Novel
新着小説作品

面白い番組

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲積つぼねは最近テレビが面白くないという、ではテレビをこよなく愛する番組はというと。

小夜の友達

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小夜はいつも自分に声をかけてきて傍にいる彼女が嫌いだ。けれどその彼女に言われたことは。

仕事の時に見るもの

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 死神タナトスは自分の仕事を愛している、それは何故か。人間を観ての作品です。

ヨタカとライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヨタカはライバルである森の鹿のボスといつも知恵比べで争っています、その鹿のボスが風邪にかかった時ヨタカがすることはというと。

天才と呼ばれなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠生瑞樹は何でも二番であり自分は取り立てて欲しい才能はないという、しかし欲しくない才能があるがそれはどういった才能かというと。

連絡は取らない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 綾瀬芹香が父と連絡を取らないのは何故か。それを彼女自身が語る相手はというと。

双子の推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 三上つくよのクラスで盗難事件と思われる出来事が起こった、ここで幽霊であるつくよの双子の姉が出した推理はというと。

交流して

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アルカード=リュベル=ヴァロワはある東の端の国から来た士官学校の候補生達と交流した、そこで彼が見たものはというと。

訓練の時の服

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 近江舞子は仲間達と共に自分達の訓練の時に相応しい服を考えたが。

画伯

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 弓田さとみは絵が下手だ、だが男子の漫画研究会部長が彼女に言うことはというと。

安住の地

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 またしても下宿先をなくしたセドリック=ブライトン。その彼が新たな下宿先を手に入れる為に彼の友人達が出す知恵は。

夜のコーヒー

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 トリックナイト=リューカーはいつもコーヒーを飲んでいる。彼がコーヒーを愛する理由は何故か。

声をかけられない理由

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 トップアイドル熊内川瑠衣にスキャンダルがない理由は。あるスポーツ新聞誌の記者は瑠衣本人にイtンタヴューをして確かめたが。

薔薇騎士団

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ビクトリエ=ファラージュは王から女だけの騎士団の編成を命じられた、多くの者達が女だけの騎士団で戦えるのかと思ったが。

一番の天敵

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 五来珠樹は頭の悪い奴や卵が大嫌いである、しかしその卵よりも嫌いというか苦手なものは何かというと。

美食のない国

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ダルン=ダ=ルーンは王族としての務めを果たす為にイギリスに来ていた、この国には美味しいものがないと思っていたが。

正義戦士ジャスティスマン

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 今日もジャスティスマンとしてフォークマンズと戦う正義サトシ。だが敵の首領の正体は。

残る二つの力

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大尾七草は大尾家当主の九つの秘伝のうち七つを使える、残り二つを使えるにはどうすればいいのか稲荷明神に聞いたが。

さすらい人二人

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 旅を続けるガリィナは居酒屋で隻眼の旅人と出会った、その旅人に言われて行く先は。

忠実に再現

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 あるアニメキャラの髪型にして欲しいと言う客が来店してきた、佐々切雨咲はその髪型を再現出来るのか。

高校生になっても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 井伊奈菜は高校では部活に入っていなかった、しかし同級生達にある部活の創設の際部員になってくれる様に頼まれて。

賞金の使い方

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 大山明日香はフードファイトで得た百万円を何に使うのか。社会問題も扱っている作品です。

母と兄

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 月満光は母にどうしても実家の法事に来て欲しいと言われた。光は嫌々その法事に出たのだが。

ばいんばいん

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 若月青葉は彼氏募集中、けれどある一言のせいで。今回は今はなくなった種類の体操服が出てきます。

隠した心

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 表情を全く顔に出さない鬼堂院まなみ。だが見る人達は見ていて。

少女となって
残酷な表現含む

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 蛭子はいじめで苦しんでいる少女と出会った、その少女を喰らって彼女の心をその中に持ってわかっていくことは。

悪霊退散

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 恐ろしい悪霊に憑かれた女性、神父はその女性をどうして救うのか。今回は退魔のお話です。

イタコの好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 伊織杏子はこの日義理の親である住職と晩御飯のことを話していた、その食事は何かというと。キャラクターの好物から書かせてもらいました。

Raison d'etre

夜行性の人
作者
夜行性の人

誰だって、夢を見る。 それはきっと誰もが同じことだけれども、その夢が必ずしも同じとは限らない。

風と一緒に旅してみれば…

なかたたかこ
作者
なかたたかこ

仕事が休みの「僕」は忘れ物をとりに仕事場に行った帰り、不意に何となく知らない町に行って見たい衝動に駆られた。 いつもと違う鉄道会社の違う電車に乗り込んだ「僕」は、途中、気になったおかしな名前の駅で下車して…。 そこから始まるお話です。