Novel
美少女

龍雲、はるかに 第三章継承 後編

神倉万利子
作者
神倉万利子

 龍神界で黒龍王から託された使命を受け入れる事に決めた、音弥と珠里。 二人は神聖な泉のある場所へと案内される。その泉の水は天界からの恵みが 含まれている、特別な水だった。それを飲んだ二人は再び元気を取り戻す。  その後、広間に戻った二人は黒龍王から驚愕の事実を聞かされる。 それは余呉湖の龍神である菊石姫の運命に関わる重大な問題であった。 ショックを受ける音弥・・・  幾多の困難を乗り越えて、二人は無事に帰還することが出来るのか? そして菊石姫の運命は?  遂にクライマックスを迎えた高次元ファンタジー龍雲、はるかに の第三章、最後の物語。

龍雲、はるかに 第三章 継承 前編

神倉万利子
作者
神倉万利子

 雅楽龍笛奏者の橘音弥と天眼の巫女、雨宮珠里は余呉湖の龍神に導かれて 異界へと続く道に足を踏み入れる。たどり着いたその場所は龍神達が支配する 龍宮の城であった。そこで二人は偉大な力を持つ黒龍王と対面する。  そして彼等は龍神界と人間界との関係を知らされて、特別な使命を言い渡される。 それは新たな次元に向かって変化する、これからの時代を生き抜いて行くための 大切な役割であった。  果たして二人はその使命を受け入れる事が出来るのか?  長浜ものがたり大賞・奨励賞を受賞した異世界ファンタジーが 新たな局面を迎える、第三章のはじまりの物語。

ラズリ
R-18

tplovedoll
作者
tplovedoll

ラズリ 人造人間18号145cmラブドールアニメ風フェイス

龍雲、はるかに 第二章 火竜 後編

神倉万利子
作者
神倉万利子

  雅楽龍笛奏者の橘音弥は深夜、故郷の恩人である轟宗次郎からの電話で、余呉湖にある目玉石が  何者かの手によって荒らされたことを知り、ショックを受ける。その後再び余呉を訪れた音弥は   湖の異変にただならぬものを感じて不安になる。一方、音弥は乎弥神社で思いもよらない人物と再会  を果たす。それは以前、多摩川神社で印象的な出会いをした、巫女見習いの雨宮珠里、その人であった。  二人はともに乎弥神社の夏祭りに出演することになり、次第に打ち解けて行く様になる。  そして祭りが近づいたある美しい星月夜の晩、湖で出会った二人に予期せぬ出来事が起こる・・・                                                   菊石姫伝説の残る余呉湖を舞台に、再び異世界へと誘う高次元ファンタジーの第二章後編の物語。     

龍雲、はるかに 第二章 火竜

神倉万利子
作者
神倉万利子

     雅楽の龍笛奏者、橘音弥は二十歳の誕生日を迎え、橘流四代目継承者として初の単独公演の舞台に 立っていた。客席から満場の拍手をもらった音弥は終了後、思いがけない人物と再会する。 その人物は一年前の夏、故郷の余呉湖で、音弥が現実とは思えない衝撃的な体験をした事実を知っている、神社神主轟宗次郎であった。彼は翌日、都内の長浜関連スポットに案内し、その後二人は酒を酌み交わして語り合う。 数日後、音弥は父親から橘家の家宝の、年代物の龍笛を見せられる。それは初代が愛用していた特別な逸品 で、吹く者を選ぶと言われる名笛であった。以降、その笛と格闘の日々を送ることになった音弥は ある日、神社にて一風変わった少女と出会う。巫女見習いと言う彼女は音弥に好印象を残す。 そんなある夜、音弥の携帯が突然けたたましく鳴り響く・・・  長浜ものがたり大賞奨励賞を受賞した、龍雲、はるかにの続編となる作品。

ゆりスナ! 〜引きこもり少女はスナイパーを目指します!〜
残酷な表現含む

ミカサ
作者
ミカサ

幼げな一人の少女、大羽由莉(おおば ゆり)。そんな容姿とは裏腹にネットの中では70万人のプレイヤーの頂点に君臨する最強の呼び声が高い狙撃銃使いのプレイヤー『Yuri』として知らぬ間に名を馳せていた。けど……リアルでは引きこもり!? いつものようにゲーム内で愛銃を手に敵を次々にキルしまくっていたある日、由莉の元に一通のメールが届く。 『スナイパーになりませんか?』 この一言が由莉の運命を変える引き金になった。 類稀なる由莉の狙撃の才能はみるみるうちに開花していく。だが、そんな由莉に待っていたのは……絶望だった。それでも前に進もうとする由莉の一つの願いとは___ 『わたし……本当は殺したい人がいるんです。自分の手で』 何度も何度も立ち上がる、そんな一人の少女の苦しみと幸せを描いた今までにない成長物語、ここに始まる!

掃滅の亡霊と氷の姫君
残酷な表現含む+

夜行性の人
作者
夜行性の人

――貴女は何も世間を分かってはいない。 謎の男から告げられていくセシルの罪と国の変容。 災厄の魔女と恐れられるセシルと、歴史の裏に潜む影が織りなす、革命の序章である。 これは、幸福を求める者の物語だ。

長浜戦国まつり 〜冴えない女子高生が火縄銃で賞金30万円を狙ってみた〜

やのゆい
作者
やのゆい

友山アカネは長浜市に住む女子高生だ。 顔面偏差値はギリギリ50。知力体力は平凡。どこにでもいる冴えない女子高生である。 そんなアカネが祖父から勧められて「長浜市」で行われる「姫武将コンテスト」に出場することになる。 目標は優勝賞金30万円のゲット! しかし、美少女コンテストだと思っていた「姫武将コンテスト」は、技と力を競う戦国バトルだった。 戸惑うアカネだが、ビーム火縄銃を手にとって戦う。 アカネは優勝賞金30万円を手に入れられるのだろうか? ちょっと未来の長浜を舞台にした女子高生の戦いが今、はじまる!

偶女、爆弾、長浜タワー-教授と酒と曳山と-

水伴エイ
作者
水伴エイ

 2018年10月13日、長浜きもの大園遊会にて、長浜の大学に通っていた事があるアイドル、間宮リカが、長浜タワーにて司会を担当。長浜を爆弾から救えという企画だったが、これが本物の爆弾。彼女のおっかけである刑事に届いたメールに、リカは本気で、長浜を爆破するつもりだと知る。  届く問題はググっても解らないものばかりで困惑するが、酒を飲む55歳の教授、雨村葦子と会う。 「このテロは私へのラブレター、問題も私にしかわからない事ばかり」  かつての教授と教え子、リカは、一緒に東京で生きて欲しいと告白したが、教授は長浜を選んだ。  最後の問題を、開知小学校の最上階で、曳山祭り、鳳凰山と翁山のすれ違いを想いながら説く教授。窓越しの再会は、すぐに終わる。  刑事の、事情聴取は明日でいいという言葉に、彼女の好きだった甘いビールを飲もうとするが、今日は何を飲んでも苦いかと、寂しく、笑った。

射水市のご当地キャラクター

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海王いみずの市の宣伝の為の活動はどんなものかというと。

ずんだ餅は最高

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東北ずん子はずんだ餅の宣伝に励んでいる、友人達がそのずん子に言う宣伝の切り札はというと。

薬屋の忍者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 忍者でもある薬屋の店員良佳の働きぶりは一体どういったものかというと。

蘇れ東北

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤杢ぎばやが仙台に来て復興を実感出来たのは人々の笑顔と。

清水港の鮪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 動画の閲覧数等をもっと増やしたいと言う七海波音に先輩が行うアドバイスは。

観光客達に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 葵桜玖耶は最近静岡市に多く来る様になった外国からの観光客の人達にも応対していて。

青空の下で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 青ビールと青魚の刺身が好きな縹葵に彼女が働いている店の客が勧める食事の楽しみ方はどういったものかというと。

二色ヘア

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 皿踊ののこはその奇抜なヘアスタイルの為にかなりの時間と労力をかけている、しかしそんなことは気にならないのがどうしてか。

目標とする人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 まだまだ未熟な忍者伊賀乃才蔵、だが目標とする人はあまりにも偉大な人で。

鯖は偉大デス

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 嶺南ミカミちゃんが災害救助ばかりで疲れ切っている海上自衛隊の人に差し入れにと選んだお魚はというと・

Blue and Black

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

諸天めしあが青薔薇と黒百合というそれぞれ変わった花を愛する理由は何故かというと。

百貨店の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾市に住むエルフ本野まいながかつて八尾市にあった西武百貨店に思うことは。

サボテン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柳翠が緑が好きなのを見て彼女の友人は自分の部屋にサボテンを置いてみたが。

赤ワインとレアステーキ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紅茜と仲良くなりたい客が彼女を食事に誘うと茜が行きたいと言ったお店は。

人間はチョコレート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天井モモカはチョコレートが大好きだ、そしてそんなモモカの周りでも。

山奥の家

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

充分な幸せ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 兄と共に日本に帰ることが出来たマルシェ。その彼女が大変な状況の中でもいつも笑顔でいられる理由は。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。