Novel
現代

雀鬼との勝負New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 コレット=フランベールが務めるカジノで麻雀の卓が置かれた。そこに東の島国から来たというギャンブラーが来て雀卓に座り。

忙しい中でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 学業にサークルにアルバイトにと多忙な日々を送る雛森加奈。その加奈が忙しい中でも楽しむものは。

長浜HEROS-みつなり子ちゃんと三杯の茶-

水伴エイ
作者
水伴エイ

 2018年、長浜は闇に包まれた。ので。余呉湖、羽衣天女に召喚される、長浜出身の歴史上の人物達。その中でも大当たり、理の武将、石田三成が、余呉湖のほとりに降り立つが、どういう訳か、女子高生の姿になって召喚されていた。  困惑の中も、長浜と世界を救う為に戦い始める三成、だが、闇の黒幕の正体は――  

祭りに出れば

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 お祭りに出て好きなものを食べる九条ひかり。だがあまりにも食べ過ぎてしまって。夏なのでお祭りを意識して書かせてもらいました。

天才小説家 流雲の謎解き紀行〜滋賀県長浜市編〜

古谷新月
作者
古谷新月

天才と呼ばれているが、変わり者で「困ったちゃん」な小説家、猫村流雲とその助手、宮野優希。 取材旅行と称して、滋賀県長浜市に訪れる。 そこで流雲が「長浜」の由来をいつものようにいい加減に想像し始め… 果たして、流雲が想像(創造?)した「長浜」に込められた意味とは…

猛虎の歴史

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は部活で阪神の歴史を研究して発表することにした、そこで美帆が知った愛する阪神の歴史はというと。

大阪にもいる

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 幽霊が苦手な緑橋莉乃にあるクラスメイトが幽霊なんていないと笑って言った、莉乃がそのクラスメイトを連れて行った場所はというと。

星屑を集めて

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 男の子が悲しくて泣いていました、ですが男の子の目の前に宇宙からアルネブがやって来て。宇宙人のファンタジーものです。

駄目な後輩

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 深江橋みなみは服装が無茶苦茶な後輩に毎朝風紀部員として注意している、みなみがその後輩に注意し続ける理由はというと。

ドイツの味か

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 高井田由紀が大好きなジャガイモのパイ、クラスメイト達は由紀と一緒にそのパイを作って食べてみるとその味は。

魅惑のハンバーグ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 如月とユニットを組む朝熊日向の今回の仕事は大好物のハンバーグの食べ歩き。果たして彼はどれだけのハンバーグを食べられるのか。

寝ると何でも

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 寝ることが大好きなねむきが夏バテになっている母に対して行うアドバイスはというと。今年の猛暑を思い書かせてもらった作品です。

NGの仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 色々な仕事が出来るアイドル如月夕也がどうしても駄目な仕事は何か、今放送中の某ホラーアニメを観て書かせてもらった作品です。

優しい用心棒

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 心優しい用心棒璃雨。同じ主に仕えている執事は彼の前の仕事を幼稚園の先生か動物園の飼育員と考えていたが。

苦しみと救い

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 スクールカーストの頂点にいる伊崎みなみ。その彼女が対立している理事長に正面から言われることはというと。

貴方の心が好きだから

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 マリアナに拾われた少年にマリアナは自分の秘密を告白したが彼は笑顔でその秘密を受け入れた、そうなったのはどうしてか。

全てはメロンパンの為に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神戸バンはメロンパンに全てを賭けている。その為には沖縄にも日帰りで行き。タイトル通りのお話です。

謎の素顔

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南朱雀は表の世界では目立たない大学生に過ぎない、だが裏の世界での彼はというと。

男の娘は姉達と

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 美少女と見間違うばかりの男の娘黒鷹琉華。何故彼いや彼女が男の娘になったかというと姉達が関係していて。

助っ人は多忙

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山本凛子は部活だけでなく生徒会の助っ人も頼まれる、だがその彼女がどの部活にも委員会にも正式に参加しないのは何故か。

学生小説家の名推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 的野智章は馴染みの喫茶店の客とある歴史上の事件について話していた、智章のその事件についての推理はというと。

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

プロレス同好会

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤地縁は通っている高校のプロレス同好会の部長に入部を誘われそれに従った、そこから彼に起こった変化はというと。

クリムゾンスノウ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 栗村六花のサイト真紅の雪、その名前の由来はというと。このサイト名のタイトルは日本語でも英語でも最高です。

友達が欲しい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柚木小太郎はいつも友達が欲しいと思っている、その彼が至った考えはというと。

指先

M子
作者
M子

IT関連に勤める明日香は数ヵ月後に海外に転勤する事が決まりひさしぶりに故郷へ戻る。そこで同級生と再会するがそ中の一人、晴美には事故で障害を持つ大翔と言う息子がいた。指先と瞳しか動かす事が出来ない大翔。献身的に介護をする晴美。しかしその晴美の愛情が思いもよらない事となり…

潮騒の娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 湊潮音が一人海を見ていることが多い、その彼女が誘われていく場所は。

一人での墓参り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 善界銀はとにかく金儲けが好きで人情がないと思われていた、その彼が毎月行く場所は。

触らない蜘蛛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 田丸模糊華は蜘蛛でも何でも触る、だがその彼女が触らない蜘蛛はというと。作中の蜘蛛は本当に毒を持っています。

マッドサイエンティストと子供

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 真性マッドサイエンティスト真戸栽炎斗が子供達に化学を教えることになった。多くの者が彼の普段の行いから不安がるが。