Novel
ミステリー

合理的な博士

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

合理的なものこそ正しく、非合理な人類を認めないN博士は生物を滅ぼし、全てが合理的な世界を創ろうとしていた。そして数年が経ち、N博士は合理的なロボットを作り上げる。果たしてN博士は、ロボットと共に生物を滅ぼし、合理的な世界を創り上げる事が出来るのだろうか。

倉庫

かんほくと
作者
かんほくと

エーテルって何かなーと思って書いてた気がします。 昔の短編。

役場の駐車場

かんほくと
作者
かんほくと

妄想作品。 過去の短編。

湯呑茶碗

かんほくと
作者
かんほくと

時間の感じ方について、こんな考えどうかしらという作品。 過去の短編。

甘いケーキと、苦い涙。
残酷な表現含む

詩田万葉
作者
詩田万葉

ちょっと変わった女の子と、 ちょっと変わったお母さんの話。

錆付いた鎖の先に

OSAMU
作者
OSAMU

急速に発展している「進化系サービス」の終極を暗示した結末です。

魔術師捜査官

佐藤ナツ
作者
佐藤ナツ

――この時代には五種類の人間がいる。 いい人間と悪い人間、いい魔術師と悪い魔術師、 そして…人間か魔術師かすらもわからぬ者。 世界は魔術という特殊能力を使える人間、『魔術師』の起こす犯罪に頭を抱えていた。 そこで…平和を守ろうと奮起する者たちは彼らを抑止するために警察にとある公安課に係を設ける。 ――特殊捜査係……それは『魔術師』による犯罪を『魔術師』が取り締まる捜査官、魔術師捜査官がいるところ。 18歳で警官になった少女、五井星乃。 とある女性、春宮留美の盗難された荷物を取り返す。 その出会いが、彼女を…魔術師との戦いへと引き込んでいく。

不味い

かんほくと
作者
かんほくと

食べることと生きること こんなラーメン屋があったらおもしろいなと思って書いた短編

西高入口

かんほくと
作者
かんほくと

自分の高校に近いところにあった、かき氷屋さんの記憶から書いてみた短編

『F』

かんほくと
作者
かんほくと

花火と宇宙人についてのお話 恋の意味とは何だろうと思って書いたのです

真夜中の初恋〜月光のロンド〜

古本屋エフ
作者
古本屋エフ

僕は眠れない夜に向かって呪いの言葉を吐きながら、真夜中の公園のブランコに腰掛けると、両足で地球を蹴った。

赤き夜の洗礼

古本屋エフ
作者
古本屋エフ

赤い月の夜、俺は出くわしてしまった。 それは悪夢のような事件の幕開けだった……!

大泥棒

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

何でも盗み出す事のできる大泥棒ホワイトはある依頼を頼まれた。ある会社から大金を盗み出せとの事だ。果たしてホワイトは依頼を遂行する事が出来るのだろうか。

不気味な四棒

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

歩いた場所には三人の不気味な男が立っていた。 のっぺらぼう、口裂け男、三日月男。 喉が渇いていたので、三人の男に水の場所を聞くも、中々思っていた場所にはたどり着けず、ついにはこの三人が嘘をついてるのではないかと疑ってしまう。果たして彼は水を飲む事は出来るのだろうか。

古本屋の小さな悪魔

古本屋エフ
作者
古本屋エフ

駅前にあるうらぶれた古本屋には、誰も知らない奇妙な古書があった……。

大阪都物語

高木慎哉
作者
高木慎哉

大阪は果たして、大阪都になるのか? そんなみんなの疑問を小説にしました! 果たして、この作品はウケるのか? まぁ、まずは試してみましょう! 果たして、この作品は世の中に受け入れられるか? 超先進的作品です。 大阪を舞台にした、世界との融合を詠います。 世界における大阪とは? 大阪は今、世界的にどの位置にいるか? だいだい的に宣伝しちゃって下さい! 果たして、大阪は主役になれるか!?

時空の果てまで飛んでいけ

高木慎哉
作者
高木慎哉

大原翼は、ジャニーズのアイドルを目指していた! しかし、中々ジャニーズに入れずに、旅に出る! そして、世界の多くの人と出会い、色んな事を学んでいく。 そして、寺川優希と出会う。 二人は恋をし、未来に時空を翔けていく!

太陽の現世

かんほくと
作者
かんほくと

空に瞬く星は、輪廻を終えた人間の魂の姿だそうです そんなことをきいて書いた詩

ひじき草

かんほくと
作者
かんほくと

日常と夢の境はあいまい 忘れている夢があるかも?

階段

かんほくと
作者
かんほくと

階段というお題で昔書いた作品 階段から連想するものとは・・・

裏切りボタン

コルフーニャ
作者
コルフーニャ

赤と青のボタン、どちらかを選択しなければならなくなった 主人公。その選択は運命を揺るがすのだ。

あかずの森の赤ずきん
R-18

乙木紬
作者
乙木紬

青年が目を覚ますと、そこには暗い森と赤いずきんの少女があった。 記憶喪失の青年『ななし』が迷い込んだのは『あかずの森』。 そこにあるのは 永遠に訪れぬ朝。永久に見つからぬ出口。 人を殺し、犯す、恐ろしい『おおかみ』達。 そして、赤いずきんを被った謎の少女『赤ずきん』。 『あかずの森』とはなんなのか。 『赤ずきん』は何者なのか。 『ななし』はどうして森に迷い込んだのか。 『おおかみ』達から逃れる事はできるのか。 謎だらけの森を彷徨う、様々な人々が繰り広げる、ちょっぴり残酷なファンタジー。 あなたは『あかずの森』から逃れられますか?

担々麺を大盛りで

がってんたぴおかまる
作者
がってんたぴおかまる

主人公は壮年の男、鮑海人斗(あわびあまと)。親会社からの命令で、東京・赤坂にあるジョイント・ベンチャーで働くことに。 しかし、その出向には裏があった。政財界の大物、裏社会のドンと言われる人物の肝いりで、鮑は赤坂に赴任していたのだ。赤坂には在京キー局や主要企業のオフィスが多数あり、溜池山王まで行けば、首相官邸もあり、そのすぐ奥には国会議事堂がある。権力の伏魔殿、それが赤坂なのである。 繰り返す。赤坂には欲望と危険がありふれている。特殊な事情を持つサラリーマン鮑が出向先で繰り広げるクライムコメディ。 彼の運命、そして狙いとは。鮑が物語後半に知る、驚愕の真実とは。

あかずの森の赤ずきん
R-18

乙木紬
作者
乙木紬

青年が目を覚ますと、そこには暗い森と赤いずきんの少女があった。 記憶喪失の青年『ななし』が迷い込んだのは『あかずの森』。 そこにあるのは 永遠に訪れぬ朝。永久に見つからぬ出口。 人を殺し、犯す、恐ろしい『おおかみ』達。 そして、赤いずきんを被った謎の少女『赤ずきん』。 『あかずの森』とはなんなのか。 『赤ずきん』は何者なのか。 『ななし』はどうして森に迷い込んだのか。 『おおかみ』達から逃れる事はできるのか。 謎だらけの森を彷徨う、様々な人々が繰り広げる、ちょっぴり残酷なファンタジー。 あなたは『あかずの森』から逃れられますか?

蛍光灯

かんほくと
作者
かんほくと

偶然に関する感動について

チキン

かんほくと
作者
かんほくと

自己肯定感について考えてみた短編

蕎麦屋

かんほくと
作者
かんほくと

現実世界ってほんとうに現実なのかな 仮想と現実のあやうさを表現した短編

クリップ

かんほくと
作者
かんほくと

狂気と正気の接点を考えてみながら書いた短編

かんほくと
作者
かんほくと

家って何だろう 感覚的に書いた短編

かんほくと
作者
かんほくと

都会の駅員さんは大変だなと思いながら書いた短編

123