Novel
現代

蘇れ東北

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤杢ぎばやが仙台に来て復興を実感出来たのは人々の笑顔と。

春の願いはあとから叶う

大入冷蔵庫
作者
大入冷蔵庫

神の舞い降りた竹生島には古くから願いを叶える「かわらけ投げ」という不思議な願掛けが伝わっていました。何百年ぶりに鳥居をくぐらせた家族が現れたようです。しかし龍神様は真相がわからず願いを叶えていいのか迷います。願い事は何だったのでしょうか。果たして叶ったのでしょうか。

清水港の鮪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 動画の閲覧数等をもっと増やしたいと言う七海波音に先輩が行うアドバイスは。

憎まれない敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ドカユキンは各地のヒーローに戦いを挑んでいる、だが最近断られ続けているのはどうしてなのか。

青空の下で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 青ビールと青魚の刺身が好きな縹葵に彼女が働いている店の客が勧める食事の楽しみ方はどういったものかというと。

二色ヘア

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 皿踊ののこはその奇抜なヘアスタイルの為にかなりの時間と労力をかけている、しかしそんなことは気にならないのがどうしてか。

目標とする人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 まだまだ未熟な忍者伊賀乃才蔵、だが目標とする人はあまりにも偉大な人で。

鯖は偉大デス

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 嶺南ミカミちゃんが災害救助ばかりで疲れ切っている海上自衛隊の人に差し入れにと選んだお魚はというと・

Blue and Black

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

諸天めしあが青薔薇と黒百合というそれぞれ変わった花を愛する理由は何故かというと。

百貨店の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾市に住むエルフ本野まいながかつて八尾市にあった西武百貨店に思うことは。

サボテン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柳翠が緑が好きなのを見て彼女の友人は自分の部屋にサボテンを置いてみたが。

赤ワインとレアステーキ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紅茜と仲良くなりたい客が彼女を食事に誘うと茜が行きたいと言ったお店は。

逃げ切った先

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 カルラ=バーテルスは弟と共にジャングルの中に入った。そこで彼女が弟と共に出会ったのは。

全教科で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 全教科追試となった嶋澪浬。このピンチを乗り越えられるのだろうか。

人間はチョコレート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天井モモカはチョコレートが大好きだ、そしてそんなモモカの周りでも。

古本屋にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲荷葛葉がアルバイトをしている古本屋ではどんな本もあるがそれはどうしてかというと。

仁義なきもふもふ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 バーの用心棒ジジカ=フレンチ。彼女の過去はどういったものかというと。

水幽霊の仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生泉樹は幽霊になったが幽霊の世界では知力を頼まれて色々と働いていて。

出来の悪い弟

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生綾人は自分が双子の兄と比べて出来が悪いと思っている、だがその実は。

かえって減って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太ったのでダイエットをはじめた東雲梓、そこで彼女がわかったことは何なのか。

オーストラリアの思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐伯涼が妹に学生時代に行ったオーストラリアのことを聞かれて話すことはというと。

副業

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーズはモデルになった、どんな服でも嫌な顔一つ見せず着て仕事をする彼女だが。

下着へのこだわり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 派手なファッションの怒来源菜の下着はどんなものかというと。

山奥の家

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

純情ロボットガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 花渚ロボが通っている学校の部活に誘われてそこから経験することは。

充分な幸せ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 兄と共に日本に帰ることが出来たマルシェ。その彼女が大変な状況の中でもいつも笑顔でいられる理由は。

謎のロイヤル=ネービ―士官

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 観艦式で年配の人達が若い頃に見た人がいるという謎の海軍士官、その正体はというと。

どういう苦手か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 すっぽんが嫌いなザン=アディ。だが何とすっぽん鍋を美味しく食べて。

偏食注意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 デブガマンは医者に偏食のせいでこのままだと死ぬと宣告された、彼は死にたくないと思って。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。