Novel
新着小説作品

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。

深海生物を試食

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フートの今回の任務は深海生物の試食。さあどんな味なのか。

寺巫女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いい加減なところがあっていつも管長さんに怒られている神戸祈。しかしその管長さんを尊敬していてその理由はというと。

それを言っちゃあ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今回は京都で働く井伊智子。いつも働いているお店に来ている凛々しいお兄さんを好きになったけれど。

電気少女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 電気の力で戦う前園みゅうに対して敵の組織は怪人達の耐電コーティングを施したうえで倒しにかかった、この難局にみゅうはどう対するか。

女スナイパーのトラブル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルフレッサ=G=シャナクタールはよくトラブルに遭う、そのトラブルは一体どういったものか。

首はなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

自分の首を探すデュラハンの少女フェーミネス=ケリー。仲間の妖精達がその彼女について気付いたことは何か。

血の味
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パウロは吸血鬼でもないのに血を飲みたがるのは何故か、そしてその血は何の血なのか。血生臭い作品であはありません。

銀髪の薬売り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 クレアミア=フレールが何故天才薬売りにして薬剤師になったのか。そのことを知った役人と神父が彼女にすることは。

バス探偵の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小林が知っている名探偵如月俊一の秘密とは何か。最後にどんでん返しがあります。

イステ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 時空の女神イステに仕える若き神官ミストは何故イステへの人々の信仰が薄いのかを考えていた、その彼が分かったことは。

料理を食う資格

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 首都の店という店で暴虐の限りを尽くす日本から来た新聞記者と陶芸家の親子とその取り巻き連中。彼等に対してレアンドラが料理人として下した鉄槌は。

仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 残り一人、クルーエルが殺すべき人間はそれだけになった。そしてその一人も殺し終えた彼がすることは。

幸せのリンゴ

あまね/
作者
あまね/

授業中にリンゴ一つで世界が滅びかける話があったなと思う話。

一騎当千の災害殺し
残酷な表現含む+

紅十字
作者
紅十字

災害を引き起こす化け物、災害因子(カラミティア)。その存在が明らかにされ、早十年。それを殺す職業、魔法師が生まれたことで人類は生き延びてきた。 日本に十二と存在する最高峰の魔法師。その序列第十位として、史上最年少で十二神将となった少年、如月千風(きさらぎ ちかぜ)。彼は国内でもエリートしか入ることの許されない学園へと極秘任務で潜入することになる。 神、悪魔。天使に人間。様々な種族の数多の思惑が

塩対応

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長田敦子は気分屋でその時によって人への対応が違う。しかしある人物への対応はいつも塩対応であるのは何故か。

般若湯

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 阿波座陽奈は高校時代に数学が苦手であること以外に欠点はないと思われていた。だがその彼女の思わぬ欠点はというと。ミラクリエのカシキャラの成人してからのお話です。

牛丼愛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南巽れいこは牛丼をこよなく愛している。彼女が牛丼をそこまで愛している理由は何か。

大阪心霊巡り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小路陽菜は心霊スポットに行くことが趣味だ、それでは幽霊を本当に見たいのかというと。

ヤクザ映画を観て

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西長堀美紀は映画鑑賞が好きだ。それで何と今度は有名なヤクザ映画のシリーズを観て。女の子でこうしたジャンルの映画を観る人もいるみたいです。

奇麗な爪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新深江友美はある日奇麗に爪を伸ばして色も塗っている女性を見た。爪は伸ばさない彼女だが思うことは。

犬の心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今宮有紗は犬の心がわかる。そこから彼女がわかっていくことは。身近の犬を思い出しながら書かせてもらいました。

高校生と金魚

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は金魚を飼うことが好きだ。その彼女の飼い方はどういったものか。金魚を飼うというのも素敵な趣味だと思います。

信じてはいけない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北巽伊代は読んだり聞いたりしたことを鵜呑みにしてしまう。それで人類が滅亡するという予言を聞いて。この作品に出て来るブルガリアの予言者は実在します。

駄目なアクセサリー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いいと思ったアクセサリーには偏見のない桜川美優。だがその彼女でも買わないアクセサリーはというと。

大阪ラーメン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 鶴橋すずは大阪はラーメンも福岡や札幌に負けていない本場だと言う、それは本当か。実際に大阪はラーメンも負けていないです。

低音

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は低い音の歌はそのままでは歌えない、それは正しいのかと悩んでいたが。この作品のテーマは歌の音域です。

派手な水着は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾彩は友人達に誘われて水着を買いに行った。そこで彩が買った水着は。まだ寒いですが水着ものを書かせてもらいました。

地毛の金髪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 瓜割友美の金髪は地毛だ、その彼女の髪の毛に対するこだわりは。今回は恋愛ものを書かせてもらいました。

紅茶と和菓子

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長原知美は紅茶が好きで和菓子も一緒に楽しむ。その組み合わせはどうなのか。自分のカシキャラで書かせてもらった作品です。