Novel
カシキャラ登場 小説作品

白い雨New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 裏の仕事をしている学生三崎亮。彼が仕事の後で行く場所は。シリアスな作品にしてみました。

青汁New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小野くんは青汁が大好きだ、何故皆がまずいというこの飲みものを好きなのか。キャラの好物に注目した作品です。

終わった後でNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 戦いを終えたアルフレド=アーチャー。何もすることがなくなり酒浸りとなっていた彼が見付けたもう一つの道は。あえてキャラのその後を書かせてもらいました。

鬼妹New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 鹿倉武がどうして妹にだけは頭が上がらないのか。このキャラの妹さんも魅力的なキャラだと思います。

記憶にない方がNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 迅=トニックの記憶がなくものを覚えられないのはどうしてか。キャラクターの設定から書かせてもらいました。

修行中であるがNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小学生ながらも大阪市長である大阪幸雄。彼の活躍ぶりはというと。このキャラのモデルは敬愛する西本幸雄さんです。

邪悪の権化New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 邪悪の限りを尽くす悪野巨人、その邪悪ぶりはというと。書くつもりはないキャラでしたがあえて書かせてもらいました。

若葉の夢New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 近寄り難い少年若葉キラ。その彼の夢は。はじめて他の方のカシキャラを書かせて頂きました。

歯牙にかけるまでも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 此花功は常にある知識人に攻撃されている、しかし功がそのことを一切気にしないのは何故か。自分のカシキャラを書いた作品です。

夏でもすき焼き

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 福島藤男はすき焼きと日本酒が好きだ、それは夏も同じで。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

大きな身体でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大正喜平次はいじめの話を聞いた、普段優しい彼が取った行動はどういったものかというと。筆者はいじめをする連中は徹底的に制裁を与えるべきと考えています。

吹き荒れよトルネード

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 港英雄は自らの力である竜巻を滅多に使わない、それは何故なのか。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

卵焼きも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 目玉焼きが大好物の住之江満月は目玉焼きを食べるだけでなく焼くことも得意だ。では卵焼きはどうか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

茶コーヒー対決

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 紅茶がいいか、コーヒーがいいか。西成茶太郎が出した判定は。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

高校生にして父親

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪二十六戦士の一人浪速三吉は高校生にして妻子がいる、何故彼はそんなことが出来たのか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

教えること

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東住吉長居が肥満に悩む高校生に教えることは。自分で創作したカシキャラで一作書かせてもらいました。

ジンベエザメの心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪の海遊館のジンベエザメと自分で創作したカシキャラを合わせてみた作品です。

天才薬剤師

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 天才薬剤師生野ロートが要求する報酬は法外だ、彼はその報酬を何に使っているのか。自分で作ったカシキャラの作品です。

漢道

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 平野当直は不良だが毅然としていて男らしい。その彼の心の根底にあるものは何か。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

大雨の中で

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 苦手な大雨の中での戦いとなった東成ガス太郎、果たしてガス太郎はその戦いに勝てるのか。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

どんな汚れも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大和川から全身ヘドロだらけの怪獣が姿を現わした、城東バブルは怪獣の身体を奇麗にしてからその訴えを聞いた、その訴えは。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

椿の力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪二十六戦士の一人鶴見椿はどう見ても戦闘向きの性格と能力ではない、しかしその彼がどうして戦士かというと。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

咲き誇れ大阪桜

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大阪の桜が早くに全て散ってしまった、都島桜は舞を舞って大阪の桜を救おうとするが。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

野球をしてみた

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西淀川猛虎はいつも阪神のユニフォームを着ている。その彼の野球の腕前は。自分のカシキャラで一作書かせてもらいました。

気は優しくて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 東淀川マンモスはとても優しい、その優しさは戦いの時も出て。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

喧嘩は弱いが

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南蛸一は喧嘩は誰にも勝てない位に弱い、だがその弱い彼が大阪を護る戦士であるのは何故か。今回はちょっと変わったヒーローです。

不良に串カツ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 北串勝は不良高校の健全化を依頼された、串勝が大阪を護る戦士の一人として不良達に行った健全化の方法はというと。自分のカシキャラを書かせてもらいました。

美味い水

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 淀川草魚のところに大阪の老人達が水道水をそのまま美味しく飲みたいとお願いしてきた、草魚が大坂の水道局の人達と一緒に考えて出した解決案は。ちょっと科学が入っている作品です。

悩みの告白

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 優木愛は彼氏には言えない悩みがあった、その悩みはというと。キャラの設定は一部変更しています。

梅の思い出

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旭梅太郎は今もある人のことを想い残念に思っていた、その彼の前に現れた子供は誰か。