Novel
美少女

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽し

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

猫舌娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リリィを養女としている資産家が彼女に心から願っていることは一体何かというと。

思わぬ変化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 剣士であり軍人であろうとする王女フラム、その彼女を見た東の島国の皇子が彼女に会うにあたって言うことは。

十一月三十一日

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九月三十一日という有り得ない誕生日を持っているジャパ子が勝手に友人にしているクラスメイト達にパーティ―に誘うがその日はというと。

肯定して欲しくない人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠枝結奈は否定されると駄目になる、だが祖父が彼女に話す肯定してくれなくてもいい人はどんな人かというと。

おもちゃは素敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 支倉千沙都が街に出ておもちゃ屋でアルバイトをはじめてわかったことは。そして千沙都はどういう気持ちで働いているのか。

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、「この国を見捨てる鬼畜か」「今まで育てた恩義を忘れたか」「他に行っても結局同じだ」と脅され、引き下がるしか無く、壊れかけの心の侭、三時間の睡眠を取る為への帰路途中、名馬トラック号に轢かれ致命傷を負う。その際、違う世界に生まれ変われたら――と願った瞬間、その願い

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

鎌使いの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自称宇宙一可愛い周アネモネの武器は鎌、彼女はどうして鎌を使うことを得意としているのかというと。

スイーツ鍋

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐藤ゆいこが友人達をお菓子の鍋を食べる食卓に招いた理由は何か。甘いものと笑顔とその裏にあるもののお話です。

忠臣への報い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 主に忠実に仕え続けるアイン=ソフ。主がそのアインに与える忠義と働きへのお礼とは。

ロンドン忍者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パティのいるサーカス団がロンドンで公演することになった、パティはそのロンドンで義母と忍者を観てそれから。

東の不思議なお土産

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーナは大陸の海の向こうにある島国に来た、そこで観光を楽しんでいる中で観たお土産は非常に風変わりなもので。

怖いお客さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 家に如何にもその筋のお客さんが来た、只でさえ人見知りの戸田ミーコは心底怯えたが何とそのお客さんは。

水の妖精

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自身の国を滅ぼしてから旅を続けるセシル、その彼女が闘技場で出会った少女は何者かというと。

漫画家の妹

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 綿民未穂の姉は漫画家だが極めて多忙だった、未穂がその姉に対して行う手助けはというと。

お礼の林檎

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白雪がこちらの世界で自分を優しく育ててくれている学園の理事長夫妻に贈るお礼は何かというと。

魔法を学んで

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 魔法の存在を信じて魔法を学び続けるハルト=ベイカー。その彼女が徹底して気をつけていることは何かというと。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。

練習あるのみ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 相楽ユキはピアノの練習のし過ぎを言われていた、その彼女がアドバイスされた演奏以外の練習はというと。

ヘアアレンジ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 シオリはクラスで趣味のヘアアレンジを何かと楽しんでいた、だがとんでもない髪型にしてみたところでいきなり。

許嫁には内緒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月ひよりは暗殺者の家の姫である。だが許嫁にはその素性を家単位で隠して付き合っていて。

スナイパーになった訳

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦乱の続く雪国でスナイパーとして戦う女子高生美河由紀。彼女がスナイパーになった理由は。

組織の正体と黒幕

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サイボーグになった北村リズは自分の家族を殺した組織とその関係者達と戦い倒していく、その中で彼女が知った組織の正体と黒幕は。

誰もホラー映画を観てくれないので、殺人鬼を幼女化して解説する

因幡雄介
作者
因幡雄介

 ほとんどの人が拒絶反応を見せるホラー映画。  やはり話題作には勝てないのか。  そこで映画を観なくても、萌え小説化してわかりやすく解説してみることにした。 *個性的でコメディな内容になっています。(だいたいこんなものだとわかっていただける内容) *舞台、名前、世界観は変えています。 *ネタバレになることもあります。 *評価は作者の独断と偏見です。 *1作品4話で解説し、完結します。

祭りに出れば

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 お祭りに出て好きなものを食べる九条ひかり。だがあまりにも食べ過ぎてしまって。夏なのでお祭りを意識して書かせてもらいました。

駄目な後輩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 深江橋みなみは服装が無茶苦茶な後輩に毎朝風紀部員として注意している、みなみがその後輩に注意し続ける理由はというと。

ドイツの味か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀が大好きなジャガイモのパイ、クラスメイト達は由紀と一緒にそのパイを作って食べてみるとその味は。