Novel
人外

毒の裏にある心New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

善政を敷く領主New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

純情ロボットガールNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 花渚ロボが通っている学校の部活に誘われてそこから経験することは。

相手がドワーフでもNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

殺しはしない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蘇る為に他者から身体を一部であろうとも奪っていく失物奪。その彼が罪を犯そうとも決して犯さない罪は何なのか。

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

怖いお客さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 家に如何にもその筋のお客さんが来た、只でさえ人見知りの戸田ミーコは心底怯えたが何とそのお客さんは。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。

昼寝三昧

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は恐ろしい妖力を持っている五徳ねこ。その恐るべき彼の暮らしはどういったものなのか。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

エンジェルオブニート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 普段は人間の家でニート生活の天使アルフェリア。その彼女が働く時はというと。

魔界の試験

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フィリア=クロは召喚されて不機嫌全開だった、彼女がどうして不機嫌で口が悪いのかというと。

滅びることのない絆

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヘインを見た若い薔女達は彼女を恐れた、だが彼女達が戦場で窮地に陥った時にヘインが取った行動はというと。

憑く相手

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 興味が持った相手に繁栄を、飽きた相手に破滅をもたらす電々犬。その電々犬に女神が言うことはというと。

謎の古文書

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 種羅は親友である人間のカップルから神代文字の古文書を受け取った、その古文書を解読してわかったことはというと。

思えば昔のこと

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 モスクワの居酒屋でユーリィはある青年と親しくなった。その青年にウォッカを飲みつつ語ることは。

人間になった理由

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実はカタツムリである大学生ハナ。誰が彼女を何の目的で人間にしたのか。

どこまで大きいのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は巨人であるクラテリスが実家に帰った時にかつて地球にいた恐竜や巨人達の話を聞いたところ。ダイダラボッチについても書かせてもらいました。

星屑を集めて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 男の子が悲しくて泣いていました、ですが男の子の目の前に宇宙からアルネブがやって来て。宇宙人のファンタジーものです。

ブルーベリーへのお礼

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神々はホムンクルスになり外見が変わっても清らかな心のままでいる瞳ねぇさんを観て彼女を救おうとした、そうして彼女のところに赴いたが。

犬を引き取って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫樹は犬嫌いだがついついある犬を引き取ってしまった、彼は犬の世話を一切しなかったのだが。

哲学者は静かに思索する

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 テメガノの種族が人間に見付かる前に何処に移住するかと悩んでいた、テメガノがその光景を見て思うことは何か。

理解可能

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パソコンの中にいる少女通称ノイズ、持ち主と彼女の交流は続けられるが果たしてそれは可能なのか。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。

仕事の時に見るもの

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 死神タナトスは自分の仕事を愛している、それは何故か。人間を観ての作品です。

ヨタカとライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヨタカはライバルである森の鹿のボスといつも知恵比べで争っています、その鹿のボスが風邪にかかった時ヨタカがすることはというと。

安住の地

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 またしても下宿先をなくしたセドリック=ブライトン。その彼が新たな下宿先を手に入れる為に彼の友人達が出す知恵は。

残る二つの力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大尾七草は大尾家当主の九つの秘伝のうち七つを使える、残り二つを使えるにはどうすればいいのか稲荷明神に聞いたが。

123