15cmの速度

※こちらの作品はカクヨムよりの転載です。

これは、何度失敗しても諦めない恋のお話。

告白は必ずしも成功するとは限りません
例えば、告白しても振られちゃったり

もしかしたら、告白に至ることすらできなかったり
でも、好きだから。
好きだから諦めない心が実を結ぶこともあると思うんです。

そんな恋のお話を書いてみました。

※カクヨム編とは少し表現が異なる箇所があるかもしれません
(こちらは改稿してないので。、)

堂々とした入道雲の浮かぶ広い空には
セミの声が幾重にも重なって響いて
そこに気動車のアイドリング音が申し訳程度に重なる
枕木の吸い込んだ機械油の香りが辺りを包んでいる
「じゃあ、また明日ね~」車内に乗り込んだ彼女が言う
「おぅ、また、明日だな。」
これだけ言おうとしたけど、今言うべきだと思った
今までなんども何時だって...

続きを読む
作品更新日 :
2017-07-20
閲覧数 :
57

目次

小海あづさ

小海あづさ

プロフィール

スゴイ! は、ページ毎に評価できます。(この作品は各1回まで)

アンケートで感想を伝える(9項目)

みんなの感想

    投稿はありません
点数 (★星) だけでも送れます !
不適切な文言が含れている可能性があるため投稿を中断しました。

不適切なメッセージを投稿する事を禁止します。不適切と判断される範囲やその際の措置につきましては、利用規約「第16条 利用者の禁止事項」に準ずるものとします。利用規約

この作品を報告する

広告