第六章「探索」

令和7年(2025年)5月3日(土)
関東地方でM8.8の巨大地震が発生し、今も復旧は進まない。
秋葉原や原宿、池袋、上野等の観光地もすべて崩壊しており、
住宅街は大規模火災やコンクリート塀が倒壊し、73万棟が全壊した。
多摩西部では大規模な土砂災害が発生した。
東京都内は今でも、酷い状況が続いている。

日比谷公園

ある日遥達は日比谷公園で、食事をしていた。

未夢「ハムッ!いやぁ~うめぇーな!」
遥「掛さんが仲間に加わってもう数日経ちましたね。」

未夢は掛に配給のたこ焼きを差し渡した。

未夢「ほら、たこ焼きでも食えよ!」
掛「はい・・・いただきます。」

掛はたこ焼きを一口にした。

掛「いやぁ~避難所のたこ焼きもなかなかのもんだな。」
木村「それもそうだな。こうやってみんなで食べるのもいいじゃないか!」
掛「ああそうだな。」

すると掛はあることに閃いた。

掛「そうだ!俺、ちょっと探索したいところがあるんだ!」
遥「え?それって?」
遼真「どんな所?」
掛「銀座へ行きたいな。」
遥「銀座?」

そして、銀座にやってきた遥達は、
大地震でボロボロになっていたデパートを見つけた。

遥「掛さん、ここは・・・?」
掛「銀座〇越だ!ここなら何でもありそうだから
  色々補充できそうだな!」
遥「でも、しかし・・・。」

しかし、遥はそのデパートでの探索には全く乗り気ではなかったが
弟の遼真は平気で遥にこう伝えた。

遼真「大丈夫だよお姉ちゃん!この懐中電灯さえあれば、
   暗くても大丈夫だよ!」
木村「確かに気味悪りぃな。君たち補充が終わったら、
   すぐにここに戻るんだぞ!」
未夢「よし!行ってみるか!」

そして、遥達はデパートの中を探索始めた。

ポイント⑦ 地震で荒れ果てている建物は
      危険なので、絶対に入らないように!

銀座〇越の内部

大地震で停電して荒れ果てていた
デパートのフロアを探索している遼真と未夢。
そこはもう真っ暗でフロアは不気味だった。

未夢「ずいぶん気味悪いなぁ~。お前、本当に大丈夫なのか?」

未夢は不安そうだが、遼真はそれでも平気だった。

遼真「大丈夫だよ!僕は林間学校で何度か肝試しをしたことあるからね!」

すると遼真はあるものを見つける。

遼真「あっ、あれって!」

遼真はその場所をに向かった。

未夢「待て、遼真!走ったら危ないぞ!」

遼真が見つけたのは、スーパーアイドル“ビタミンズ”のポスターだった。

遼真「未夢姉ちゃん!これ、ビタミンズのポスターだよね?」
未夢「ああ、そうだ!あの大人気スーパーアイドルの事だな!
   アタシ、CD何枚か持ってるし、
   友達とライブも観に行ったこともあるからな!」

そして、遼真は再びある物を発見した。

遼真「やったぁ!マミーボだ!
   ミカちゃんのマミーボ、ずっと欲しかったよ‼」

未夢は慌てて遼真に注意する。

未夢「ちょっと遼真!これ人の物かもしれないんだぞ‼」

ポイント⑧ 落ちている遺失物は勝手に拾わないように!

そして一方、地下の食品売り場で掛は食料や飲料を補充していた。

掛「よし、補充はこれでOKだ。後はレジで金とメモを置いて皆を待つか。」

そして別のフロア、遥は不安そうにデパートの探索をしていた。

遥「なんだか怖いなぁ・・・
  ボロボロになったデパートなんか気持ち悪いよぉ・・・。」

遥は緊張しながら先に進んだ。
そこの売り場に懐中電灯を照らすと
そこには棚の下敷きなっていた血まみれの店員の死体を発見した。
遥はあまりの怖さに懐中電灯を落とし、悲鳴を上げた。

カタン!

遥「い・・・い・・・いやああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」

遥の悲鳴は他のエリアに響き渡った。

掛「なんだ?」

未夢「今のは・・・?」
遼真「お姉ちゃんの声だ!」

遥は絶望して泣き崩れた。

遥「もう嫌だ!!もうこの世にいるのは嫌だぁぁぁ‼」

そして、階段のところにいる掛達は・・・

掛「遥はどこにいるかわかるか?」

未夢は遥の泣き声の方に耳を傾けて・・・

未夢「3階の方にいる!」

そして3人は遥のいる3階フロアに向かった。

遥「うわぁ~んもう嫌だよぉ~!」

遥が1人で泣きじゃくってると、未夢達が駆けつけてきた。

未夢「遥‼アタシ達がいたからにはもう大丈夫だ‼」

しかし、遥はまだ怯えていた。

遼真「お姉ちゃん、大丈夫だよ!もうここを出よう!」
掛「何やってるんだよ遥!怯えてる場合じゃないぞ‼
  また余震が発生したら、デパートが崩れるかもしれないんだぞ‼」

遥は泣きながら呟いた。

遥「え・・・?ぐすっ・・・本当に崩れちゃうの・・・?」
未夢「当たり前だろ!早く脱出しないと
   アタシ達天井に押し潰されるんだぞ!」

そして、未夢達は泣き崩れた遥をつまみ出した。

未夢「もう時間がない‼さぁ行くぞ遥‼」
掛「急げ!急ぐんだ‼」
遼真「動いてよお姉ちゃん‼」

デパートの入口に木村が待ち伏せていた。

木村「いよいよ戻ってくるみたいだ。」

すると全速力で遥が木村に抱き着いた。

木村「は、遥!」

そして、未夢達も探索から戻ってきた。

未夢「木村さん、戻ってきました!」

遥は足に違和感を感じていた。

遥「あじが~いだいよぉ~!」
未夢「どうした遥、足が痛いのか?」
遼真「そうだ!僕が確かめてみるよ!」

遼真が遥の靴下をめくると遥の足には傷がついていた。

遼真「お姉ちゃん!足に傷がついてる‼」

その傷はデパートの階段から駆け降りるときに転んでしまったようだった。
すると、偶然避難所の医療スペースに戻る途中の少女に出会う。

少女「足に傷がついてるって言ってましたよね?」

木村は遥の事について少女に伝えた。

木村「この子の事だ!どこか落ち着かせる場所とかあるか?」
少女「あっ!近くに歌舞伎座があります。さぁこちらです。」

遥達はその少女についていき、歌舞伎座へ向かった。

歌舞伎座内部

暗い劇場内にライトを照らし本舞台いる遥達。
少女は遥傷の右足を消毒し、その傷に絆創膏を貼って手当てをした。

少女「はい、これでもう大丈夫ですよ。」
遥「はぁ・・・はぁ・・・ありがとう・・・。死ぬかと思ったよぉ・・・。」

遥は安心したせいか、疲れ果てていた。

木村「君は本当に天才だよな。」
頼子「はい!あの私、高輪医療大学教授の娘の|泉頼子《いずみよりこ》です。
   高校1年生です。これから日比谷公園の避難所に戻る所でした。
   私のお父さんは今、避難所の医務係をしているので。」
掛「なるほど、お前は賢いんだな!大学教授の娘だなんて凄いもんだな。」
遼真「お姉ちゃん、まだ興奮が収まらないね。
   未夢姉ちゃん、お水あるかな?」
未夢「あぁ、水なら避難所から補充して冷やしてあるさ!」

未夢は心に傷を負ったままである遥に水を差し出した。

未夢「遥、ほら、冷たい水だ。これ飲んで、心癒せよ!」

遥はペットボトルの水を飲んだ。

遥「はぁ・・・ありがとう。少し心も落ち着いてきた。」
頼子「良かったですね。あなた達は何をしてたんですか?」
掛「俺達は、さっきのデパートで
  いろいろ補充するために探索してたんだ。」
頼子「なるほど、これは大変でしたね。」

遼真が懐中電灯で歌舞伎座内部を見回していると

遼真「歌舞伎座の中ってとても凄いなぁ~!
   あそこからはお客さんもいっぱい来てそうで
   なんだか僕達、ステージにいるみたいだよ!」
頼子「ええ、私達がいるのは本舞台にいるんです。
   本来なら歌舞伎役者さんが演劇をされております!」
未夢「まぁ、電気も止まってるから暗くて見えにくいけどな。」
木村「あぁ、歌舞伎か!復興が終わったら、
   またここで歌舞伎ができるようになるんだな!」
頼子「はい!そうですよね。それではここを出て、
   避難所に戻りましょうか。」
遥達「ハイ!」

しかし、ここから東京に思わぬ悲劇が襲い掛かってしまうのだった。

気象庁本庁

気象庁職員が日本列島の状況確認すると
富士山に噴火していることに気づいた。

気象庁職員「あっ・・・‼た、大変です‼只今の静岡と山梨で
      震度7の地震による誘発で富士山が噴火しています‼
      直ちに国民に避難要請をお願いします‼」

気象庁の職員らは富士山が噴火しているのを騒然としていた。

|後《のち》に、富士山の火山灰は首都圏へと降灰していく。

ポイント⑨ 巨大地震はマグニチュードの大きさにより
      地震を誘発することもある。
      宝永地震や東日本大震災等でも同様のケースで発生しており
      東海地方の場合、揺れが強いと
      富士山が大噴火するケースもある。
      大規模地震が発生すると火山活動が
      活発化することも珍しい事ではない。
      また、熊本地震が発生した直後には
      阿蘇山の爆発噴火も発生している。

SHUNJU
この作品の作者

SHUNJU

作品目次
作者の作品一覧 クリエイターページ ツイート 違反報告
{"id":"nov164049628817999","category":["cat0006","cat0008","cat0009"],"title":"\u30eb\u30fc\u30a4\u30f3\u30c9\u6771\u4eac","copy":"2025\u5e74\uff08\u4ee4\u548c7\u5e74\uff09\u3001\n\u6771\u4eac\u30aa\u30ea\u30f3\u30d4\u30c3\u30af\u306e\u958b\u50ac\u304b\u30894\u5e74\u3002\n\u65e5\u672c\u306f\u65b0\u578b\u30b3\u30ed\u30ca\u30a6\u30a4\u30eb\u30b9\u6d41\u884c\u306e\u5b8c\u5168\u7d42\u606f\u3092\u7d4c\u3066\u3001\u4eca\u307e\u3067\u901a\u308a\u306e\u65e5\u5e38\u3078\u3068\u623b\u3063\u3066\u3044\u3063\u305f\u3002\n\u5de3\u9d28\u306b\u4f4f\u3080\u3054\u304f\u4e00\u822c\u7684\u306a\u5973\u5b50\u4e2d\u5b66\u751f\u3001\u5e73\u4e95 \u9065\u306f\n\u5bb6\u65cf\u307f\u3093\u306a\u3067\u5927\u962a\u4e07\u535a\u3078\u884c\u304f\u8a08\u753b\u3092\u7acb\u3066\u3066\u3044\u305f\u304c\u3001\n\u3057\u304b\u3057\u3001\u305d\u306e\u524d\u65e5\u306b\u6771\u4eac\u3067M8.8\u306e\u5927\u898f\u6a21\u306a\u5de8\u5927\u5730\u9707\u304c\u767a\u751f\u3057\u305f\u3002\n\u9996\u90fd\u6a5f\u80fd\u5b58\u4ea1\u306e\u5371\u6a5f\u306b\u3001\u5f7c\u5973\u9054\u306f\u7121\u4e8b\u306b\u751f\u304d\u3089\u308c\u308b\u306e\u304b\u2026\u3002\n\n\u6771\u4eac\u3067\u5927\u9707\u707d\u304c\u767a\u751f\u3057\u3001\u9996\u90fd\u4e2d\u67a2\u6a5f\u80fd\u304c\u505c\u6b62\u3057","color":"#555567"}