Novel
新着小説作品

形式恋愛

作者
真口 祐輔

あることができない少女が、超絶美男子に呼び出される話。

『ナメジとノボク』

作者
みゃも@(みや 笑ノ介)

『ナメジとノボク』  せりたつ山の端。今にも落っこちそうな『石』と、その上の『木』。一個と一本が織り成す、超短編小説です。

スモーキー

作者
かんほくと

クラブというところに行って感じたことを小説にしてみたもの 恋の記憶は実らないものほど鮮烈だ

ひじき草

作者
かんほくと

日常と夢の境はあいまい 忘れている夢があるかも?

階段

作者
かんほくと

階段というお題で作った小説 階段と言ったらやっぱり・・・

たらちね死神

作者
風速健二

少子高齢化に悩む現代日本に新しい提案……まさかね...

テラ

作者
真口 祐輔

変わってしまった幼馴染を、あなたはそれでも愛せますか?

裏切りボタン

作者
コルフーニャ

一人の地獄の住人には二つの選択肢があった、友情を取り全員地獄に居続ける青ボタン。そしてもう一つ、友達を犠牲にし自分だけが助かる事が出来る赤ボタン。果たして彼はどちらのボタンを選ぶのだろう

DreamExperience

作者
まっつん

夢を見られる装置「DreamExperience」を開発した神語だったが……。

もうすぐお別れのバレンタインデー

作者
いなばー

高校最後のバレンタイン。チョコを作るのに親友の手を借りる。面倒がっても手伝ってくれるのが我が親友だ。

身も心も
残酷な表現含む+

作者
ちよ

大好きな彼と結婚して数年。 穏やかに過ごしていたはずだった。 そう、あの部屋に押し込まれるようなことになるまでは……。

フートと父と森の島・前編

作者
KayaPasse

自分の街しか外を知らない、食堂の息子・フートが、食材を求めに街を飛び出してみる物語・前編。 「どうして休みの日なのに休ませてくれないのさ」

Lost Hope

作者
真口 祐輔

あなたの叶えたい願いはなんですか?

節分の宵

作者
風速健二

節分の日に兄が連れて来た人……

夜道は続く

作者
あまね/

車も通らないような夜道で水村と並んで歩く。

girasol〔ヒラソル〕

作者
アザとー

ヒラソル、それは夏の花……夏花のような女を愛した鬼が人生の終着に選んだ場所とは

ほんとうのクリスマス

作者
ちよ

ワクワクして眠れないクリスマスイブ。でも今年は違う。だって、サンタクロースはいなかったんだ。パパに嘘つきって言ってやるんだ!

コンビニの山口さん

作者
鈴季ユースケ

深夜のコンビニで、僕は山口さんと一緒に働いている。ちょっと変わった山口さんと過ごす、ちょっと変わった一夜。

あかずの森の赤ずきん
R-18

作者
乙木紬

脱出不可能? あかずの森で『おおかみ』から逃げ切れ。謎の森の中で青年は少女と出会い、逃げ惑う。

あたしがこの作品はフィクションであることを願う理由

作者
水野七海

はじめました。肩の力を抜いてくださると助かります。

誤解

作者
月夜見 琉菜

優也と葉月の恋物語1 信じたい。信じてる。だけど一人帰りを待つのはとても寂しいの。

六道輪廻

作者
水無月 夜行

「輪廻の輪に還れ!」 「どうか黄泉路に気をつけて」 出会うはずのない二人が出会い、六つの世界を巻き込み暴れまくるバトルダークファンタジー!

Moon Shadow

作者
七条雫

たくさんの伝説、お宝を探して怪盗見習いの少年少女が世界を旅する。突如世間から姿を消した伝説の怪盗、ムーン・シャドウと会う日のために。異世界冒険ファンタジー。

緋色の運命

作者
七条雫

能力者たちの現代ファンタジー。自分で未来を切り開こうとする、少年少女たちの話。甘いものに目がないけど普段はクールな美少女、時代錯誤なちびっこツンデレ侍など個性的なキャラクターが多いです。

土魔法師セクター
残酷な表現含む+

作者
Fi-FIIFII

彼はいつも一人だった。黙々と修行を続けるも実らない。しかし有名な大魔法師に自らのある点を評価されて弟子となった。これは最底辺から始まる物語。

年の初めに想うこと

作者
風速健二

お正月のお墓参り……そこで想ったこと。

日野さとみは真面目である

作者
あまね/

真面目な女の子の話。

君色の敗走ルート

作者
フィーカス

雨の中、いつもと同じなのにいつもと違う道を歩く。ノボルはヤスユキとの試験対決に敗れ、大好きだったサナエを手放さなくてはならなくなった。この道を歩いた果てにあるのは、果たしてーー

Forever ~ここより永遠に~
残酷な表現含む

作者
藤井ひかる

記憶を失った天使のような魔族、記憶に苛まれる死神と呼ばれた人間。世界樹に導かれ、運命を共有しあう青年たちの物語。

ステルス・ライ

作者
カカオ00

嘘発見アプリの登場により、人々は全く嘘をつけなくなった。お世辞のひとつも言えない。そこで僕は嘘をつけるアプリを開発したのだが……。