Novel
新着小説作品

アニメ主題歌

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大人気インディーズバンドGemini。メンバー全員が小柄な為メジャーデビュー出来ない彼等のところに声優事務所の人が来て。

昼寝三昧

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は恐ろしい妖力を持っている五徳ねこ。その恐るべき彼の暮らしはどういったものなのか。

草原のメイド

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 人間ではないアバク=バニュバジェニ=エボニーをメイドとして雇っている主の考えはどういったものなのか。差別を扱った作品でもあります。

白詰襟の苦悩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 海上防衛隊幹部の夏の礼装であり白と金の詰襟が似合う山本七八。だが彼女自身がその服に思うことは。

エンジェルオブニート

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 普段は人間の家でニート生活の天使アルフェリア。その彼女が働く時はというと。

魔界の試験

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フィリア=クロは召喚されて不機嫌全開だった、彼女がどうして不機嫌で口が悪いのかというと。

マジピンチな時には

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 困っている人をいつも茶化す今井つつじ。だがその人が本当に困っている時に彼が取る行動はというと。

ピンクの戦車

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 軍の高官達が王女であるピクトリア=パレットに兵器のことで新しい兵器を出してくれる様お願いした。その声に応えてピクトリアが出した兵器はというと。

練習あるのみ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 相楽ユキはピアノの練習のし過ぎを言われていた、その彼女がアドバイスされた演奏以外の練習はというと。

虫でも好き

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 倉田陽菜子は虫が苦手である、だがそれと共に変なものを集めることが好きなので。

身体を怪我しても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いつも身体の何処かを怪我しているボロ子さん。けれどその身体の怪我を大したことがないという理由は。

一五〇位何だ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自分が小柄なことを気にしているマサミ。そのマサミに彼女の姉が言う言葉はというと。

ヘアアレンジ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 シオリはクラスで趣味のヘアアレンジを何かと楽しんでいた、だがとんでもない髪型にしてみたところでいきなり。

得意料理は何か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 土居ちゃんは友人達と楽しく飲み食いしていた、その中でこれといった食材がないがその食材達を見て土居ちゃんが言うことは。

許嫁には内緒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月ひよりは暗殺者の家の姫である。だが許嫁にはその素性を家単位で隠して付き合っていて。

滅びることのない絆

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヘインを見た若い薔女達は彼女を恐れた、だが彼女達が戦場で窮地に陥った時にヘインが取った行動はというと。

スナイパーになった訳

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦乱の続く雪国でスナイパーとして戦う女子高生美河由紀。彼女がスナイパーになった理由は。

憑く相手

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 興味が持った相手に繁栄を、飽きた相手に破滅をもたらす電々犬。その電々犬に女神が言うことはというと。

般若の面

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 近頃夜の街を着物姿で鬼の面を被って歩く怪人物が人々を怖がらせていた、その怪人物の正体は誰なのか。

謎の古文書

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 種羅は親友である人間のカップルから神代文字の古文書を受け取った、その古文書を解読してわかったことはというと。

組織の正体と黒幕

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サイボーグになった北村リズは自分の家族を殺した組織とその関係者達と戦い倒していく、その中で彼女が知った組織の正体と黒幕は。

雀鬼との勝負

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 コレット=フランベールが務めるカジノで麻雀の卓が置かれた。そこに東の島国から来たというギャンブラーが来て雀卓に座り。

思えば昔のこと

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 モスクワの居酒屋でユーリィはある青年と親しくなった。その青年にウォッカを飲みつつ語ることは。

ウィンターシャワー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 自分に悪質な寄生生物、虫達を入れた組織に復讐を果たしたニスタ。その彼が虫達を治してくれるという医者のところに行き受ける治療は。彼は果たしてどうなるのか。

忙しい中でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 学業にサークルにアルバイトにと多忙な日々を送る雛森加奈。その加奈が忙しい中でも楽しむものは。

長浜HEROES-みつなり子ちゃんと三杯の茶-

水伴エイ
作者
水伴エイ

 2018年、長浜は闇に包まれた。世界の危機を救うため、余呉湖、羽衣天女に召喚される、狐娘お花等の長浜出身の歴史上の人物達。だが石田三成はどういう訳か、女子高生の姿で召喚される。  困惑の中も、長浜と世界を救う為に戦い始める三成、だが、闇の黒幕の正体はかつての主君、豊臣秀吉、彼は三成を退けた後、長浜城を黄金化し空へ浮遊させる。  心が折れかけた三成だが、芳洲の激励で戦いを決意。一貫斎の鷹で城に乗り込み、小堀遠州の助力で天守閣で秀吉と対峙、一度突き落とされるが、女子高生服を装った天女の羽衣の力で、秀吉を倒す。  目覚めた秀吉に、あの日のよう、三杯の茶を振る舞おうとする三成、だが最後の一杯は、飲む事無く秀吉は天に帰り、三成は慟哭する。

石田三成かくれ里 ふるさと古橋ものがたり
残酷な表現含む

古橋 童子
作者
古橋 童子

慶長五年九月十五日、石田三成は挙兵し、豊臣家安泰の為に徳川家康との合戦に臨みました。「関ヶ原の戦い」です。結果は惨敗。関ヶ原の戦いについての著書は多くありますが、敗戦後から処刑までの間にあったことを詳しく語ったものはありません。 石田三成は、現在の木之本町古橋へ逃れ、潜伏していました。たった数日の潜伏でしたが、そこには恩と温があるひとときがあったのです。法華寺三珠院、老院善説、オトチの洞穴、竜泉寺、与次郎、高時川大橋…… 古橋生まれの私が父から聞き、また、ずっと村の中だけで語り継がれてきた口頭伝承を、地元保存会の皆様の御協力のもと物語として再構成し書籍化しました。石田三成は古橋村で村人たちとどのように過ごしていたのか。どうして捕まったのか。現地の方言を使って空気感を大切にし、今、皆様にお伝えします。

鳰と海

古楽
作者
古楽

戦国時代、北近江の雄浅井長政には天下人に関わる三姉妹がいた。 しかし、三姉妹と母が異なる姉のことはあまり知られていない。 茶々が反発し、初が懐いた浅井くす。 もう一人の浅井姉妹の物語です。

人間になった理由

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実はカタツムリである大学生ハナ。誰が彼女を何の目的で人間にしたのか。

玉座と血

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今も玉座を狙う叔父。その叔父に対してマツリカが行う政略はというと。政治のうえでの戦いを書いた作品です。