Novel
新着小説作品

私は今、彼氏の太ももを、爪楊枝で刺し続けている。

作者
あまね/

彼氏の太ももを、爪楊枝で刺し続けている彼女の話

電影の森でー新しい古傷ー

作者
OSAMU

VR空間サービス内で繰り広げられる悲喜交々を、抒情性を交えて描写したいと思い立ち上げた新シリーズの一つ。

萬華集

作者
朝日奈徹

折にふれて詠んだ俳句や短歌を集めたものです。

無自覚モンスター
残酷な表現含む

作者
神崎 黎

ぼくはクラスメイトの夜沢唯花に違和感を持っていた。彼女はクラスの人気者だけれど、ぼくはできれば関わりたくない、と常々思っていたのだ。 体育の授業中、とんでもない事故が起きる。 ぼくの正体もバレそうだけれど、彼女の正体もやはり……

クレアの独白

作者
群青

これは、前世の『知識』を持つ、一人の少女のお話 前世の『記憶』が蘇った時、運命の歯車が回りだす 前世の恋人と現世の婚約者、少女はどちらの手を取るのか!? 少女の決断を見届けよ!!!!

卒業ランナーズハイ

作者
あまね/

卒業式に走る話。

わがままピグマリオン

作者
夏瀬ムラシ

ユメコは妄想好きな女の子。 ある日、自分の妄想デートの相手にと理想の彼氏を妄想した。 その晩、ユメコの夢にその彼氏が出てきて…。 創作する時にありがち(?)な、自分で書いてて耳の痛い展開です。

冷えのぼせの学業賞

作者
阪マキホ

卒業は、喜びと悲しみだけじゃなかった。

合理的な博士

作者
コルフーニャ

合理的なものこそ正しく、非合理な人類を認めないN博士は生物を滅ぼし、全てが合理的な世界を創ろうとしていた。そして数年が経ち、N博士は合理的なロボットを作り上げる。果たしてN博士は、ロボットと共に生物を滅ぼし、合理的な世界を創り上げる事が出来るのだろうか。

もし学校が一杯の牛丼だったら。

作者
あまね/

世界が牛丼だったらと考えてみる話。

汽車と少女

作者
神崎 黎

Twitterのワンライ企画で書いたものです。 汽車で偶然乗り合わせた少女は、私の……

アナスタシア・ブルー

グループ
イラストに小説をつけて欲しい方募集中!
作者
八子 棗

高校を卒業して、彼の住む雪国の町にやってきた「蓮沼ゆり」。彼とともに暮らし始める直前に、彼は謎の失踪を遂げてしまう。 彼の行方を追う探偵の近藤さんに言いよられながらも、慣れない街で一人暮らしを続けるゆりの前に、一人の女の子が現れる。

ジゴクカリンネ
残酷な表現含む

作者
八子 棗

粘着質な水音が近付いてきたら、決して足を止めてはならない。振り返っていいのは、その水音が止んだ時だけだ。忠告を無視すれば、その水音の仲間入りをするだろう。 夜の帳に包まれた、パルス共和国の王都の路地裏に、一人の男の姿があった。男の左肩から指先までが、蠢いている。よく見れば、それが意思を持った何かの寄生した痕だということが分かるだろう。 男の名前はニスタ。災厄の男として指名手配を受ける、重罪人だ

献花のアセビ

作者
因幡雄介

江戸時代――とある村で、凶悪な妖怪が封印された。 時は流れ現在。 白波一久は大学の仲間たちと、生まれた故郷である田舎に帰っていた。 満開となった桜の花見をしているときに、奇妙な和服姿の少女と出会う。 少女は自分の名をアセビと言い、白波にある頼み事をする。 そこにある壷のふたを――開けてほしいと。

ひみつのくすり

作者
神崎 黎

Twitterのワンライ企画で書いたもの。 瞬発力だけで書ききったのですが、わりとブラックユーモア効いてていいのかなと、と思ってみたり。

ゆきんこ
残酷な表現含む

作者
神崎 黎

真冬の子ども行事の日に、少年は山へ向かう。 そして目にした光景はとてつもなく現実離れしたものだった。 過去に書いた短編です。

秘密

作者
神崎 黎

少女は何故、誰もいない校舎の階段をのぼるのか。 習作用の掌編です。

灰色の勇者たち ▲▲▲‐グレードランス‐▼▼▼
R-18残酷な表現含む

作者
三鷹キシュン

 魔王・竜王・冥王・霊王・覇王・焔王の六王が支配した世界‐イグザリア‐。  人間たちは二千年にも及ぶ王同士の大戦に巻き込まれながら果てしない戦場を闊歩していた。しかし突如戦争は終結を迎える。 ひとりの人間が神によって選ばれ、大いなる力で六王はそれぞれ支配していた領地に封印した。 時は流れ…六王の支配からさらに二千年後。世界は人間たちが統治していた。 人間たちはギルドを築き、今でも六王が解き放った魔

九水球小劇場

作者
朝日奈徹

Pixivで連載中の大河ファンタジイ「九水球逢魔街道」  第1部はこちらから→  http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4566045 に登場する人物たちによる、心温まる、そして時に周囲を凍らせる四コマ的小劇場です。

倉庫

作者
かんほくと

エーテルって何かなーと思って書いてた気がします。 昔の短編。

写生大会

作者
かんほくと

人生の意味とは何かなと思って書いたのだと思います。 過去の短編。

役場の駐車場

作者
かんほくと

妄想作品。 過去の短編。

湯呑茶碗

作者
かんほくと

時間の感じ方について、こんな考えどうかしらという作品。 過去の短編。

塩壺
R-18残酷な表現含む

作者
かんほくと

ちょっこしホラーに挑戦。 グロ注意かも。昔書いた短編。

寿司

作者
偽瞑想知(ギメイソウトモ)

寿司について☆

甘いケーキと、苦い涙。
残酷な表現含む

作者
詩田万葉

ちょっと変わった女の子と、 ちょっと変わったお母さんの話。

ゾンビエース

作者
あまね/

気弱なエースが禁断の方法で心を強くしようという話。

クリスマスが嫌い

作者
まるだまる

 クリスマスにこんな恋愛小説はいかがですか?

静かな波

作者
なかたたかこ

何気ない日常を過ごしている普通の専業主婦みさが、とあるきっかけが元となり、心に葛藤が生まれます。

二つの月

作者
ウミツバメ

世界は闇に閉ざされて、空には満月が登っている。湖のほとりで僕は一人の女性に出会った。