第九章「思い出」

令和7年(2025年)5月3日(土)に発生した
令和史上最悪の関東地方と東海地方での巨大地震の誘発により
富士山が噴火したことで、首都圏に最悪の被害をもたらしていた。
東名高速道路等も全面的に通行不可となり、鉄道も航空便も運行を停止。
火山灰の降灰により首都圏のほとんどが停電し、ガスや水道も使えず、
首都圏のインフラ等の機能が全て停止してしまった。
世界各国は新型コロナウイルスの流行が終息して行き
平和な日常が徐々に戻りつつある中・・・
日本だけ時代に取り残されながら
震災による恐慌や不況等で更なる貧困が巻き起こっていた。
東京都は壊滅的な被害に遭ったことにより
当然、復旧作業も進むこともなく
震災への復興も滞ってしまった。
遂に東京は首都機能完全停止に追い込まれる事になってしまった。

総合病院の広場

悲しみと辛さに暮れている避難民達。
未夢のラジオには首都機能移転の事について、報道されていた。

キャスター「国内史上最多の死者、行方不明者を出した
      前代未聞となる令和関東・東海大震災ですが、
      日本の首都中枢機能を損失する以上の
      重大な被害をもたらしており
      日本は今後、国家非常事態になる見込みです。
      尚、復興や今後の日本の首都については
      全国知事会議や日本をはじめ、ロシア、イタリア
      アメリカ・イギリス ・フランス・中国等と共に
      国際会議が近々開かれる模様です。」

その報道を聴いた遼真達は落ち込みながらこう呟いた。

遼真「こんな生活いつまで続くんだろう・・・
   パパやママやクラスのみんなはどうしてるかな?」
掛「もうどうしようもならねぇよ。
  東京は壊滅してしまってもうボロボロだ。」
木村「政府と知事と自治体の力だけじゃ
   東京都の復興はほぼ無理だな・・・。」

しかし、その時・・・

遥「そんなの・・・」
遼真・掛・木村「え?」

遥はそれを強気に否定した。

遥「そんなの・・・!絶対あり得ないよ‼」

遼真「お姉ちゃん・・・」
掛「遥・・・」

遥は涙ながらに皆にこう伝えた。

遥「私達は日本の首都・東京で生まれたんだよ・・・。
  東京が壊滅しちゃったら・・・。」

遥の場所に皆が集まる。

遥「もう日本はおしまいなんだよ!」

サングラスの若者が遥にこう伝えた。

若者「何だよおしまいって、首都を移せばいいだけの話だろ?」

しかし、遥は首都移転を拒んだ。

遥「首都が移るのだけは絶対嫌だ・・・!
  私達は日本の中枢で生まれてきたんだよ・・・。
  東京は日本の中心地・・・
  それが日本の首都だから・・・!」

遥は首都機能移転を許せなかった。
すると、老人が腹を立ててこう発言した。

老人「生意気言う奴が馬鹿なことを言うな‼何もわからんくせに‼」

だが、その言葉を全く信じない遥は怒号して暴言を吐いた。

遥「何だよ‼わかんないから皆に言ってるんだよ‼
  こんなの私達の日本じゃないんだ‼」

激昂した遥は逃げるように病院の広場を走り去ったが
遼真が遥を追いかけようとしていた。

遼真「お姉ちゃん、待って‼」

しかし、担任の木村に制止されてしまった。

木村「遼真、よせ!」

そして、遥の姿はそれっきり見えなくなってしまった。

遼真「あぁ・・・。」

巨大地震や火山灰などで荒廃した東京都内

遥は荒廃した終日真っ暗で薄寒い東京を彷徨っていた。
遥の衣服は倒壊した建物の瓦礫の煤や煙、火山灰等ですっかり汚れてしまった。
毛髪や顔や足も煤や泥で汚れた上、傷だらけでボロボロだった。

そして遥はその場で悲しくこう呟いた。

遥「私達は、何のためにここにいるの・・・?」

遥の顔は涙でどんどん崩れていく。

遥「何で東京で生まれたんだろう・・・?
  どうしてこんな事になっちゃったんだろう・・・?」

遥の顔は更にぐちゃぐちゃになっていく。

遥「東京に生まれてこなければ・・・
  こんな不幸な事に巻きまれなかったのに・・・」

遥は東京で生まれたことに悔やんでも悔やみきれず
その場で座り込み、東京が地震と噴火で被災された事による
悲しみと辛さに耐えかね、吠えるように大声を上げて泣き叫んだ。
遥の泣き声は荒廃した東京都心にこだまするように響いた。

ポイント㉒ この震災が大げさに思えるかもしれないが
      日本でもこの様な最悪の大震災が
      現実的に発生することも決して珍しい事ではない。
      また、首都圏である関東地方でも当たり前のように、
      今後は過去の震災を上回る程重大な被害を受ける
      巨大地震が発生するリスクも出ているので
      この様な震災はいつ発生してもおかしくない。

荒廃した都内を走るクローラー車。
そのクローラー車の中には
夫と子供のいる病院に向かう母親の芳子が乗っていた。
すると、一人の自衛隊員が遥と思われる少女を見つけた。

自衛隊員①「あそこに誰かいます!」
自衛隊員②「あれは、女の子か?」
芳子「あれは・・・」

芳子は娘の遥だとわかった。

芳子「私の娘だわ‼」

芳子は遥を乗せるために遥のそばにクローラー車を止めるように伝えた。

芳子「ここで止めてください!この子は私の娘なんです!
   この子を乗せて総合病院に向かいます!」

そして芳子はクローラー車から降り、遥を迎えた。

芳子「遥‼遥じゃないの⁉」

遥は泣き腫らしていた。
泣きすぎたせいで記憶を失っており、母親だとわからなかった。

遥「え・・・?誰・・・?誰なの・・・?」
芳子「私よ!お母さんよ!」
遥「え?私に言ってるの・・・?
  なんで、あなたが私のお母さん・・・?」
芳子は家族写真を娘の遥に見せながら説得させた。
芳子「当たり前よ!家族で撮った写真を思い出しなさい‼
   それを見たらわかるでしょ⁉」
遥「あっ・・・!ああぁぁ・・・。」

そして、家族写真を見て意識を失った遥の脳裏には
自分の今までの記憶が蘇っていく・・・。

その記憶は赤ちゃん時代から始まった。

天井を見て回転するモビールに
母に来て欲しいと泣く遥に
母の芳子が顔を覗いて
自分を呼び掛けて高い高いされた記憶。
ハイハイして、両親のもとに向かった記憶。
1歳になって自分で立てるようになった記憶。
父の信介と公園で歩く練習をした記憶。
そして、自分で言葉も話せるようになった記憶。
初めて友達ができた記憶。
3歳になって父親に家を新築してもらった記憶、
幼稚園に入園した記憶。
自分が風邪をひいてしまい幼稚園を休んで
仕事から帰って来た父親に
病院に連れてってもらった記憶。
年中の頃に、弟の遼真が生まれた記憶。
年長になり、まだ赤ちゃんだった遼真と遊んだ記憶。
小学校に入学した記憶。
家族で初めてキャンプに行った記憶。
緊急事態宣言に伴う外出自粛で友達に会えなくなった記憶。
家族揃ってテレビで東京オリンピックを観戦した記憶。
運動会の徒競走で1位を取った記憶。
参観日に作文を発表した記憶。
家族で夏祭りに言った記憶。
小学校の修学旅行で箱根に言った記憶。
小学校を卒業した事。
中学校に進学した事。
授業中に窓の方見て燕が飛んでる様子を見たり、
友達と話し合ったり、手芸部に入部して編み物を作ったり、
部活で帰りが遅くなって、日が暮れる中、
寂しく一人でトボトボ家に帰った。
そして帰宅後のリビングには母の芳子と弟の遼真がいた。
そして、仕事から帰宅した父の信介に、弟の遼真と共に抱かれた。
そして、家族みんなで晩御飯に、
すきやき鍋を食べながら楽しい夜を過ごした。
でも、遼真と芳子と信介がいるだけで、
笑顔になれたり、幸せを感じる、そんな家族の風景。
そして記憶の中に、平井家の長女が自分にしてくれたことで
夏休みに家族みんなで高尾山に登山しに行った記憶だった。

回想が終わり、現実に戻った遥は号泣した。

芳子「遥、私がお母さんだとわかる?」

そして、母親の芳子の問いに、抱き着きながら答えるのだった。

遥「あぁ・・・あああ!・・・お母さん・・・!
  お母さん‼・・・ごめんなさい‼
  うわぁぁぁぁぁんあぁぁぁぁぁぁん・・・!うぁぁぁ」
母「大丈夫よ。さぁ、避難所になっている総合病院に行こう。
  遼真とお父さんが待ってるわよ。」

そして、そのクローラー車に乗り、遼真達と共に避難している
総合病院に戻るのであった。

ポイント㉓ 震災が発生した時も、家族を大切に!
      家族と離れ離れになっても、心は一緒!
      家族と一緒に行動すれば、いつも一緒にいられる!

SHUNJU
この作品の作者

SHUNJU

作品目次
作者の作品一覧 クリエイターページ ツイート 違反報告
{"id":"nov164049628817999","category":["cat0006","cat0008","cat0009"],"title":"\u30eb\u30fc\u30a4\u30f3\u30c9\u6771\u4eac","copy":"2025\u5e74\uff08\u4ee4\u548c7\u5e74\uff09\u3001\n\u6771\u4eac\u30aa\u30ea\u30f3\u30d4\u30c3\u30af\u306e\u958b\u50ac\u304b\u30894\u5e74\u3002\n\u65e5\u672c\u306f\u65b0\u578b\u30b3\u30ed\u30ca\u30a6\u30a4\u30eb\u30b9\u6d41\u884c\u306e\u5b8c\u5168\u7d42\u606f\u3092\u7d4c\u3066\u3001\u4eca\u307e\u3067\u901a\u308a\u306e\u65e5\u5e38\u3078\u3068\u623b\u3063\u3066\u3044\u3063\u305f\u3002\n\u5de3\u9d28\u306b\u4f4f\u3080\u3054\u304f\u4e00\u822c\u7684\u306a\u5973\u5b50\u4e2d\u5b66\u751f\u3001\u5e73\u4e95 \u9065\u306f\n\u5bb6\u65cf\u307f\u3093\u306a\u3067\u5927\u962a\u4e07\u535a\u3078\u884c\u304f\u8a08\u753b\u3092\u7acb\u3066\u3066\u3044\u305f\u304c\u3001\n\u3057\u304b\u3057\u3001\u305d\u306e\u524d\u65e5\u306b\u6771\u4eac\u3067M8.8\u306e\u5927\u898f\u6a21\u306a\u5de8\u5927\u5730\u9707\u304c\u767a\u751f\u3057\u305f\u3002\n\u9996\u90fd\u6a5f\u80fd\u5b58\u4ea1\u306e\u5371\u6a5f\u306b\u3001\u5f7c\u5973\u9054\u306f\u7121\u4e8b\u306b\u751f\u304d\u3089\u308c\u308b\u306e\u304b\u2026\u3002\n\n\u6771\u4eac\u3067\u5927\u9707\u707d\u304c\u767a\u751f\u3057\u3001\u9996\u90fd\u4e2d\u67a2\u6a5f\u80fd\u304c\u505c\u6b62\u3057","color":"#555567"}