Novel
新着小説作品

巨乳撲滅運動

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アドラジオンこと芦原麻友は巨乳撲滅の為に胸の脂肪を吸引する機械を開発しようとした、麻友の恐ろしい計画は実るのか。

ある少年の疑問

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 読書をこよなく愛する少年アレクシスが抱いた疑問とは何か。ある作家のミステリーを題材とした作品です。

全てはメロンパンの為に

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 神戸バンはメロンパンに全てを賭けている。その為には沖縄にも日帰りで行き。タイトル通りのお話です。

理解可能

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 パソコンの中にいる少女通称ノイズ、持ち主と彼女の交流は続けられるが果たしてそれは可能なのか。

白き龍と赤き龍

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 白き龍の血を引く蒼空龍子。その彼女が妹と共に魔を祓うが。書いていて楽しいキャラクターでした。

謎の素顔

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 南朱雀は表の世界では目立たない大学生に過ぎない、だが裏の世界での彼はというと。

男の娘は姉達と

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 美少女と見間違うばかりの男の娘黒鷹琉華。何故彼いや彼女が男の娘になったかというと姉達が関係していて。

助っ人は多忙

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 山本凛子は部活だけでなく生徒会の助っ人も頼まれる、だがその彼女がどの部活にも委員会にも正式に参加しないのは何故か。

学生小説家の名推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 的野智章は馴染みの喫茶店の客とある歴史上の事件について話していた、智章のその事件についての推理はというと。

あるいは恋と呼ぶべきもの

blackletter
グループ
blackletter
作者
夜行性の人

もう一度だけ描きましょう、私達だけの物語を――。 創作という苦悩、自分自身が作り出してしまった世界の限界。 現実の重みで折れてしまった筆でさえ、今なお新しい物語を創造していくのだ。 現実とは、最大のファンタジーである。

忍者ガール

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 日本人よりも日本人らしいアデリナ=パームガルト。その彼女が烏賊や蛸を食べられないのはどうしてなのか。

プロレス同好会

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 赤地縁は通っている高校のプロレス同好会の部長に入部を誘われそれに従った、そこから彼に起こった変化はというと。

クリムゾンスノウ

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 栗村六花のサイト真紅の雪、その名前の由来はというと。このサイト名のタイトルは日本語でも英語でも最高です。

令嬢の好物

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 サチは飴が大好きである、その理由は何故かというと。喋り方はちょっと考えてみました。

友達が欲しい

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 柚木小太郎はいつも友達が欲しいと思っている、その彼が至った考えはというと。

指先

M子
作者
M子

IT関連に勤める明日香は数ヵ月後に海外に転勤する事が決まりひさしぶりに故郷へ戻る。そこで同級生と再会するがそ中の一人、晴美には事故で障害を持つ大翔と言う息子がいた。指先と瞳しか動かす事が出来ない大翔。献身的に介護をする晴美。しかしその晴美の愛情が思いもよらない事となり…

一夜の煌光

夜行性の人
作者
夜行性の人

一年に一度の七夕の願い事――あなたは、何を願いますか?

暇な私は世界を見る

あまね/
作者
あまね/

世界は愛が溢れているのか、暇な私が思う話

潮騒の娘

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 湊潮音が一人海を見ていることが多い、その彼女が誘われていく場所は。

一人での墓参り

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 善界銀はとにかく金儲けが好きで人情がないと思われていた、その彼が毎月行く場所は。

副参謀

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 アレクシス=ロードゥは魔術師だが最近の彼女の仕事はというと。

触らない蜘蛛

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 田丸模糊華は蜘蛛でも何でも触る、だがその彼女が触らない蜘蛛はというと。作中の蜘蛛は本当に毒を持っています。

マッドサイエンティストと子供

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 真性マッドサイエンティスト真戸栽炎斗が子供達に化学を教えることになった。多くの者が彼の普段の行いから不安がるが。

面白い番組

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 稲積つぼねは最近テレビが面白くないという、ではテレビをこよなく愛する番組はというと。

小夜の友達

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 小夜はいつも自分に声をかけてきて傍にいる彼女が嫌いだ。けれどその彼女に言われたことは。

仕事の時に見るもの

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 死神タナトスは自分の仕事を愛している、それは何故か。人間を観ての作品です。

ヨタカとライバル

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 ヨタカはライバルである森の鹿のボスといつも知恵比べで争っています、その鹿のボスが風邪にかかった時ヨタカがすることはというと。

天才と呼ばれなくても

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 篠生瑞樹は何でも二番であり自分は取り立てて欲しい才能はないという、しかし欲しくない才能があるがそれはどういった才能かというと。

連絡は取らない

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 綾瀬芹香が父と連絡を取らないのは何故か。それを彼女自身が語る相手はというと。

双子の推理

坂田火魯志
作者
坂田火魯志

 三上つくよのクラスで盗難事件と思われる出来事が起こった、ここで幽霊であるつくよの双子の姉が出した推理はというと。