Novel
現代

夜のコーヒーNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 トリックナイト=リューカーはいつもコーヒーを飲んでいる。彼がコーヒーを愛する理由は何故か。

声をかけられない理由New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 トップアイドル熊内川瑠衣にスキャンダルがない理由は。あるスポーツ新聞誌の記者は瑠衣本人にイtンタヴューをして確かめたが。

一番の天敵New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 五来珠樹は頭の悪い奴や卵が大嫌いである、しかしその卵よりも嫌いというか苦手なものは何かというと。

美食のない国New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ダルン=ダ=ルーンは王族としての務めを果たす為にイギリスに来ていた、この国には美味しいものがないと思っていたが。

忠実に再現

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるアニメキャラの髪型にして欲しいと言う客が来店してきた、佐々切雨咲はその髪型を再現出来るのか。

高校生になっても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 井伊奈菜は高校では部活に入っていなかった、しかし同級生達にある部活の創設の際部員になってくれる様に頼まれて。

賞金の使い方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大山明日香はフードファイトで得た百万円を何に使うのか。社会問題も扱っている作品です。

母と兄

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月満光は母にどうしても実家の法事に来て欲しいと言われた。光は嫌々その法事に出たのだが。

隠した心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表情を全く顔に出さない鬼堂院まなみ。だが見る人達は見ていて。

イタコの好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 伊織杏子はこの日義理の親である住職と晩御飯のことを話していた、その食事は何かというと。キャラクターの好物から書かせてもらいました。

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。

深海生物を試食

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フートの今回の任務は深海生物の試食。さあどんな味なのか。

寺巫女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いい加減なところがあっていつも管長さんに怒られている神戸祈。しかしその管長さんを尊敬していてその理由はというと。

それを言っちゃあ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今回は京都で働く井伊智子。いつも働いているお店に来ている凛々しいお兄さんを好きになったけれど。

電気少女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 電気の力で戦う前園みゅうに対して敵の組織は怪人達の耐電コーティングを施したうえで倒しにかかった、この難局にみゅうはどう対するか。

女スナイパーのトラブル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルフレッサ=G=シャナクタールはよくトラブルに遭う、そのトラブルは一体どういったものか。

バス探偵の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小林が知っている名探偵如月俊一の秘密とは何か。最後にどんでん返しがあります。

幸せのリンゴ

あまね/
作者
あまね/

授業中にリンゴ一つで世界が滅びかける話があったなと思う話。

塩対応

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長田敦子は気分屋でその時によって人への対応が違う。しかしある人物への対応はいつも塩対応であるのは何故か。

般若湯

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 阿波座陽奈は高校時代に数学が苦手であること以外に欠点はないと思われていた。だがその彼女の思わぬ欠点はというと。ミラクリエのカシキャラの成人してからのお話です。

牛丼愛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南巽れいこは牛丼をこよなく愛している。彼女が牛丼をそこまで愛している理由は何か。

ヤクザ映画を観て

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 西長堀美紀は映画鑑賞が好きだ。それで何と今度は有名なヤクザ映画のシリーズを観て。女の子でこうしたジャンルの映画を観る人もいるみたいです。

奇麗な爪

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 新深江友美はある日奇麗に爪を伸ばして色も塗っている女性を見た。爪は伸ばさない彼女だが思うことは。

犬の心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今宮有紗は犬の心がわかる。そこから彼女がわかっていくことは。身近の犬を思い出しながら書かせてもらいました。

高校生と金魚

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は金魚を飼うことが好きだ。その彼女の飼い方はどういったものか。金魚を飼うというのも素敵な趣味だと思います。

駄目なアクセサリー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いいと思ったアクセサリーには偏見のない桜川美優。だがその彼女でも買わないアクセサリーはというと。

低音

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は低い音の歌はそのままでは歌えない、それは正しいのかと悩んでいたが。この作品のテーマは歌の音域です。

派手な水着は

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 八尾彩は友人達に誘われて水着を買いに行った。そこで彩が買った水着は。まだ寒いですが水着ものを書かせてもらいました。

紅茶と和菓子

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 長原知美は紅茶が好きで和菓子も一緒に楽しむ。その組み合わせはどうなのか。自分のカシキャラで書かせてもらった作品です。

兄への紹介

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 出戸まりかは彼氏を家族に紹介しようとしていたがその最大の障壁は。自分のカシキャラを使って書いた作品です。