Novel
新着小説作品

偏食注意

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 デブガマンは医者に偏食のせいでこのままだと死ぬと宣告された、彼は死にたくないと思って。

ハヤシライスよ永遠に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 林来子はハヤシライスを何とかもっと世間に知って食べてもらいたいと奮闘するがその奮闘の仕方はというと。

イソギンチャクの中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海空水羽はクマノミにどうしてイソギンチャクの中に入られるのかと聞くとその返事は。

抜擢

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 坂下祐貴がその役に抜擢されたのはどうしてか。今回はミュージカルを書かせてもらいました。

長浜むかしばなし

ケンタロー。
作者
ケンタロー。

桃から生まれたモジャ太郎、犬のイチ、ゴリラのサル、カイツブリのキジの1人と3匹の冒険活劇。 舞台は昔々の長浜。 桃太郎?金太郎?浦島太郎?いや、モジャ太郎です。 カイツブリの恩返し、ゴリラ蟹合戦、余呉湖羽衣伝説などの昔話も盛りだくさん! オコナイさん、姫塚古墳、西野水道、ヤンマー、十一面観音、木之本地蔵、余呉湖、小谷城、石田三成、長浜タワー、日本一の万華鏡、曳山祭り、長浜城、竹生島、長浜グルメの暫にサラダパンなど、物語のところどころに散りばめられた長浜のピース達。 これを読めば、きっとあなたも長浜に来たくなる!長浜良い所、みんなもおいで! 長浜むかしばなしの始まり始まり〜!

姫と私のカプリッチオ 千田玉姫ものがたり

古橋 童子
作者
古橋 童子

長浜市木之本町千田に、石作玉作神社があります。この神社は、古墳時代からの古い千田の歴史をひっそりと抱いて静かに集落を守っています。 この千田という集落には史実に基づいた伝承物語があります。そして、物語のキーポイントとなる伝説の石が石作玉作神社には祀られています。 「玉姫物語」 木之本の昔話に残るこのお話は、少し悲しい結末を迎えるのですが、このお話をもとに現代版ファンタジーとして思い描くままストーリーにしてみました。今回、最後は希望の光が見えるようなお話に仕上げることを目標にしています。 そして、皆様に木之本町千田のことを知って頂きたい。 日常に疲れた人々に、疑問に気付くひらめきと行動する楽しさと、そういうものを考えて頂けるような冒険物語に仕上げたいと思います。

お初様に学ぶ真ん中という生き方

近江屋草助
作者
近江屋草助

藤嶋宏美は美人の姉と可愛いい妹の真ん中、地味で目立たない二女。 姉と妹は宏美の自慢だったが、コンプレックスの源でもあった。 小さい時から姉妹と比べられ、自分自身を見失しないそうになった時、 浅井三姉妹のことを知り、自分と同じ二女 お初の生き方に共鳴。 それから、 お初と宏美の二人三脚の人生がスタートすることになる。 さて、宏美はどんな人生を送るのか、お初の人生と重ねて見てください。 

星のパイロット

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星の王子様の作者が最後に乗っていた機体のプラモを観て想いに耽る樫之浦琉星が女の子に言われた言葉はというと。

別の形で復帰

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 風張光人は今は音楽活動から離れている、だがその彼にゲーム部の部長が声をかけてきて。

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

実は死んでいて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星谷梨羅は一回死んですぐそこで死んでいた自分そっくりの外見の娘と身体が入れ替わってしまった、その娘とその時から交流がはじまりわかったことはというと。

和洋の折衷

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マツ=ルドリーはコーヒーが好きでしかもお餅も好きでそれで両方共楽しんでいて彼女の兄にも紹介して。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

修士の後は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ルティア=カル=クロムウェルは修士となったが彼女に教える教授がさらに勧めるコースはというと。

宇宙生物の日本語

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 宙学星苺々の日本語をどうかと思った日本人の飛行士は彼が普通に思う日本語を教えていったのだが別の日本人の飛行士が教えた日本語は。

猫舌娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リリィを養女としている資産家が彼女に心から願っていることは一体何かというと。

虫歯にならない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 入れ歯くんが歯がなくなってもいつも歯磨きを欠かさないのはどうしてか。ハッピーエンド仕立てになっています。

さよならの前に
残酷な表現含む+

古楽
作者
古楽

Twitterで始まりと終わりの一文が決まっていて書く小説で書いたものを記録用に… 「さよならの前に覚えておきたい」で始まり、「ただそれだけだったのにね」で終わる物語 が課題でした。 Twitterなので短編。 僕としては初めて書いた課題でもあります。

ながはまトポロジー

門松 伸弥
作者
門松 伸弥

長浜市出身の主人公・久保遙は、同級生の松木眸、宮本彩香とドラゴン事業所に就職した。伸び悩みが指摘される長浜観光の活性化を期し、65歳のドラゴン・横田龍一を代表とするのがドラゴン事業所である。風変わりな入社式の中で、ドラゴンはユニークなデザインと味付けを施したお好み焼・【ながはま焼】を商品開発し、行列が出来るほどの大人気作になったが、隣接他県の魅力ゆえに、長浜への来訪者が伸びなくなった。危機感を抱いたドラゴン事業所は、敦賀と西濃エリアに視察に行く。遙は西濃エリアに行き、そこで観光地をスポットどうしの平面的なつなぎ合わせではなく、立体的な構図の中で活かされていることに目を見張った。遙とドラゴンの思いが一致した事業所は、「聖(せい)供之地(くのち)」と呼ばれる富永荘をパワースポットとして売り出し、多くの人を引き寄せることに成功した。今後、長浜市は、益々の集客力が見込めると遙とドラゴンは確信した。

聖母の神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表の世界では敬虔な聖職者であるエルキュール=ドナーが何故彼女が率いる裏の組織では神はあてにならないと言うのか。その理由は。

上官の勧め

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 乱原るうが上官に士官学校へ行くことを勧められた、るうの下す決断や如何に。

思わぬ変化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 剣士であり軍人であろうとする王女フラム、その彼女を見た東の島国の皇子が彼女に会うにあたって言うことは。

殺しはしない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蘇る為に他者から身体を一部であろうとも奪っていく失物奪。その彼が罪を犯そうとも決して犯さない罪は何なのか。

十一月三十一日

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九月三十一日という有り得ない誕生日を持っているジャパ子が勝手に友人にしているクラスメイト達にパーティ―に誘うがその日はというと。

肯定して欲しくない人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠枝結奈は否定されると駄目になる、だが祖父が彼女に話す肯定してくれなくてもいい人はどんな人かというと。

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

おもちゃは素敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 支倉千沙都が街に出ておもちゃ屋でアルバイトをはじめてわかったことは。そして千沙都はどういう気持ちで働いているのか。

どうして暮らしているのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 中卒引きこもりニートというどうして生きているのかわからないタケダ君、だが普通に暮らせているがその秘密は。

アラサー女の家族

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 和泉瑞樹のプライベートは謎に包まれている、彼女自身だけが知っているものだがその内容はというと。