Novel
新着小説作品

残酷な表現含む
暴力、残酷行為、薬物などの描写を恐怖表現した内容が含まれる作品です。苦手な方はご注意ください。
残酷な表現含む+
殺人や身体を傷つける (移植含む) 犯罪行為や、薬物使用の表現を含んだ作品です。苦手な方はご注意ください。
R-18
性的な描写、殺人や身体を傷つける犯罪行為を、残酷かつ詳細に表現した内容が含まれる作品です。18歳未満の方はご覧にならないようお願いします。

雪なぞ降るのも

作者
坂田火魯志

 太子橋純子は大雪が嫌いだ、その大雪の日に彼女が思うことは。カシキャラ作品です。

黒髪

作者
坂田火魯志

 九条ひかりは自分の奇麗な黒髪が自慢である、しかし通っている中学校の頭髪の色は黒髪だけということについて先生に尋ねて。この前聞いたニュースから書かせてもらった作品です。

助っ人として

作者
坂田火魯志

 大日美奈代は同僚と一緒にバイト先に急遽助っ人として出勤した、その仕事は大忙しだったけれど。カシキャラ作品です。

実はくノ一

作者
坂田火魯志

 守口唯は実は忍者であるがそれは言わない様に家で決まっている、それは何故かというと。カシキャラ作品です。

狂気な彼女は何回でも俺を殺しにくる
R-18残酷な表現含む+

作者
コルフーニャ

それは転校初日の事だった、悪事を働いた訳でも無ければ誰かと喧嘩をした訳でもない。だが彼女によって背後からナイフを刺されたのだ、あまりにも無残で理不尽な死に方だった。 沢良木雄輝は残酷な夢を見てベッドの上で目を覚ます。決して鮮明に記憶に残ってる訳では無いが、それはあまりにも気持ち悪い感触と強烈な痛みだった。転校初日、元女子高に沢良木は転校生としてクラスの一員に加わる。そしてうまく話す事ができたのは

歴女の苦労

作者
坂田火魯志

 森ノ宮美帆は同じ歴史研究会の部員とロシアの歴史、特に芸術について言い負かされた。それで悔しくてロシア文学の歴史を徹底的に勉強したが。カシキャラ作品です。

新しいスパイク

作者
坂田火魯志

 緑橋莉乃は新しいスパイクを買って女子サッカーの試合に出た、するとすこぶる調子がよくて。カシキャラ作品です。

追い込み

作者
坂田火魯志

 住之江百合は部活の同人誌の執筆に必死になっていた、その命賭けの執筆の様子はというと。カシキャラ登場作品です。

風紀委員長の恋愛

作者
坂田火魯志

 生真面目な風紀委員長深江橋みなみは男女交際にも厳しい、その彼女の恋愛はというと。カシキャラ作品です。

箱の中の世界で

作者
夜行性の人

本物の幸福とは何か。 心に問う――貴方は、幸福であるか。

激怒

作者
坂田火魯志

 北加賀理央は怒らないことで知られているが自分で言うには怒ると凄いらしい。誰もがそれを信じられないと思っていたが。カシキャラ作品です。

ガード

作者
坂田火魯志

 高井田由紀は友人達から露出に無防備だと言われて今度はやり過ぎになってまた言われた。その彼女が行き着いた先は。カシキャラが出ています。

黒下着故に

作者
坂田火魯志

 玉出恵理香は服装や外見からは想像出来ない色気がある、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

突き指

作者
坂田火魯志

 長田敦子は部活の練習中突き指をしてしまった、そのせいで思わぬ苦労をしてしまい。カシキャラ作品です。

大阪オリーブ

作者
坂田火魯志

 岸里瑠璃子はとにかくオリーブオイルが好きで料理にもよく使う。そんな彼女に家族も友人達も呆れていたが。カシキャラ作品です。

黄金の扇子

作者
坂田火魯志

 南巽れいこは推薦入試の合格を心から願っていた、それで友人に言われて豊國神社に祈願に行くと。あの歴史上の人物も登場します。

「あの雲に、手が届きそう」

作者
猫音 みやび

今日も僕は、手を伸ばす。

明日の空に染まる。
残酷な表現含む

作者
猫音 みやび

僕は、先生から「命」を教わった。

お化け屋敷だけは

作者
坂田火魯志

 花園郁恵は文化祭のクラスでの出しものに大嫌いなお化け屋敷をすることになって大反対だった、それで作業には参加したが。カシキャラ作品です。

夢に出る人

作者
坂田火魯志

 北巽伊代は古典から自分を好きでいてくれている人が夢に出ると思った、だが夢に姉が出て来て。カシキャラ作品です。

七人兄妹の二番目

作者
坂田火魯志

 四橋早苗は七人兄妹の中で一番最初の女の子なので兄妹のまとめ役をしている、このことは大変だけれど。カシキャラ作品です。

メタモルフォーゼ

作者
坂田火魯志

 小路陽菜は地味そのものの外見だ、だが友人達と母親のアドバイスに従って服装や髪型を変えてメイクをしてみると。カシキャラ作品です。

路上ライブ

作者
坂田火魯志

 歌手としてデビューが決まった肥後橋一恵が大阪での活動にこだわる理由は。カシキャラを主人公にした作品です。

ギャル巫女

作者
坂田火魯志

 ギャルな外見の新深江友美が何と巫女のアルバイトをはじめた、その友美の評判と彼女の内面は。カシキャラを出しています。

目標でありライバル

作者
坂田火魯志

 西梅田沙綾は祖父を尊敬していると共に大嫌いであった、それはどうしてかというと。カシキャラ作品です。

雨の日も

作者
坂田火魯志

 中学時代の今里有紗は雨が嫌いだった、けれど奇麗で大きいえんじ色の傘を買ってからは。

女寿司職人

作者
坂田火魯志

 新金岡珠緒は寿司屋の娘で文化祭の寿司の出店でもその腕を期待されていた。そして珠緒はその期待に添えるが他のものも見せるのだった。拙作のカシキャラを書かせてもらいました。

焦らない焦らない

作者
坂田火魯志

 なかもず理恵子はとにかく焦らずのんびりしている、それで何でもスローモーションだが。カシキャラ作品です。

迷路巡り

作者
坂田火魯志

 鶴橋すずは迷路が大好きだ、その彼女に兄が勧めて大阪市のあちこちを巡ると何と大阪市自体が。カシキャラ作品です。

ラッキーカラー

作者
坂田火魯志

 桜川美優は自分のラッキーカラーは赤だと考えいつも赤いものを身に着けている、しかし友達がその彼女を見ると。カシキャラ作品です。