Novel
サブカルチャー

天才と呼ばれなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠生瑞樹は何でも二番であり自分は取り立てて欲しい才能はないという、しかし欲しくない才能があるがそれはどういった才能かというと。

忠実に再現

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるアニメキャラの髪型にして欲しいと言う客が来店してきた、佐々切雨咲はその髪型を再現出来るのか。

深海生物を試食

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フートの今回の任務は深海生物の試食。さあどんな味なのか。

女スナイパーのトラブル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルフレッサ=G=シャナクタールはよくトラブルに遭う、そのトラブルは一体どういったものか。

信じてはいけない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北巽伊代は読んだり聞いたりしたことを鵜呑みにしてしまう。それで人類が滅亡するという予言を聞いて。この作品に出て来るブルガリアの予言者は実在します。

邪悪の権化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 邪悪の限りを尽くす悪野巨人、その邪悪ぶりはというと。書くつもりはないキャラでしたがあえて書かせてもらいました。

卵焼きも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 目玉焼きが大好物の住之江満月は目玉焼きを食べるだけでなく焼くことも得意だ。では卵焼きはどうか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

椿の力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪二十六戦士の一人鶴見椿はどう見ても戦闘向きの性格と能力ではない、しかしその彼がどうして戦士かというと。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

不良に串カツ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北串勝は不良高校の健全化を依頼された、串勝が大阪を護る戦士の一人として不良達に行った健全化の方法はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

橋の守護神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大淀橋女は大阪の人達が利用する橋を少しでも丈夫なものにしようと日々努力している、その努力が実って大阪の橋達は恐ろしい台風が来ても全て無事だった。だが橋女がその時に思ったことはというと。

流麗なる者
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 後宮で由々しき事件が起こった、だがその事件の解決に一人の宦官が名乗り出て。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

変わらない味

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天王寺作之助が愛する味、それは何かというと。自分のカシキャラを使って書かせてもらいました。

コスプレ衣装

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 千林佳奈は友人達とコミケに着て行く服を選んでいた。どうしても決まらなくて佳奈が決める為に取った最後の手段は。

世界滅亡夜[21]~[33]
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

これを書いてしまったていいのだろう?-わたしは、消されるのでは?[合計100ページ分量ぐらいあります

世界滅亡夜①~⑳
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

これを書いてしまったていいのだろう?-わたしは、消されるのでは?[合計150ページ分量ぐらいあります

偽瞑想知Instagramインストグラム■1~500■
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

偽瞑想知Instagramインストグラム■1~500■まとめ編■URL https://www.instagram.com/gimeisoutomo/ 合計300ページ分量ぐらいあります

偽瞑想知小説集[1]この世界の真実~雑然たる魂の行く着く場所
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

偽瞑想小説集[1]

●●●電脳世界●●●
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

●●●コノ?アノ?世界?ノ?事デス■1~73■ 合計300ページ分量ぐらいあります

夢見る男
残酷な表現含む+

偽瞑想知(ギメイソウトモ)
作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

あなたは夢を観ますか?★1~221終★まであります☆][合計300ページ分量ぐらいあります

ジャックマン【灰身の朝】(けしんのあさ)
残酷な表現含む+

竹橋 夢仁
作者
竹橋 夢仁

  ある地方都市で、凄惨な殺人事件が起きた。 逮捕されたのは、17歳の少年H。 殺人の厳罰化が進んだ日本で、彼には死刑判決が下った。 3年後、20年の短さでその道化芝居は幕を下ろす。 ただひとり、切り裂きジャックという役者を舞台に残して。 ※現代日本を舞台にした能力バトル物の要素を含みます  

錆付いた鎖の先に

OSAMU
作者
OSAMU

急速に発展している「進化系サービス」の終極を暗示した結末です。

Digital Masquerade
残酷な表現含む

OSAMU
作者
OSAMU

 飛躍的発展を遂げた未来―。世界は未曾有の社会問題に直面し打開策を模索していた。その病弊とは、世間に於いて対人恐怖症、醜刑恐怖症等の精神病者達が増殖し続け、遂にはその患者数が正常者層をも超越してしまった逆転現象に起因している……。コミュニケーション不全が時代的な重要案件として取り沙汰されている中、人心の疲弊は益々深刻化を見せ、ニート・引き篭もりは増加の一途を辿っていた。その潮流は止む事無く加速し続