Novel
新着小説作品

Blue and Black

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

諸天めしあが青薔薇と黒百合というそれぞれ変わった花を愛する理由は何故かというと。

百貨店の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾市に住むエルフ本野まいながかつて八尾市にあった西武百貨店に思うことは。

サボテン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柳翠が緑が好きなのを見て彼女の友人は自分の部屋にサボテンを置いてみたが。

赤ワインとレアステーキ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紅茜と仲良くなりたい客が彼女を食事に誘うと茜が行きたいと言ったお店は。

逃げ切った先

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 カルラ=バーテルスは弟と共にジャングルの中に入った。そこで彼女が弟と共に出会ったのは。

全教科で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 全教科追試となった嶋澪浬。このピンチを乗り越えられるのだろうか。

人間はチョコレート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天井モモカはチョコレートが大好きだ、そしてそんなモモカの周りでも。

古本屋にて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲荷葛葉がアルバイトをしている古本屋ではどんな本もあるがそれはどうしてかというと。

仁義なきもふもふ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 バーの用心棒ジジカ=フレンチ。彼女の過去はどういったものかというと。

水幽霊の仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生泉樹は幽霊になったが幽霊の世界では知力を頼まれて色々と働いていて。

汚れちまった悲しみ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦争を起こしたとして忌み嫌われるX95と兄弟機。だがその彼等の前に絶望と悲嘆と苦悩に満ちた目の男が現れて。

出来の悪い弟

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 七生綾人は自分が双子の兄と比べて出来が悪いと思っている、だがその実は。

かえって減って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 太ったのでダイエットをはじめた東雲梓、そこで彼女がわかったことは何なのか。

ブルードラゴンの恋

安江俊明
作者
安江俊明

ドイツ人女性のエヴァが観光で長浜を訪れ、フィギュアのミュージアムに立ち寄り、地元の陽介と知り合う。陽介は自慢のフィギュア、セイリュウという名前のブルードラゴンと一緒にエヴァを案内する。陽介はセイリュウをエヴァに預けたのを忘れてしまう。 エヴァの目の前でセイリュウはイケメンの男子に変身する。エヴァには彼氏ルディがいた。遅れて長浜にやって来たルディは、婚約指輪をエヴァにプレゼントするが、陽介はその現場を見てしまう。 セイリュウはエヴァのバッグに入ったままドイツに渡り、エヴァの家でレッドドラゴンに出会う。名前はグレーテル。仲良くなったセイリュウとグレーテルはエヴァの親戚が住むベルリンに旅立つ。二人の仲に気付いたエヴァのアイデアで、二人は一緒に陽介の許に帰る。  なぜ人間に変身することができるようになったのか、その秘密を明かすため、セイリュウはグレーテルを伴って某所を訪れる。

オーストラリアの思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 佐伯涼が妹に学生時代に行ったオーストラリアのことを聞かれて話すことはというと。

副業

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リーズはモデルになった、どんな服でも嫌な顔一つ見せず着て仕事をする彼女だが。

下着へのこだわり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 派手なファッションの怒来源菜の下着はどんなものかというと。

山奥の家

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海月真咲の家、そこは一体どこにあるのかというと。

毒の裏にある心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 悪戯好きのアセビは森に入る人達から嫌われている、だが森の隠者の下で修行を積んでからは。

治部と刑部と眠れる城

江中佑翠
作者
江中佑翠

休暇のため、青春の地・長浜を訪れた石田治部(石田三成)と大谷刑部(大谷吉継)。しかし、華やかで活気に満ちている長浜だが、裏ではある奸計に蝕まれていた。二人は姿の見えない敵を追い詰めるため、謎を解き、地を駆け、雅に暴れる! 果たして二人は長浜に平穏を取り戻すことができるのか? 秀吉公が長浜を離れた“その後の長浜”が舞台の娯楽時代小説。 ※2019 4/5 誤字等を修正しました ※2019 11/13 続編「治部と刑部と囚われの船」はこちら https://mira-crea.com/novels/front/nov15733539546608

善政を敷く領主

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ストラス=サタンが魔王の息子でありながら種族にこだわらず平和主義なのはどうしてなのか。

純情ロボットガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 花渚ロボが通っている学校の部活に誘われてそこから経験することは。

充分な幸せ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 兄と共に日本に帰ることが出来たマルシェ。その彼女が大変な状況の中でもいつも笑顔でいられる理由は。

謎のロイヤル=ネービ―士官

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 観艦式で年配の人達が若い頃に見た人がいるという謎の海軍士官、その正体はというと。

相手がドワーフでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 エルフとドワーフは仲が悪いとされている、それはニアの場合も同じかというと。

どういう苦手か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 すっぽんが嫌いなザン=アディ。だが何とすっぽん鍋を美味しく食べて。

偏食注意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 デブガマンは医者に偏食のせいでこのままだと死ぬと宣告された、彼は死にたくないと思って。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。

大正長濱探偵譚-慶雲館の首切りガラス-

水伴エイ
作者
水伴エイ

【トリックまでネタバレしたあらすじ】  時は大正、季節は桜。そして銘菓は堅ボーロ。  将来、外国に旅立つ夢が勉学の為に、東京から長浜駅に降り立った少年小林祥は、豊公園の桜並木の下で暴漢に襲われるが、父の親友で、探偵であり、お世話になる一居久栄に助けられ、彼のメイドアイーダとも出会う。  その日、慶雲館にて大村という男のパーティーへ。黒井鈴と壁井明という仲が良い男女に出会うが、大村は、黒井鈴の親の形見ガラスの花瓶を壊し、笑う。その事件の数日後の嵐、明が鈴を殺したと報告が入る。  だがそれは本当に殺したのでなく、鈴を大村から逃がす為、ガラス瓶と写真を使って、首のホルマリン漬けの偽物を作った明のトリックだった。笑う大村だが、久栄に別件の罪を突きつけられ、ご用に。  明の罪はもみ消す。幸せになる二人。久栄、長浜に将来ガラスが根付くかもと推理する。