Novel
新着小説作品

残酷な表現含む
暴力、残酷行為、薬物などの描写を恐怖表現した内容が含まれる作品です。苦手な方はご注意ください。
残酷な表現含む+
殺人や身体を傷つける (移植含む) 犯罪行為や、薬物使用の表現を含んだ作品です。苦手な方はご注意ください。
R-18
性的な描写、殺人や身体を傷つける犯罪行為を、残酷かつ詳細に表現した内容が含まれる作品です。18歳未満の方はご覧にならないようお願いします。

薔薇騎士団New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ビクトリエ=ファラージュは王から女だけの騎士団の編成を命じられた、多くの者達が女だけの騎士団で戦えるのかと思ったが。

一番の天敵New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 五来珠樹は頭の悪い奴や卵が大嫌いである、しかしその卵よりも嫌いというか苦手なものは何かというと。

美食のない国New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ダルン=ダ=ルーンは王族としての務めを果たす為にイギリスに来ていた、この国には美味しいものがないと思っていたが。

正義戦士ジャスティスマンNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今日もジャスティスマンとしてフォークマンズと戦う正義サトシ。だが敵の首領の正体は。

残る二つの力New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大尾七草は大尾家当主の九つの秘伝のうち七つを使える、残り二つを使えるにはどうすればいいのか稲荷明神に聞いたが。

さすらい人二人New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅を続けるガリィナは居酒屋で隻眼の旅人と出会った、その旅人に言われて行く先は。

忠実に再現New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるアニメキャラの髪型にして欲しいと言う客が来店してきた、佐々切雨咲はその髪型を再現出来るのか。

高校生になってもNew !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 井伊奈菜は高校では部活に入っていなかった、しかし同級生達にある部活の創設の際部員になってくれる様に頼まれて。

賞金の使い方New !

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大山明日香はフードファイトで得た百万円を何に使うのか。社会問題も扱っている作品です。

母と兄

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月満光は母にどうしても実家の法事に来て欲しいと言われた。光は嫌々その法事に出たのだが。

ばいんばいん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 若月青葉は彼氏募集中、けれどある一言のせいで。今回は今はなくなった種類の体操服が出てきます。

隠した心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表情を全く顔に出さない鬼堂院まなみ。だが見る人達は見ていて。

少女となって
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蛭子はいじめで苦しんでいる少女と出会った、その少女を喰らって彼女の心をその中に持ってわかっていくことは。

悪霊退散

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 恐ろしい悪霊に憑かれた女性、神父はその女性をどうして救うのか。今回は退魔のお話です。

イタコの好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 伊織杏子はこの日義理の親である住職と晩御飯のことを話していた、その食事は何かというと。キャラクターの好物から書かせてもらいました。

Raison d'etre

夜行性の人
作者
夜行性の人

誰だって、夢を見る。 それはきっと誰もが同じことだけれども、その夢が必ずしも同じとは限らない。

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。

深海生物を試食

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 フートの今回の任務は深海生物の試食。さあどんな味なのか。

寺巫女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 いい加減なところがあっていつも管長さんに怒られている神戸祈。しかしその管長さんを尊敬していてその理由はというと。

それを言っちゃあ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今回は京都で働く井伊智子。いつも働いているお店に来ている凛々しいお兄さんを好きになったけれど。

電気少女

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 電気の力で戦う前園みゅうに対して敵の組織は怪人達の耐電コーティングを施したうえで倒しにかかった、この難局にみゅうはどう対するか。

女スナイパーのトラブル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルフレッサ=G=シャナクタールはよくトラブルに遭う、そのトラブルは一体どういったものか。

首はなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

自分の首を探すデュラハンの少女フェーミネス=ケリー。仲間の妖精達がその彼女について気付いたことは何か。

血の味
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パウロは吸血鬼でもないのに血を飲みたがるのは何故か、そしてその血は何の血なのか。血生臭い作品であはありません。

銀髪の薬売り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 クレアミア=フレールが何故天才薬売りにして薬剤師になったのか。そのことを知った役人と神父が彼女にすることは。

バス探偵の秘密

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小林が知っている名探偵如月俊一の秘密とは何か。最後にどんでん返しがあります。

イステ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 時空の女神イステに仕える若き神官ミストは何故イステへの人々の信仰が薄いのかを考えていた、その彼が分かったことは。

料理を食う資格

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 首都の店という店で暴虐の限りを尽くす日本から来た新聞記者と陶芸家の親子とその取り巻き連中。彼等に対してレアンドラが料理人として下した鉄槌は。

仕事

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 残り一人、クルーエルが殺すべき人間はそれだけになった。そしてその一人も殺し終えた彼がすることは。

幸せのリンゴ

あまね/
作者
あまね/

授業中にリンゴ一つで世界が滅びかける話があったなと思う話。