Novel
新着小説作品

どこまで大きいのか

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 実は巨人であるクラテリスが実家に帰った時にかつて地球にいた恐竜や巨人達の話を聞いたところ。ダイダラボッチについても書かせてもらいました。

かんざし売りの女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫蓮は忍者仕事よりも相棒と一緒に大坂で営んでいるかんざし売りの方が忙しくなっている、その彼女の日常はどういったものか。

倒したくなくても倒す方法

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 妹と共に仕事の依頼であるモンスター退治の場所に赴いた龍燕ライヤ。だがそのモンスターは彼が大嫌いなムカデの化けもので。

祭りに出れば

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 お祭りに出て好きなものを食べる九条ひかり。だがあまりにも食べ過ぎてしまって。夏なのでお祭りを意識して書かせてもらいました。

天才小説家 流雲の謎解き紀行〜滋賀県長浜市編〜

古谷新月
作者
古谷新月

天才と呼ばれているが、変わり者で「困ったちゃん」な小説家、猫村流雲とその助手、宮野優希。 取材旅行と称して、滋賀県長浜市に訪れる。 そこで流雲が「長浜」の由来をいつものようにいい加減に想像し始め… 果たして、流雲が想像(創造?)した「長浜」に込められた意味とは…

猛虎の歴史

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は部活で阪神の歴史を研究して発表することにした、そこで美帆が知った愛する阪神の歴史はというと。

大阪にもいる

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 幽霊が苦手な緑橋莉乃にあるクラスメイトが幽霊なんていないと笑って言った、莉乃がそのクラスメイトを連れて行った場所はというと。

星屑を集めて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 男の子が悲しくて泣いていました、ですが男の子の目の前に宇宙からアルネブがやって来て。宇宙人のファンタジーものです。

駄目な後輩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 深江橋みなみは服装が無茶苦茶な後輩に毎朝風紀部員として注意している、みなみがその後輩に注意し続ける理由はというと。

ブルーベリーへのお礼

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神々はホムンクルスになり外見が変わっても清らかな心のままでいる瞳ねぇさんを観て彼女を救おうとした、そうして彼女のところに赴いたが。

ドイツの味か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀が大好きなジャガイモのパイ、クラスメイト達は由紀と一緒にそのパイを作って食べてみるとその味は。

遊牧民のもてなし

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅人が草原でシクと会った。遊牧民である彼の旅人のもてなし方は一体どういったものかというと。モンゴルのお客さんのおもてなしを参考にして書かせてもらいました。

魅惑のハンバーグ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月とユニットを組む朝熊日向の今回の仕事は大好物のハンバーグの食べ歩き。果たして彼はどれだけのハンバーグを食べられるのか。

寝ると何でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 寝ることが大好きなねむきが夏バテになっている母に対して行うアドバイスはというと。今年の猛暑を思い書かせてもらった作品です。

NGの仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 色々な仕事が出来るアイドル如月夕也がどうしても駄目な仕事は何か、今放送中の某ホラーアニメを観て書かせてもらった作品です。

脇差の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 決戦が終わりことも果たした主人公がアズマに別れる時に彼の武器である脇差のことを聞くと何とその脇差は。

優しい用心棒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 心優しい用心棒璃雨。同じ主に仕えている執事は彼の前の仕事を幼稚園の先生か動物園の飼育員と考えていたが。

犬を引き取って

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紫樹は犬嫌いだがついついある犬を引き取ってしまった、彼は犬の世話を一切しなかったのだが。

苦しみと救い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 スクールカーストの頂点にいる伊崎みなみ。その彼女が対立している理事長に正面から言われることはというと。

貴方の心が好きだから

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マリアナに拾われた少年にマリアナは自分の秘密を告白したが彼は笑顔でその秘密を受け入れた、そうなったのはどうしてか。

心霊探偵河島

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 河島洋平はある男から彼の妻の浮気調査を頼まれた、彼の心霊調査でわかったことはとんでもないことだと思ったら。

何でもある店

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるパーティーがないものはないという店に入った、その話は本当かとパーティーの各自が超レアアイテムを出してくれと言ったが。

哲学者は静かに思索する

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 テメガノの種族が人間に見付かる前に何処に移住するかと悩んでいた、テメガノがその光景を見て思うことは何か。

巨乳撲滅運動

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アドラジオンこと芦原麻友は巨乳撲滅の為に胸の脂肪を吸引する機械を開発しようとした、麻友の恐ろしい計画は実るのか。

ある少年の疑問

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 読書をこよなく愛する少年アレクシスが抱いた疑問とは何か。ある作家のミステリーを題材とした作品です。

全てはメロンパンの為に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神戸バンはメロンパンに全てを賭けている。その為には沖縄にも日帰りで行き。タイトル通りのお話です。

理解可能

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パソコンの中にいる少女通称ノイズ、持ち主と彼女の交流は続けられるが果たしてそれは可能なのか。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。

謎の素顔

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南朱雀は表の世界では目立たない大学生に過ぎない、だが裏の世界での彼はというと。

男の娘は姉達と

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 美少女と見間違うばかりの男の娘黒鷹琉華。何故彼いや彼女が男の娘になったかというと姉達が関係していて。