Novel
新着小説作品

天才薬剤師

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天才薬剤師生野ロートが要求する報酬は法外だ、彼はその報酬を何に使っているのか。自分で作ったカシキャラの作品です。

漢道

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野当直は不良だが毅然としていて男らしい。その彼の心の根底にあるものは何か。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

大雨の中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 苦手な大雨の中での戦いとなった東成ガス太郎、果たしてガス太郎はその戦いに勝てるのか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

どんな汚れも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大和川から全身ヘドロだらけの怪獣が姿を現わした、城東バブルは怪獣の身体を奇麗にしてからその訴えを聞いた、その訴えは。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

椿の力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪二十六戦士の一人鶴見椿はどう見ても戦闘向きの性格と能力ではない、しかしその彼がどうして戦士かというと。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

咲き誇れ大阪桜

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪の桜が早くに全て散ってしまった、都島桜は舞を舞って大阪の桜を救おうとするが。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

野球をしてみた

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西淀川猛虎はいつも阪神のユニフォームを着ている。その彼の野球の腕前は。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

気は優しくて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東淀川マンモスはとても優しい、その優しさは戦いの時も出て。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

短編集

夜行性の人
作者
夜行性の人

思いついた短編をゆったりと投稿していこうと思ってます。 ショートショートだったり話が繋がってたり様々な形態ですが、同じようなものはできるだけまとめるようにします。 評判が良ければ長編化も……?

喧嘩は弱いが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南蛸一は喧嘩は誰にも勝てない位に弱い、だがその弱い彼が大阪を護る戦士であるのは何故か。今回はちょっと変わったヒーローです。

不良に串カツ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北串勝は不良高校の健全化を依頼された、串勝が大阪を護る戦士の一人として不良達に行った健全化の方法はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

美味い水

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 淀川草魚のところに大阪の老人達が水道水をそのまま美味しく飲みたいとお願いしてきた、草魚が大坂の水道局の人達と一緒に考えて出した解決案は。ちょっと科学が入っている作品です。

悩みの告白

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 優木愛は彼氏には言えない悩みがあった、その悩みはというと。キャラの設定は一部変更しています。

梅の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旭梅太郎は今もある人のことを想い残念に思っていた、その彼の前に現れた子供は誰か。

橋の守護神

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大淀橋女は大阪の人達が利用する橋を少しでも丈夫なものにしようと日々努力している、その努力が実って大阪の橋達は恐ろしい台風が来ても全て無事だった。だが橋女がその時に思ったことはというと。

流麗なる者
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 後宮で由々しき事件が起こった、だがその事件の解決に一人の宦官が名乗り出て。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

夢は大きく

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西どてらい、夢は世界一の社長になるという彼の仕事ぶりは。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

変わらない味

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天王寺作之助が愛する味、それは何かというと。自分のカシキャラを使って書かせてもらいました。

調子の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 眞鍋香澄は日によって仕事の調子が悪い、それは何故か、自分のカシキャラを書かせてもらいました。

才媛の周り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 美人で成績優秀でスタイル抜群の佐藤由衣、しかし彼女の周りは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

三本尻尾の力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 阿倍野狐は日々大阪の子供達の交通安全の為に戦っている、その活躍はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

サイボーグとなり

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 豊臣秀吉は大阪の街と人々を護る為に蘇った、だがその身体は機械で。自分のカシキャラを書かせてもらった作品です。

蒼の英雄
残酷な表現含む

夜行性の人
作者
夜行性の人

息抜きに制作。 少女は、英雄と出会う。

告白自転車

因幡雄介
作者
因幡雄介

ショートショートです。

終わらない片思い

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

小さくて切ない片思いなのです。

浪速っ娘気質

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 谷四妙子は気風がよく人情がある。江戸っ子みたいと言われるのが嫌だがそれでも浪花節と言われると。自作のカシキャラを書かせてもらった作品です。

電気風呂

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 谷六光は電気風呂が苦手だ、だがその光がお風呂上がりの母を見て思ったことは。自作のカシキャラを書かせてもらった作品です。

追試

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天満橋江梨子は数学が苦手で赤点ばかりです、だがそれにもめげずに江梨子は。自分のカシキャラを使った作品です。

山嵐

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 谷九明子はよく山嵐を使えるタコ足を羨ましいと言われていた、だが実際のところは。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

舞台で注意すること

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東梅田七瀬がとにかくズボンを穿きたがって学校でも常にスカートの下が半ズボンである理由は。自身ノカシキャラを扱って書いた作品です。