Novel
コメディ

告白自転車

作者
因幡雄介

ショートショートです。

浪速っ娘気質

作者
坂田火魯志

 谷四妙子は気風がよく人情がある。江戸っ子みたいと言われるのが嫌だがそれでも浪花節と言われると。自作のカシキャラを書かせてもらった作品です。

電気風呂

作者
坂田火魯志

 谷六光は電気風呂が苦手だ、だがその光がお風呂上がりの母を見て思ったことは。自作のカシキャラを書かせてもらった作品です。

山嵐

作者
坂田火魯志

 谷九明子はよく山嵐を使えるタコ足を羨ましいと言われていた、だが実際のところは。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

兄からのプレゼント

作者
坂田火魯志

 中崎真希はいつも兄のことをあれこれと言っている、しかしその兄からプレゼントを貰うと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

体重の秘密

作者
坂田火魯志

 高殿若菜は自分の体重が気になっていた、その彼女が気付いた自分の体重の秘密とは。

コスプレ衣装

作者
坂田火魯志

 千林佳奈は友人達とコミケに着て行く服を選んでいた。どうしても決まらなくて佳奈が決める為に取った最後の手段は。

天然のあざとさ

作者
坂田火魯志

 野江麻友はよくあざといと言われる、そのあざとさはというと。自分のカシキャラを使った作品です。

助っ人として

作者
坂田火魯志

 大日美奈代は同僚と一緒にバイト先に急遽助っ人として出勤した、その仕事は大忙しだったけれど。カシキャラ作品です。

歴女の苦労

作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は同じ歴史研究会の部員とロシアの歴史、特に芸術について言い負かされた。それで悔しくてロシア文学の歴史を徹底的に勉強したが。カシキャラ作品です。

追い込み

作者
坂田火魯志

 住之江百合は部活の同人誌の執筆に必死になっていた、その命賭けの執筆の様子はというと。カシキャラ登場作品です。

風紀委員長の恋愛

作者
坂田火魯志

 生真面目な風紀委員長深江橋みなみは男女交際にも厳しい、その彼女の恋愛はというと。カシキャラ作品です。

箱の中の世界で

作者
夜行性の人

本物の幸福とは何か。 心に問う――貴方は、幸福であるか。

黒下着故に

作者
坂田火魯志

 玉出恵理香は服装や外見からは想像出来ない色気がある、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

お化け屋敷だけは

作者
坂田火魯志

 花園郁恵は文化祭のクラスでの出しものに大嫌いなお化け屋敷をすることになって大反対だった、それで作業には参加したが。カシキャラ作品です。

夢に出る人

作者
坂田火魯志

 北巽伊代は古典から自分を好きでいてくれている人が夢に出ると思った、だが夢に姉が出て来て。カシキャラ作品です。

メタモルフォーゼ

作者
坂田火魯志

 小路陽菜は地味そのものの外見だ、だが友人達と母親のアドバイスに従って服装や髪型を変えてメイクをしてみると。カシキャラ作品です。

ギャル巫女

作者
坂田火魯志

 ギャルな外見の新深江友美が何と巫女のアルバイトをはじめた、その友美の評判と彼女の内面は。カシキャラを出しています。

目標でありライバル

作者
坂田火魯志

 西梅田沙綾は祖父を尊敬していると共に大嫌いであった、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

ラッキーカラー

作者
坂田火魯志

 桜川美優は自分のラッキーカラーは赤だと考えいつも赤いものを身に着けている、しかし友達がその彼女を見ると。カシキャラ作品です。

お金はいつも

作者
坂田火魯志

 あびこ曜子はお金が入るといつも使ってしまう。ただそれでも守っていることはというと。拙作のカシキャラを自分で書いてみました。

半ズボンの裾が

作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は体育や部活の時に半ズボンが短くて裾がめくれると下着が見えそうになるのを気にしていた。それで先生にこのことを言うと。

年下キラーの指輪

作者
坂田火魯志

 年下の子に告白されることが多くて困っている里香。その里香が考えた解決方法は。大学生を主人公にした作品です。

猛虎万歳

作者
坂田火魯志

 野田聖子は阪神タイガースの黄金時代到来を心から願っている、だがそれは可能なのか。阪神タイガースを扱った作品です。

漱石より三島由紀夫

作者
坂田火魯志

 大国ゆきえは姉妹達と夏目漱石について話していた、作家としてはともかく人間としての漱石は。カシキャラを自分で書いてみました。

名キャッチャー

作者
坂田火魯志

 八尾彩がダイエットをしない理由は何故か、それは彼女の部活でのポジションに理由があった。

ドールハウスが好きで

作者
坂田火魯志

 長原知美はドールハウスを買う為にアルバイトをはじめようと決意した、採用の時点から苦労したが。

恋愛は難しい

作者
坂田火魯志

 難波里奈は恋愛についてまだまだ無知なので勉強していった、だが途中で変な方向に行ったりして。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

悩みは肩凝り

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

気になっていて

作者
坂田火魯志

 平野恵は自分の太めの脚と身体を気にしていた、それで食事も変えて運動量も増やしてダイエットをすると。カシキャラの作品です。