Novel
カシキャラ登場 小説作品

お化け屋敷だけは

作者
坂田火魯志

 花園郁恵は文化祭のクラスでの出しものに大嫌いなお化け屋敷をすることになって大反対だった、それで作業には参加したが。カシキャラ作品です。

七人兄妹の二番目

作者
坂田火魯志

 四橋早苗は七人兄妹の中で一番最初の女の子なので兄妹のまとめ役をしている、このことは大変だけれど。カシキャラ作品です。

路上ライブ

作者
坂田火魯志

 歌手としてデビューが決まった肥後橋一恵が大阪での活動にこだわる理由は。カシキャラを主人公にした作品です。

目標でありライバル

作者
坂田火魯志

 西梅田沙綾は祖父を尊敬していると共に大嫌いであった、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

女寿司職人

作者
坂田火魯志

 新金岡珠緒は寿司屋の娘で文化祭の寿司の出店でもその腕を期待されていた。そして珠緒はその期待に添えるが他のものも見せるのだった。拙作のカシキャラを書かせてもらいました。

焦らない焦らない

作者
坂田火魯志

 なかもず理恵子はとにかく焦らずのんびりしている、それで何でもスローモーションだが。カシキャラ作品です。

女子の学級委員

作者
坂田火魯志

 北花田美紀は自分で先に動いてきつい仕事からしていく学級委員だ、これは学級委員特有と思っていたら。女の人を書いたカシキャラ作品です。

生ものには注意

作者
坂田火魯志

 長居史奈が食べものの新鮮さを見極められる理由は。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

ダンスダンスダンス

作者
坂田火魯志

 ダンスをしている西田辺優子にダンススクールの先生が勧めるアドバイスは。自分のカシキャラを書いた作品です。

お金はいつも

作者
坂田火魯志

 あびこ曜子はお金が入るといつも使ってしまう。ただそれでも守っていることはというと。拙作のカシキャラを自分で書いてみました。

動物園の過去

作者
坂田火魯志

 動物園好きな美沙子はよく天王寺動物園に行く、そして動物園で絶対に行く場所は。大阪の歴史の中での悲劇を書かせてもらいました。

年下キラーの指輪

作者
坂田火魯志

 年下の子に告白されることが多くて困っている里香。その里香が考えた解決方法は。大学生を主人公にした作品です。

夜のパトロール

作者
坂田火魯志

 園前静香は不審者退治の為にクラスの皆と夜のパトロールに出たが。カシキャラのキャラを自分でも書かせてもらいました。

漱石より三島由紀夫

作者
坂田火魯志

 大国ゆきえは姉妹達と夏目漱石について話していた、作家としてはともかく人間としての漱石は。カシキャラを自分で書いてみました。

恋愛は難しい

作者
坂田火魯志

 難波里奈は恋愛についてまだまだ無知なので勉強していった、だが途中で変な方向に行ったりして。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

もっと高く

作者
坂田火魯志

 心斎橋まおみは部活の高跳びでもっと高く跳ぼうとしていた、毎日やっていて遂に。自分のカシキャラを出させてもらっています。

悩みは肩凝り

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

師匠に言われても

作者
坂田火魯志

 淀屋橋きいは納豆がどうしても食べられない、それは誰に言われてもそうなのか。カシキャラ作品です。

魔女から聖女へ

作者
坂田火魯志

 梅田蜜は容姿も服装も色気があり過ぎる。しかしその色気も祖母の注意で。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

落語女子

作者
坂田火魯志

 中津由美子は落語が好きだがあくまで上方落語派だと思っていたが。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

柔軟体操

作者
坂田火魯志

 西中島梓は非常に身体が柔らかい。それはバレエをしているせいか。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

だがそこがいい

作者
坂田火魯志

江坂かをりは女子力は高いがおじさん臭い。だがそれがかえって。自作キャラのカシキャラ作品です。

サイドカーで

作者
坂田火魯志

 東三国千里は頼まれて苦手なサイドカーのレースに出ることになったが乗ってみると。自作のカシキャラで書かせてもらいました。

子供には刺激が

作者
坂田火魯志

 新大阪遙はスタイル抜群の美人だが天然な性格で子供相手にもかなり無防備で周りはハラハラ。自作のカシキャラから書かせてもらいました。

After Dayz

グループ
blackletter
作者
夜行性の人

いつか、私たちは本当の自由に届くことが出来るのだろうか。 これは、少年少女の成長と日常を描く、言葉の物語。

Cursed Child
残酷な表現含む

グループ
カシキャラ作品コンテスト
作者
夜行性の人

白雪姫という誰もが知る童話。 しかし白雪とは、呪われた子の名前であった――。

遠い落日

グループ
カシキャラ作品コンテスト
作者
九条寓碩

【エンジェル・エランド file #000】 女だなんて思ったことはない。あんたは俺にとって、それ以上の存在だ。

ジゴクカリンネ
残酷な表現含む

作者
八子 棗

粘着質な水音が近付いてきたら、決して足を止めてはならない。振り返っていいのは、その水音が止んだ時だけだ。忠告を無視すれば、その水音の仲間入りをするだろう。 夜の帳に包まれた、パルス共和国の王都の路地裏に、一人の男の姿があった。男の左肩から指先までが、蠢いている。よく見れば、それが意思を持った何かの寄生した痕だということが分かるだろう。 男の名前はニスタ。災厄の男として指名手配を受ける、重罪人だ

献花のアセビ

作者
因幡雄介

江戸時代――とある村で、凶悪な妖怪が封印された。 時は流れ現在。 白波一久は大学の仲間たちと、生まれた故郷である田舎に帰っていた。 満開となった桜の花見をしているときに、奇妙な和服姿の少女と出会う。 少女は自分の名をアセビと言い、白波にある頼み事をする。 そこにある壷のふたを――開けてほしいと。

褒められたから

作者
阪マキホ

魔王の子ストラと、その従者になるべく出向いたアインの 出会いの物語。

12