Novel
イケメン

抜擢New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 坂下祐貴がその役に抜擢されたのはどうしてか。今回はミュージカルを書かせてもらいました。

別の形で復帰

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 風張光人は今は音楽活動から離れている、だがその彼にゲーム部の部長が声をかけてきて。

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

和洋の折衷

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マツ=ルドリーはコーヒーが好きでしかもお餅も好きでそれで両方共楽しんでいて彼女の兄にも紹介して。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

思わぬ変化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 剣士であり軍人であろうとする王女フラム、その彼女を見た東の島国の皇子が彼女に会うにあたって言うことは。

アラサー女の家族

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 和泉瑞樹のプライベートは謎に包まれている、彼女自身だけが知っているものだがその内容はというと。

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、「この国を見捨てる鬼畜か」「今まで育てた恩義を忘れたか」「他に行っても結局同じだ」と脅され、引き下がるしか無く、壊れかけの心の侭、三時間の睡眠を取る為への帰路途中、名馬トラック号に轢かれ致命傷を負う。その際、違う世界に生まれ変われたら――と願った瞬間、その願い

諦めないことが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 村と国の惨状に諦めていたソライ、だがそこである男と出会って彼の考えは変わっていき。

お父さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 向日ヒナタが暮らしている家、そこには同居人の老人がいる。老人がヒナタの担任に話すことはというと。

敵は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 オプノバが台風の災害救助に仲間達と赴きそこで深く学んだことは何かというと。

石頭

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大代吟次が不本意ながら騒動に巻き込まれてしまって嫌々ながらもならず者達に立ち向かっていく羽目になって。

三十三歳独身

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 獰猛な猫母、しかしその彼女が後輩達に語る言葉は意外に家庭的でその生活も。

ブルーリーダー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月詠星司はユニット加入が最後でもリーダーに選ばれた、その彼が見せるリーダーぶりはというと。

麺打ちの極意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 畑中麦のクラスは文化祭でラーメン屋をすることになった、麺の達人ということで皆に頼られた麦が言い行うことはというと。

性格美人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 持田千香子は友人達に勧められて効果的なダイエットに励んだ、その結果スタイルがよくなった彼女だったが。

スポーツ推薦の為には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柴田宙丸は学業の悪さから大学にはスポーツ推薦で進学することになった、その時宙丸が担任の先生に言われることは。

アニメ主題歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大人気インディーズバンドGemini。メンバー全員が小柄な為メジャーデビュー出来ない彼等のところに声優事務所の人が来て。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

白詰襟の苦悩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海上防衛隊幹部の夏の礼装であり白と金の詰襟が似合う山本七八。だが彼女自身がその服に思うことは。

マジピンチな時には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 困っている人をいつも茶化す今井つつじ。だがその人が本当に困っている時に彼が取る行動はというと。

身体を怪我しても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いつも身体の何処かを怪我しているボロ子さん。けれどその身体の怪我を大したことがないという理由は。

得意料理は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 土居ちゃんは友人達と楽しく飲み食いしていた、その中でこれといった食材がないがその食材達を見て土居ちゃんが言うことは。

思えば昔のこと

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 モスクワの居酒屋でユーリィはある青年と親しくなった。その青年にウォッカを飲みつつ語ることは。

玉座と血

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今も玉座を狙う叔父。その叔父に対してマツリカが行う政略はというと。政治のうえでの戦いを書いた作品です。

かんざし売りの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫蓮は忍者仕事よりも相棒と一緒に大坂で営んでいるかんざし売りの方が忙しくなっている、その彼女の日常はどういったものか。

遊牧民のもてなし

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅人が草原でシクと会った。遊牧民である彼の旅人のもてなし方は一体どういったものかというと。モンゴルのお客さんのおもてなしを参考にして書かせてもらいました。

魅惑のハンバーグ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月とユニットを組む朝熊日向の今回の仕事は大好物のハンバーグの食べ歩き。果たして彼はどれだけのハンバーグを食べられるのか。

NGの仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 色々な仕事が出来るアイドル如月夕也がどうしても駄目な仕事は何か、今放送中の某ホラーアニメを観て書かせてもらった作品です。

脇差の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 決戦が終わりことも果たした主人公がアズマに別れる時に彼の武器である脇差のことを聞くと何とその脇差は。

123