Novel
新着小説作品

優しい理解者

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九天羽はいつも女装をしている、本来の自分であるというその姿を通じてわかること思うことはというと。

実は死んでいて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 星谷梨羅は一回死んですぐそこで死んでいた自分そっくりの外見の娘と身体が入れ替わってしまった、その娘とその時から交流がはじまりわかったことはというと。

和洋の折衷

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マツ=ルドリーはコーヒーが好きでしかもお餅も好きでそれで両方共楽しんでいて彼女の兄にも紹介して。

日本への誤った知識

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本に来たばかりのエヴァ=エレンチコワの日本への知識はどうにも偏っていて周りが彼女に言うことはというと。

文武両道なれど

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マークスは彼の成績なら礼儀作法をマスターすれば騎士になれると言われた、しかし彼は堅苦しいことがどうも嫌いで。

修士の後は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ルティア=カル=クロムウェルは修士となったが彼女に教える教授がさらに勧めるコースはというと。

宇宙生物の日本語

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 宙学星苺々の日本語をどうかと思った日本人の飛行士は彼が普通に思う日本語を教えていったのだが別の日本人の飛行士が教えた日本語は。

猫舌娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 リリィを養女としている資産家が彼女に心から願っていることは一体何かというと。

虫歯にならない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 入れ歯くんが歯がなくなってもいつも歯磨きを欠かさないのはどうしてか。ハッピーエンド仕立てになっています。

さよならの前に
残酷な表現含む+

古楽
作者
古楽

Twitterで始まりと終わりの一文が決まっていて書く小説で書いたものを記録用に… 「さよならの前に覚えておきたい」で始まり、「ただそれだけだったのにね」で終わる物語 が課題でした。 Twitterなので短編。 僕としては初めて書いた課題でもあります。

ながはまトポロジー

門松 伸弥
作者
門松 伸弥

長浜市出身の主人公・久保遙は、同級生の松木眸、宮本彩香とドラゴン事業所に就職した。伸び悩みが指摘される長浜観光の活性化を期し、65歳のドラゴン・横田龍一を代表とするのがドラゴン事業所である。風変わりな入社式の中で、ドラゴンはユニークなデザインと味付けを施したお好み焼・【ながはま焼】を商品開発し、行列が出来るほどの大人気作になったが、隣接他県の魅力ゆえに、長浜への来訪者が伸びなくなった。危機感を抱いたドラゴン事業所は、敦賀と西濃エリアに視察に行く。遙は西濃エリアに行き、そこで観光地をスポットどうしの平面的なつなぎ合わせではなく、立体的な構図の中で活かされていることに目を見張った。遙とドラゴンの思いが一致した事業所は、「聖(せい)供之地(くのち)」と呼ばれる富永荘をパワースポットとして売り出し、多くの人を引き寄せることに成功した。今後、長浜市は、益々の集客力が見込めると遙とドラゴンは確信した。

聖母の神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表の世界では敬虔な聖職者であるエルキュール=ドナーが何故彼女が率いる裏の組織では神はあてにならないと言うのか。その理由は。

上官の勧め

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 乱原るうが上官に士官学校へ行くことを勧められた、るうの下す決断や如何に。

思わぬ変化

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 剣士であり軍人であろうとする王女フラム、その彼女を見た東の島国の皇子が彼女に会うにあたって言うことは。

殺しはしない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蘇る為に他者から身体を一部であろうとも奪っていく失物奪。その彼が罪を犯そうとも決して犯さない罪は何なのか。

十一月三十一日

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 九月三十一日という有り得ない誕生日を持っているジャパ子が勝手に友人にしているクラスメイト達にパーティ―に誘うがその日はというと。

肯定して欲しくない人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠枝結奈は否定されると駄目になる、だが祖父が彼女に話す肯定してくれなくてもいい人はどんな人かというと。

お湯はいい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山那ココは水がプールでも泳げない位大の苦手だ、だがお湯に満たされたお風呂についてはどうなのか。

おもちゃは素敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 支倉千沙都が街に出ておもちゃ屋でアルバイトをはじめてわかったことは。そして千沙都はどういう気持ちで働いているのか。

どうして暮らしているのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 中卒引きこもりニートというどうして生きているのかわからないタケダ君、だが普通に暮らせているがその秘密は。

アラサー女の家族

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 和泉瑞樹のプライベートは謎に包まれている、彼女自身だけが知っているものだがその内容はというと。

浮蛍

古楽
作者
古楽

舞台の台本に書いたものですが、場面転換が多すぎて没(笑) 大量の蛍のイメージを何とか作りたかった作品です。 予定日を過ぎてもなかなか生まれない子どもが気になりながらも妻の父の進めて実家に戻った主人公は、亡き母に似ている不思議な女性と出会ったのです。 どこか子どもっぽくもありながら主人公を知っている女性は何者なのか? を書いた現代劇です。 この作品と『太陽と雨』は登場人物が同じで、どんな人にも主人公になる物語があることを変に意識していた時期でした。

ドラゴン蔓延るファンタジー世界で超絶ブラック労働勇者だった俺が長浜に転生してチート観光暮らしな件

水伴エイ
作者
水伴エイ

 ファンタジー世界でブラック社員並みの激務で肉体と精神が摩耗していた、十六歳の勇者、シャイン・ヴ・ラックは、国王へ勇者を辞めたい旨を伝えるが、激昂と供に辞意を拒否される。壊れかけの心の侭の帰宅途中、名馬トラック号に轢かれた後、羽衣天女の導きで、金と供に滋賀県長浜市に異世界転生する。  一つ年上、温泉旅館の娘姉川鮎香に拾われ、長浜の名物などで生きる楽しみを思い出すラック、その後、犬と泊まれる温泉旅館で、幸せな時間を過ごすが、ここである決意をする。  小谷城桜馬場で、自分の正体を明かすラック、そして、元の世界に戻って、自分と同じ苦しみを味わう勇者を救いたいと彼女に告げ、鮎香との再会を約束して、元の世界に戻っていく。

忘れな草

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

「愛は澱みなく惜しみなく…深く終わることなく続く…それはまるで…。」 高校2年生のみつきとありさ、そして前川と牧原はそれぞれ様々な家庭の事情を抱えていた。 だが、そんなことに負けない青春の物語です。

森のささやき

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蓮見かえでは学校の授業でワーグナーを聴いて音楽から森を感じた、そこで彼女が感じた森はというと。

諦めないことが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 村と国の惨状に諦めていたソライ、だがそこである男と出会って彼の考えは変わっていき。

育てて二十年

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 隠者は二十年育てている竜の子の姿が全く変わらないことを言われた、だがある朝その竜の子が突然喉が渇いたと言ってきて。

お父さん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 向日ヒナタが暮らしている家、そこには同居人の老人がいる。老人がヒナタの担任に話すことはというと。

敵は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 オプノバが台風の災害救助に仲間達と赴きそこで深く学んだことは何かというと。

竜に捧げる歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 たった一匹で森の奥に住む年老いたグリーンドラゴン、エターニャはそのドラゴンの前にやって来て。