Novel
戦争/バトル

ヨタカとライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヨタカはライバルである森の鹿のボスといつも知恵比べで争っています、その鹿のボスが風邪にかかった時ヨタカがすることはというと。

交流して

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルカード=リュベル=ヴァロワはある東の端の国から来た士官学校の候補生達と交流した、そこで彼が見たものはというと。

薔薇騎士団

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ビクトリエ=ファラージュは王から女だけの騎士団の編成を命じられた、多くの者達が女だけの騎士団で戦えるのかと思ったが。

正義戦士ジャスティスマン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今日もジャスティスマンとしてフォークマンズと戦う正義サトシ。だが敵の首領の正体は。

電気少女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 電気の力で戦う前園みゅうに対して敵の組織は怪人達の耐電コーティングを施したうえで倒しにかかった、この難局にみゅうはどう対するか。

一騎当千の災害殺し
残酷な表現含む+

紅十字
作者
紅十字

災害を引き起こす化け物、災害因子(カラミティア)。その存在が明らかにされ、早十年。それを殺す職業、魔法師が生まれたことで人類は生き延びてきた。 日本に十二と存在する最高峰の魔法師。その序列第十位として、史上最年少で十二神将となった少年、如月千風(きさらぎ ちかぜ)。彼は国内でもエリートしか入ることの許されない学園へと極秘任務で潜入することになる。 神、悪魔。天使に人間。様々な種族の数多の思惑が交錯するとき、世界は破滅の一途をたどる。 ――これは今日を殺して明日を生きる、血塗られた手で必死に前へ進もうとする少年少女の物語。

修行中であるが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小学生ながらも大阪市長である大阪幸雄。彼の活躍ぶりはというと。このキャラのモデルは敬愛する西本幸雄さんです。

大きな身体でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大正喜平次はいじめの話を聞いた、普段優しい彼が取った行動はどういったものかというと。筆者はいじめをする連中は徹底的に制裁を与えるべきと考えています。

吹き荒れよトルネード

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 港英雄は自らの力である竜巻を滅多に使わない、それは何故なのか。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

はりぼての硝子
残酷な表現含む

黒猫鬼灯
作者
黒猫鬼灯

記憶をなくした少女とそれを拾った独りの青年の物語。 少女は何故記憶がなくなったのか、そして何者なのか。その記憶に眠るのは……

漢道

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野当直は不良だが毅然としていて男らしい。その彼の心の根底にあるものは何か。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

大雨の中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 苦手な大雨の中での戦いとなった東成ガス太郎、果たしてガス太郎はその戦いに勝てるのか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

どんな汚れも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大和川から全身ヘドロだらけの怪獣が姿を現わした、城東バブルは怪獣の身体を奇麗にしてからその訴えを聞いた、その訴えは。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

気は優しくて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東淀川マンモスはとても優しい、その優しさは戦いの時も出て。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

喧嘩は弱いが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南蛸一は喧嘩は誰にも勝てない位に弱い、だがその弱い彼が大阪を護る戦士であるのは何故か。今回はちょっと変わったヒーローです。

橋の守護神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大淀橋女は大阪の人達が利用する橋を少しでも丈夫なものにしようと日々努力している、その努力が実って大阪の橋達は恐ろしい台風が来ても全て無事だった。だが橋女がその時に思ったことはというと。

目標でありライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西梅田沙綾は祖父を尊敬していると共に大嫌いであった、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

動物園の過去

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 動物園好きな美沙子はよく天王寺動物園に行く、そして動物園で絶対に行く場所は。大阪の歴史の中での悲劇を書かせてもらいました。

近未来(SF)西遊記
残酷な表現含む

一緒に創作活動しませんか? とりあえず近未来西遊記♡
グループ
一緒に創作活動しませんか? とりあえず近未来西遊記♡
作者
おおぬき たつや

自作のライトノベル、はてブでおっぱじめていきなりつまづいてます♪ 挿絵をまともに描くヒマがありません…! ま、おはなし自体もかなりおざなりに見切り発車してるんですが♡ オリジナルの西遊記はどこへやら、完全創作のわちゃわちゃしたシリアスコメディ…になる予定です♪

イレンシ~壱~ case3 山の熊さん後編

ホージー
作者
ホージー

前回、依頼で山近くの村へと向かった鹿神と竹田。 そこでは人間が山に吸収されたり、喋る熊が現れたりで もう既に竹田の頭が付いて行けない状態に。 そして更に拍車をかける様に次々と不可解な出来事が起こる!

After Dayz

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

いつか、私たちは本当の自由に届くことが出来るのだろうか。 これは、少年少女の成長と日常を描く、言葉の物語。

成敗! ジャスタイガー
残酷な表現含む

tanaka
作者
tanaka

私なりに考えた、いわゆる『ぼくのかんがえたさいきょうのヒーロー』です。 昔、自作の漫画として書いていたものをノベライズしました。

法陣都市と理の司書
残酷な表現含む

blackletter
グループ
blackletter
作者
虹元喜多朗

〝量子コンピュータ〟と電気回線が記す、〝魔法陣〟の内側に存在する〝法陣都市〟。  小笠原諸島に所在を置く人工島〝黎明島〟。その上に造られた街で暮らす〝月詠政〟は、〝近代儀式〟の管理者を目指していた。  ある日、彼は一人の少女と出会う。  彼女の名前は〝ドグマ〟。〝魔導司書〟と言う〝魔導書〟の保有者だ。

人類存続の答えは政略結婚でした
残酷な表現含む

あっと特命
作者
あっと特命

いつからか始まった、種族間で争われた戦争。 他種族を圧倒する力を持つ『魔族』によって、人類は崩壊の意図を辿って行った。 そんな中、人類は政略結婚を魔族と行うという答えにたどり着いたのだがーーとある理由により本来選ばれるはずの貴族が選ばれることはなく、それまでただの農民だった『ナウロ』が結婚相手となってしまった。 ナウロは一体この先、どうなっていくのだろうか。 種族の垣根を越えた物語。

マイソシア・クロニクル─火砕竜牙─
残酷な表現含む

星宮白兎
作者
星宮白兎

─Mythosial chronicle─ 「僕はいったい何なんだ?」 緑萌える丘に立つ少年は幾度となく考える。 自分は化け物と呼ばれていた。だけど母親だけは化け物じゃないと言ってくれた。 見えないものを見ようとして、触れられない者に触れようとして、少年は世界の不思議を追い求め、旅に出る。その先にあるものが『滅び』であると知らずに。 ===== 刀剣が出てきますので暴力シーン・残酷な表現があります。ご了承ください。 【すべては『世界軸』を中心に、壊れ創られる。 無に帰し、有が発ち、あるべき形の完成を目指す世界での話。 これは、膨大なページのたった1ページにも満たない物語である。】 よろしくお願いします。 =====

遠い落日

カシキャラ作品コンテスト
グループ
カシキャラ作品コンテスト
作者
九条寓碩

【エンジェル・エランド file #000】 女だなんて思ったことはない。あんたは俺にとって、それ以上の存在だ。

アナザー世界の能力者

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

その異世界は一人一人が能力者(アビリット)となり、それぞれ個性にあった能力を得る事が出来た。能力者達は得た能力で執行遠矢(しぎょうとおや)戦いを挑むも敗れ、世界は崩壊の危機にあった。 執行遠矢の暴走を止めるべく、新たな作戦に出た能力者達はある人物に助けを求める事を決意する。 その人物とは、日々自堕落な生活を送っていた、もう一つの世界の執行遠矢(しぎょうとおや)だった。仕事に苦しまされていた遠矢にとってはむしろ好都合だ。異世界に飛んではみたものの思い描いていた理想とは違い、街は廃墟と化し、崩壊寸前であった。更には、世界を壊滅させた当事者が異世界の自分だという事実を叩き付けられ、周囲からは白い目で見られる。 果たして世界を崩壊させた執行遠矢を、自堕落な生活を送ってきた執行遠矢に止めることができるのだろうか。

シンメトリーファンタジア
残酷な表現含む+

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

二人の数奇な出会いは、運命という幕を開ける―― 観光名所として創られた人工島、宮島。 そこは特需景気をきっかけとして一時的に繁栄していたが、開発の断念によって旧市街だけが残されていた。 そんな島で起きた一つの事件は、やがてこの島を揺るがす凶悪事件へと発展していく。

ジゴクカリンネ
残酷な表現含む

八子 棗
作者
八子 棗

粘着質な水音が近付いてきたら、決して足を止めてはならない。振り返っていいのは、水音が止んだ時だけだ。忠告を無視すれば、お前はその水音の仲間入りをするだろう。 ……夜の帳に包まれた、パルス共和国の王都の路地裏に、一人の男の姿があった。男の左肩が蠢いている。よく見れば、それが顔であり、意思を持った何かの寄生した痕だということが分かるだろう。 ……男の名前はニスタ。災厄の男として指名手配を受ける、重罪人である。

灰色の勇者たち ▲▲▲‐グレードランス‐▼▼▼
R-18残酷な表現含む

三鷹キシュン
作者
三鷹キシュン

 魔王・竜王・冥王・霊王・覇王・焔王の六王が支配した世界‐イグザリア‐。  人間たちは二千年にも及ぶ王同士の大戦に巻き込まれながら果てしない戦場を闊歩していた。しかし突如戦争は終結を迎える。 ひとりの人間が神によって選ばれ、大いなる力で六王はそれぞれ支配していた領地に封印した。 時は流れ…六王の支配からさらに二千年後。世界は人間たちが統治していた。 人間たちはギルドを築き、今でも六王が解き放った魔物たちとの戦いに明け暮れていた。そんな中、全身薄汚い溝色のローブを着こんだ人間が出禁領地「虚ろな森」から現れた。その人間の目は常人のものでないことは一目瞭然。 オッドアイ、片眼は確かに人間の持つ青い瞳だがもう片方は魔物が持つ赤の瞳だった。