Novel
新着小説作品

モンデクール

いなほかえる
作者
いなほかえる

お母さんのお使いで北の大地から長浜にやって来たコロポックルのウパシ。 知らない空をカイツブリで飛び。はじめての街をネズミと駆ける。 故郷とは雰囲気も文化も全く違う土地で、彼女はなにを感じ、なにを思ったのか。 小さなウパシが長浜の街を巡る。のんびり、ほっこりな旅物語。

隠士の闇

古楽
作者
古楽

主人公は彦根藩の足軽(と思われる)畑権助という人物です。 文久三年(1863)に75歳との記録がありますので、生まれは寛政元年(1789)になります。彦根藩では10代藩主井伊直幸が亡くなった年で世界史的にはフランス革命が起こった年でもありました。 彦根藩足軽として歴史の中に名前を残すこともなかった権助がどういった経緯で僕に書かれることとなったのか? それは、権助71歳の3月に突然起こったのです。

恋鬼

古楽
作者
古楽

井伊直弼には忘れらえない兄とその想い人がいた。 幼い時、直弼を可愛がってくれた長兄は彦根藩にとっては荷物のようになっていた。 自らも世捨て人であることを自覚していた井伊直清。 しかし、そのすべてを賭ける恋に落ちる。 井伊家の御曹司であったがゆえに迎えなければならなかった悲劇とは… 幼い井伊直弼が見た物語です。

東の不思議なお土産

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーナは大陸の海の向こうにある島国に来た、そこで観光を楽しんでいる中で観たお土産は非常に風変わりなもので。

怖いお客さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 家に如何にもその筋のお客さんが来た、只でさえ人見知りの戸田ミーコは心底怯えたが何とそのお客さんは。

水の妖精

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自身の国を滅ぼしてから旅を続けるセシル、その彼女が闘技場で出会った少女は何者かというと。

漫画家の妹

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 綿民未穂の姉は漫画家だが極めて多忙だった、未穂がその姉に対して行う手助けはというと。

キョンシーの正体

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 LOST=GFに中華街からキョンシー退治の依頼が来た、だが彼がキョンシーの話を聞いて不思議に思ったことは。

鐘鬼

古楽
作者
古楽

昔書いた『弱鬼』という小説の続編。 井伊直孝の嫡男直滋は、有能な人物として将来を期待されていたが、直孝は直滋には家督を譲ることがなかった。 そこには、井伊家だからかそ曲げてはならないモノもあったのだった。 父よりも伯父に憧れた、繊細な井伊直滋の物語です。 書いたのはもう7年前になりますが、今読み直すと内容に隆慶一郎さんの作品に影響されすぎた部分があり、反省しています。

ブルーリーダー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月詠星司はユニット加入が最後でもリーダーに選ばれた、その彼が見せるリーダーぶりはというと。

お礼の林檎

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白雪がこちらの世界で自分を優しく育ててくれている学園の理事長夫妻に贈るお礼は何かというと。

麺打ちの極意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 畑中麦のクラスは文化祭でラーメン屋をすることになった、麺の達人ということで皆に頼られた麦が言い行うことはというと。

魔法を学んで

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 魔法の存在を信じて魔法を学び続けるハルト=ベイカー。その彼女が徹底して気をつけていることは何かというと。

天使の名前

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 教会の牧師夫婦の養子になったアンジュ=シーニー。その彼女にある人が問うたが彼女の返事はどういったものかというと。

性格美人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 持田千香子は友人達に勧められて効果的なダイエットに励んだ、その結果スタイルがよくなった彼女だったが。

スポーツ推薦の為には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柴田宙丸は学業の悪さから大学にはスポーツ推薦で進学することになった、その時宙丸が担任の先生に言われることは。

アニメ主題歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大人気インディーズバンドGemini。メンバー全員が小柄な為メジャーデビュー出来ない彼等のところに声優事務所の人が来て。

昼寝三昧

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は恐ろしい妖力を持っている五徳ねこ。その恐るべき彼の暮らしはどういったものなのか。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

白詰襟の苦悩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海上防衛隊幹部の夏の礼装であり白と金の詰襟が似合う山本七八。だが彼女自身がその服に思うことは。

エンジェルオブニート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 普段は人間の家でニート生活の天使アルフェリア。その彼女が働く時はというと。

魔界の試験

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フィリア=クロは召喚されて不機嫌全開だった、彼女がどうして不機嫌で口が悪いのかというと。

マジピンチな時には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 困っている人をいつも茶化す今井つつじ。だがその人が本当に困っている時に彼が取る行動はというと。

ピンクの戦車

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 軍の高官達が王女であるピクトリア=パレットに兵器のことで新しい兵器を出してくれる様お願いした。その声に応えてピクトリアが出した兵器はというと。

練習あるのみ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 相楽ユキはピアノの練習のし過ぎを言われていた、その彼女がアドバイスされた演奏以外の練習はというと。

虫でも好き

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 倉田陽菜子は虫が苦手である、だがそれと共に変なものを集めることが好きなので。

身体を怪我しても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いつも身体の何処かを怪我しているボロ子さん。けれどその身体の怪我を大したことがないという理由は。

一五〇位何だ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自分が小柄なことを気にしているマサミ。そのマサミに彼女の姉が言う言葉はというと。

ヘアアレンジ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 シオリはクラスで趣味のヘアアレンジを何かと楽しんでいた、だがとんでもない髪型にしてみたところでいきなり。

得意料理は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 土居ちゃんは友人達と楽しく飲み食いしていた、その中でこれといった食材がないがその食材達を見て土居ちゃんが言うことは。