Novel
現代

明日の空に染まる。
残酷な表現含む

作者
猫音 みやび

僕は、先生から「命」を教わった。

お化け屋敷だけは

作者
坂田火魯志

 花園郁恵は文化祭のクラスでの出しものに大嫌いなお化け屋敷をすることになって大反対だった、それで作業には参加したが。カシキャラ作品です。

夢に出る人

作者
坂田火魯志

 北巽伊代は古典から自分を好きでいてくれている人が夢に出ると思った、だが夢に姉が出て来て。カシキャラ作品です。

七人兄妹の二番目

作者
坂田火魯志

 四橋早苗は七人兄妹の中で一番最初の女の子なので兄妹のまとめ役をしている、このことは大変だけれど。カシキャラ作品です。

路上ライブ

作者
坂田火魯志

 歌手としてデビューが決まった肥後橋一恵が大阪での活動にこだわる理由は。カシキャラを主人公にした作品です。

雨の日も

作者
坂田火魯志

 中学時代の今里有紗は雨が嫌いだった、けれど奇麗で大きいえんじ色の傘を買ってからは。

女寿司職人

作者
坂田火魯志

 新金岡珠緒は寿司屋の娘で文化祭の寿司の出店でもその腕を期待されていた。そして珠緒はその期待に添えるが他のものも見せるのだった。拙作のカシキャラを書かせてもらいました。

焦らない焦らない

作者
坂田火魯志

 なかもず理恵子はとにかく焦らずのんびりしている、それで何でもスローモーションだが。カシキャラ作品です。

迷路巡り

作者
坂田火魯志

 鶴橋すずは迷路が大好きだ、その彼女に兄が勧めて大阪市のあちこちを巡ると何と大阪市自体が。カシキャラ作品です。

アイドル好き

作者
坂田火魯志

 日本橋郁美は女性アイドルが大好きであるがそれはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

時を超えて君に会いたい。

作者
湖林 虹海

レイは両親を事故で亡くし、親戚に引き取られたが親戚の家での毎日の暴力にその心と身体はボロボロだった。 学校の屋上からその身を投げ、目を覚ますと…1000年後の日本だった―――

桜の空と迷い猫

作者
足羽川永都

その女の子は、体に似つかわしくない大きな荷物を背負っていた。そればかりか、その荷物から驚くほどの勢いでピンク色の煙を吐き出していた。――小さな魔女とぼくの、ある日の記憶。

女子の学級委員

作者
坂田火魯志

 北花田美紀は自分で先に動いてきつい仕事からしていく学級委員だ、これは学級委員特有と思っていたら。女の人を書いたカシキャラ作品です。

武闘派ガール

作者
坂田火魯志

 マーシャルアーツをしている武闘派少女西長堀美紀が後輩がいじめられていると聞いて取った行動は。いじめは犯罪です、皆さん見掛けたら証拠を取って警察に通報しましょう。

生ものには注意

作者
坂田火魯志

 長居史奈が食べものの新鮮さを見極められる理由は。自作のカシキャラを書かせてもらいました。

ダンスダンスダンス

作者
坂田火魯志

 ダンスをしている西田辺優子にダンススクールの先生が勧めるアドバイスは。自分のカシキャラを書いた作品です。

お金はいつも

作者
坂田火魯志

 あびこ曜子はお金が入るといつも使ってしまう。ただそれでも守っていることはというと。拙作のカシキャラを自分で書いてみました。

半ズボンの裾が

作者
坂田火魯志

 長堀恵里佳は体育や部活の時に半ズボンが短くて裾がめくれると下着が見えそうになるのを気にしていた。それで先生にこのことを言うと。

プロポーションの秘密

作者
坂田火魯志

 阿波座陽奈はとにかくプロポーションがいい、友人達がそのスタイルの秘密を探る為に彼女の家に一泊を申し出ると。カシキャラ作品です。

動物園の過去

作者
坂田火魯志

 動物園好きな美沙子はよく天王寺動物園に行く、そして動物園で絶対に行く場所は。大阪の歴史の中での悲劇を書かせてもらいました。

猛虎万歳

作者
坂田火魯志

 野田聖子は阪神タイガースの黄金時代到来を心から願っている、だがそれは可能なのか。阪神タイガースを扱った作品です。

部員勧誘に

作者
坂田火魯志

 新入部員の獲得について意見を言い合う歌留多部の面々。その中で玉川早百合が考えだした名案はというと。

夜のパトロール

作者
坂田火魯志

 園前静香は不審者退治の為にクラスの皆と夜のパトロールに出たが。カシキャラのキャラを自分でも書かせてもらいました。

漱石より三島由紀夫

作者
坂田火魯志

 大国ゆきえは姉妹達と夏目漱石について話していた、作家としてはともかく人間としての漱石は。カシキャラを自分で書いてみました。

ドールハウスが好きで

作者
坂田火魯志

 長原知美はドールハウスを買う為にアルバイトをはじめようと決意した、採用の時点から苦労したが。

もっと高く

作者
坂田火魯志

 心斎橋まおみは部活の高跳びでもっと高く跳ぼうとしていた、毎日やっていて遂に。自分のカシキャラを出させてもらっています。

水着が似合う色

作者
坂田火魯志

 瓜割友美はハーフで水着によく似合う肌の色の持ち主だ、その結果プールで声をかけられて。

悩みは肩凝り

作者
坂田火魯志

 本町麗子は巨乳故の肩凝りに悩んでいた、その麗子へふと母がアドバイスしたことは。自分のカシキャラで書かせてもらいました。

実家が実家で

作者
坂田火魯志

 駒川かすみは実家がカラオケボックスである、それが縁でクラスの出しものはカラオケ喫茶になって彼女がしたことは。カシキャラの作品です。

高価なプレゼント

作者
坂田火魯志

 文ノ里麻里子は彼氏に誕生日プレゼントとして高価なものばかり貰って河豚鍋までご馳走してもらった。それを嫌に思うが彼の気持ちには。ミラクリエの自作キャラを書かせてもらいました。