Novel
人外

掃滅の亡霊と氷の姫君
残酷な表現含む+

夜行性の人
作者
夜行性の人

――貴女は何も世間を分かってはいない。 謎の男から告げられていくセシルの罪と国の変容。 災厄の魔女と恐れられるセシルと、歴史の裏に潜む影が織りなす、革命の序章である。 これは、幸福を求める者の物語だ。

射水市のご当地キャラクター

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海王いみずの市の宣伝の為の活動はどんなものかというと。

目指せハイスコア

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ジスたんの働いているお店でシューティングと格闘それぞれのゲームの大会が開かれることとなって。

蘇れ東北

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤杢ぎばやが仙台に来て復興を実感出来たのは人々の笑顔と。

観光客達に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 葵桜玖耶は最近静岡市に多く来る様になった外国からの観光客の人達にも応対していて。

憎まれない敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ドカユキンは各地のヒーローに戦いを挑んでいる、だが最近断られ続けているのはどうしてなのか。

二色ヘア

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 皿踊ののこはその奇抜なヘアスタイルの為にかなりの時間と労力をかけている、しかしそんなことは気にならないのがどうしてか。

鯖は偉大デス

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 嶺南ミカミちゃんが災害救助ばかりで疲れ切っている海上自衛隊の人に差し入れにと選んだお魚はというと・

百貨店の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾市に住むエルフ本野まいながかつて八尾市にあった西武百貨店に思うことは。

古本屋にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲荷葛葉がアルバイトをしている古本屋ではどんな本もあるがそれはどうしてかというと。

仁義なきもふもふ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 バーの用心棒ジジカ=フレンチ。彼女の過去はどういったものかというと。

副業

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーズはモデルになった、どんな服でも嫌な顔一つ見せず着て仕事をする彼女だが。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

善政を敷く領主

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

純情ロボットガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 花渚ロボが通っている学校の部活に誘われてそこから経験することは。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

殺しはしない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蘇る為に他者から身体を一部であろうとも奪っていく失物奪。その彼が罪を犯そうとも決して犯さない罪は何なのか。

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。

怖いお客さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 家に如何にもその筋のお客さんが来た、只でさえ人見知りの戸田ミーコは心底怯えたが何とそのお客さんは。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。

昼寝三昧

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は恐ろしい妖力を持っている五徳ねこ。その恐るべき彼の暮らしはどういったものなのか。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

エンジェルオブニート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 普段は人間の家でニート生活の天使アルフェリア。その彼女が働く時はというと。

魔界の試験

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フィリア=クロは召喚されて不機嫌全開だった、彼女がどうして不機嫌で口が悪いのかというと。

滅びることのない絆

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヘインを見た若い薔女達は彼女を恐れた、だが彼女達が戦場で窮地に陥った時にヘインが取った行動はというと。

憑く相手

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 興味が持った相手に繁栄を、飽きた相手に破滅をもたらす電々犬。その電々犬に女神が言うことはというと。

謎の古文書

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 種羅は親友である人間のカップルから神代文字の古文書を受け取った、その古文書を解読してわかったことはというと。

思えば昔のこと

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 モスクワの居酒屋でユーリィはある青年と親しくなった。その青年にウォッカを飲みつつ語ることは。

123