勧められた、るうの下す決断や如何に。

忘れな草

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

高校2年生のみつきとありさ、そして前川と牧原はそれぞれ様々な家庭の事情を抱えていた。 だが、そんなことに負けない青春の物語です。

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

お父さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 向日ヒナタが暮らしている家、そこには同居人の老人がいる。老人がヒナタの担任に話すことはというと。

駅にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 吉川郁美はかなりエロな先輩に案内されて日本屈指の大都市の駅に行った、そこで郁美が撮るものは。

将来の進路

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 登瑛戸が過酷なことで知られているレンジャーに進むことを希望している理由はというと。

鎌使いの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自称宇宙一可愛い周アネモネの武器は鎌、彼女はどうして鎌を使うことを得意としているのかというと。

スイーツ鍋

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐藤ゆいこが友人達をお菓子の鍋を食べる食卓に招いた理由は何か。甘いものと笑顔とその裏にあるもののお話です。